クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
Contents
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2008/10/12 - 2008/10/18]
2008年10月18日(土)
[イベント情報] SoulSwitch vol.7『ストレスと戦う現代人の心に響く音楽』
−日本に於ける音楽療法の第一人者、村井靖児先生によるお話とピアニスト、バイオリニストによる心温まる演奏−

SoulSwitch vol.7『ストレスと戦う現代人の心に響く音楽』

2008年10月26日 (日) 開場15:30 開演16:00

◇会場:原宿EX'REALMイベントスペース 
 (最寄駅:JR原宿駅 ・ 地下鉄千代田線 明治神宮前駅)
→地図/ http://www.exrealm.com/info/index.html 

◇出演:
 村井靖児 / 日本音楽療法学会 副理事長 
          聖徳大学人文学部音楽文化学科 教授

 青木京子 / ピアニスト

 中島慎子 / バイオリニスト

◇公演詳細(ヤマハHPより)
 http://www.yamaha.co.jp/event/event_detail.php?no=1235

ページトップへ ▲

2008年10月16日(木)
若い演奏家たちの成果を見守って!「江副育英会 第14回コンサート」
 これからの日本の音楽界をになう期待の若手演奏家たちに注目を払ってほしい。江副育英会コンサートに出演するアーティストたちは将来ある演奏家として嘱目される人たちである。現在江副育英会の支えで国内国外で音楽を学んでいる。その一年の成果を披露する機会が10月23日にやってくる。
 
 彼らが演奏家として成長するためにステージ経験ほどすばらしい試練の場はない。

宮田 大 北村朋幹 髙木竜馬 黒川 侑
コンサート情報
《江副育英会 第14回コンサート》
2008年10月23日(木) 18時30分 紀尾井ホール

黒川 侑(ヴァイオリン) 
 ○ブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番 ニ短調 Op.108
髙木竜馬(ピアノ)    
 ○ベートーヴェン:ピアノソナタ 第23番 ヘ短調 Op.57 「熱情」
北村朋幹(ピアノ)    
 ○リスト:2つの伝説
宮田 大(チェロ)    
 ○カサド:無伴奏チェロ組曲

入場料:S席:3,500円 A席:2,800円 学生席:1,000円  ※税込 (全席指定)7

入お問合せ:03-3575-0844
入詳細:ラ ヴォーチェ
http://www.la-voce.net/page/concert.html

チラシ(表・裏)(PDF/1.8M)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

ページトップへ ▲

2008年10月16日(木)
[DVDレビュー]《クリスタ・ルートヴィヒ/バースデイ・エディション》
曲目:
(1)シューベルト:歌曲集『冬の旅』D.795 全曲
(2) 歌曲リサイタル
1.シューベルト:秘密D.491
2.シューベルト:ます
3.シューベルト:夕映えの中でD.799
4.シューベルト:死と乙女D.531
5.シューベルト:あこがれD.636
6.シューベルト:ミューズの子D.764
7.マーラー:緑の森を楽しく歩いた
8.マーラー:ラインの伝説
9.マーラー:この世の生活
10.マーラー:私はこの世に捨てられて
11.マーラー:別離と忌避
12.バーンスタイン:わたしは音楽が大嫌い
13.ヴォルフ:アナクレオンの墓
14.ヴォルフ:庭師
15.ヴォルフ:花で私を覆って
16.ヴォルフ:私の髪のかげに
17.ヴォルフ:恋人が私を食事に招いた
18.ヴォルフ:ずっと前から望んでいた
19.R.シュトラウス:君はぼくの心の王冠Op.21-2
20.R.シュトラウス:出会いOp.
21.R.シュトラウス:夜
22.R.シュトラウス:明日にはOp.27-4
歌唱:クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)
伴奏:チャールズ・スペンサー(P)
収録:1994年3月 アテネ、コンサートホール
会社:Arthaus
番号:102089
定価:オープン価格(輸入盤)


 クリスタ・ルートヴィヒは20世紀後半を代表する名メゾ・ソプラノであったが、今年80歳の誕生日を迎えるに当って多くの記念ディスクが発売された。このDVDはその一つで、舞台から引退した年にあたる1994年の映像である。
 
 正装したステージ上での演奏であるが、聴衆の拍手は収められておらず、解説書にも何らの記載もないので、コンサートのライヴ収録かどうかは不明である。ルートヴィヒ最晩年の歌唱といっても、まだ十分な余力を残しての引退であった彼女であるだけに、リートに関する限り、技術的にも音楽が表現する内容においても完璧である。とても余人の及ぶところではない。
 
 シューベルトの『冬の旅』は彼女が1980年代から手掛けていたライフワークともいうべき作品であり、淡々とした歌唱の中にも連作歌曲としての音楽の流れが自然に浮かび上がってくる。女声によるこの曲の最高の名唱の一つであろう。
 
 ドイツ・リートのリサイタル・プロも作品に応じた多彩な表現が見事であり、短い作品の一つ一つに生きたドラマが宿っている。スペンサーのピアノも少しも激するところなく、伴奏ピアニストとして見事に共演の実をあげている。
 
 ボーナス・トラックにはルートヴィヒが1999年に開いたマスタークラスが収められていて、彼女の熱心かつ具体的にアドヴァイスをする様子を知ることが出来る。またわずかながら『ゴジ・ファン・トゥッテ』と『ファルスタッフ』の舞台のシーンも視聴することが出来る。充実した2枚組のDVDである。

野崎正俊(音楽評論家)

ページトップへ ▲

2008年10月16日(木)
[CDレビュー]《ベートーヴェン/「大公トリオ」、他》トッパンホールアンサンブル
曲目: 
1.ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調Op.97『大公』
2.ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調Op.16
3.ピアノと弦楽のための四重奏曲変ホ長調Op.16
作曲:ベートーヴェン
演奏:清水和音(P)、久保田巧(Vn)、鈴木学(Va)、林峰男(Vn)、吉井瑞穂(Ob)、四戸世紀(Cl)、西條貴人(Hr)、ギヨーム・サンタナ(Fg)
録音:トッパンホール(ライヴ) 2007年5月20日(1,3)、2008年3月5日(2)
会社:クリエイティヴ・コア
番号:Denon CC-MA003~4
定価:オープン価格


 トッパンホールアンサンブルは固定したメンバーで構成されているわけではないらしいが、たまたまこのCDでは清水和音がすべての曲でピアニストとして参加している。
 
 まず『大公』トリオはポピュラーな作品であるが、少しも気張ったところがなく、十分に余裕を持って演奏されているのが好ましい。とりわけ林峰男の力強いチェロが低音を支え、全体の安定感をもたらしているのが注目される。またこの曲に限らず、清水和音のピアノも柔軟性に富んだ演奏が高く評価される。
 
 五重奏曲と四重奏曲は同一内容の作品であるが、より広く演奏されることを意図してベートーヴェン自身が五重奏曲の管楽器のパートを弦という一般的な楽器編成に編曲したものである。やはり五重奏曲の方が喜遊曲風らしい楽しさにあふれていて、新人吉井瑞穂の美しいオーボエの音にも惹かれるところが大きい。

野崎正俊(音楽評論家)

ページトップへ ▲

2008年10月16日(木)
[CDレビュー]《リムスキー=コルサコフ/「シェエラザード」、他》インマゼール指揮
曲目:
1.リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』Op.35
2.リムスキー=コルサコフ:序曲『ロシアの復活祭』Op.36
3.ボロディン:交響詩『中央アジアの草原にて』
4.ボロディン:歌劇『イーゴリ公』〜ダッタン人の踊り
楽団:アニマ・エテルナ
指揮:ジョス・ファン・インマゼール
録音:2004年6月1,3日 ブルゲス、コンセルトヘボウ
会社:Zig−Zag Teritories
番号:ZZT050502
定価:オープン価格(輸入盤)


 チェンバロとフォルテピアノの奏者として知られるインマゼールが結成したピリオド楽器によるオーケストラ、アニマ・エテルナは当初バロックや古典派の作品を演奏していたが、近年はロマン派の作品にまで進出している。厳密にいえばピリオド(同時代)楽器という表現はふさわしくないかも知れないが、今では古楽器オーケストラによる近代作品の演奏は少なくない。
 
 ここではもちろんバロック特有のアーティキュレーションによって演奏しているわけではないが、やはり近代オーケストラのような華麗な音色とは異なって原色的で渋い。それでもオーケストラの表情は実に豊かで、コンサートミストレス(ミドリ・ザイラー)のヴァイオリンや木管のソロが美しく浮き上がっている。しかしこのCDで興味深いのは、メインの『シェエラザード』よりも土俗的な傾向の強いボロディンの二曲で、『ダッタン人の踊り』は素朴な迫力を持っている。

野崎正俊(音楽評論家)

ページトップへ ▲

2008年10月16日(木)
[公演中止のお知らせ] アイスランド交響楽団
 2008年10月25日から11月7日まで予定していた「アイスランド交響楽団」日本公演は、国際情勢の変化により、アイスランド共和国に厳しい経済危機が発生し、来日中止となった。

アイスランド交響楽団・スケジュール
2008年10月25日(土)ザ・シンフォニーホール        
問:06-6453-6000

2008年10月26日(日)周南市文化会館
問:0834-22-8787   
   
2008年10月28日(火)アルカスSASEBO            
問:0956-42-1111

2008年11月2日(日)小出郷文化会館
問:025-792-8811    
   
2008年11月4日(火)〜7日(火)すみだトリフォニーホール 
問:03-5608-1212

ページトップへ ▲

2008年10月15日(水)
三善晃 作品展に寄せて!
つむぎ・つなぎ・つたえる「音」−

今年75歳を迎えた現代日本作曲界の重鎮三善晃の器楽・歌曲と合唱作品の大きな円環に、その音楽世界を展望する連続コンサート。つむがれた音が、ひとびとをつなぎ、つながれた手の中の想いが、明日へとつたわることを願い、この日、この場に参集した第一級の演奏家たちと熱き歌魂集団による一期一会の夢のプロジェクト。絶対に聴き逃せない2日間です。
コンサート情報
《三善晃 作品展 I 器楽・歌曲作品》
2008年10月18日(土)16時 東京オペラシティ コンサートホール

三善晃:
En vers(アン・ヴェール)(1980)
 演奏:岡田博美(Pf)
円環と交差(1995〜98)
 演奏:岡田博美(Pf)
歌曲集「聖三稜玻璃」(1962)
 演奏:小畑朱実(Mez)+中川俊郎(Pf)
鏡(1981)
 演奏:辰巳明子(Vn)
「随風吹動」 (1999)
 演奏:遠藤剛史(Fl)+中川俊郎(Pf)
弦楽四重奏曲第3番「黒の星座」(1992)
 演奏:加藤知子(Vn)、松野弘明(Vn)、 飛島浩人(Vla)、長明康郎(Vc)
Message Sonore(1985)
 演奏:プレイヤード五重奏団
響象 I・II (1982〜95)
 演奏:岡田博美(Pf)+中川俊郎(Pf)
Etoile a Cordes(弦の星たち)(1991)
 演奏:西江辰郎(Vn)、沼尻竜 典(Cond)、三善晃作品展特別編成弦楽アンサンブル
《三善晃 作品展 II 合唱作品》
2008年10月19日(日) 16時 東京オペラシティ コンサートホール

栗山文昭(Cond)
浅井道子/斎木ユリ/寺嶋陸也(Pf)
高橋明邦(和太鼓)
ほか

三善晃:
島根のわらべ歌(2003)
 宇都宮大学混声合唱団、千葉大学合唱団、むさし野ジュニア合唱団“風”
路標のうた(1986)詩:木島始 宇都宮おとこコーラス粋狂座、Tokyo male choir KuuKai 
空(2000)詩:谷川俊太郎
悲しみは (1984)詩:谷川俊太郎
あなたにサタンがいるなんて(2001)詩:白石かずこ 
 うつのみやレディーシンガーズ晶〈AKIRA〉、合唱団るふらん、女声合唱団青い鳥
〈その日〉- August 6 - (2007) 合唱団響
街路灯(1982) 詩:北岡淳子 
カチューシャの歌(1982) 詩:島崎抱月・相馬御風 曲:中山晋平 編曲:三善晃
佐渡おけさ(1996) 新潟民謡 編曲:三善晃
 宇都宮室内合唱団シンガメル、コーロ・カロス
交聲詩曲 波 (2001) 詩:宗左近  MIYOSHI AKIRA Chorus、むさし野 ジュニア合唱団“風”
であい(2003)改訂版初演 詩:三善晃 栗友会合同合唱団
全席自由 [1回券]一般\3,000/学生\2,000 [通し券]一般\5,500/学生\3,500
お問い合わせ:「三善晃 作品展 I・II」実行委員会 03-3985-5356

チラシ(表・裏)(PDF/304k)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

ページトップへ ▲

2008年10月15日(水)
[新譜CD&コンサート情報] パスカル・ドゥヴァイヨン&村田理夏子ピアノ・デュオ 2008ジャパン
新譜CD情報
パスカル・ドゥヴァイヨン(ピアノ)&村田理夏子(ピアノ)
『メシアン:アーメンの 幻影』
  

曲目:
ドビッュシー:白と黒で
ミッシェル・メルレ:2台のピアノのための音楽
メシアン:アーメンの幻影
演奏:
ピアノ:パスカル・ドゥヴァイヨン
ピアノ:村田理夏子
番号:レグルス RGCD-1024
価格:定価3045円

※メシアンの生誕100年にふさわしいCDがリリースされた。名手パスカル・ドゥヴァイヨンがピアノの若手奏者:村田理夏子とのデュオによるメシアンのアーメンの幻影はメシアンの求めた世界の体現といっても言ってもよさそうだ。このほかドビュッシー、メルレとフランス音楽の馥郁たる香りが漂う。息のあったデュオである。
コンサート情報
パスカル・ドゥヴァイヨン&村田理夏子 ピアノ・デュオリサイタル
〜オリヴィエ・メシアン生誕100年によせて〜

2008年11月30日(日)14時 東京文化会館小ホール  

ドビュッシー:夜想曲より“祭り”
メルレ:2台のピアノのための音楽(日本初演)
ラヴェル:ラ・ヴァルス 
メシアン:アーメンの幻影(全曲)
 1、創造のアーメン
 2、星たちと環のある惑星のアーメン
 3、イエスの苦悶のアーメン
 4、欲望のアーメン
 5、天使たち、聖者たち、鳥たちの歌のアーメン
 6、審判のアーメン
 7、成就のアーメン

料金:全席自由 一般5,000円 学生3,000円
東京文化会館チケットサービス
TEL:03-5815-5452
http://www.tbk-ts.com  

チラシ(表・裏)(PDF/856k)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。
2008年 パスカル・ドゥヴァイヨン&村田理夏子 全国日程
11月2日(日)16時 藤沢リラホール (藤沢)
問 :0466-22-2721
11月5日(水)19時 札幌コンサートホールKitara 小ホール
問:011-271-4225
11月12日(水)19時 益城町文化会館 (熊本)
問: 096-380-0268
11月21日(金)19時 兵庫県立芸術文化センター 小ホール
問:06-6459-3310
11月26日(水)18時15分 名古屋音楽大学 成徳館12階ホール
問:052-411-1593

ページトップへ ▲

2008年10月14日(火)
[公演内容一部変更のお知らせ!] サンクトペテルブルク・フィルハーモニー 交響楽団 東京公演
 指揮者:ユーリ・テルミカーノフの健康上の理由で東京公演の内容が一部かわった。11月3日(月・祝)14時、19時の2回公演であったがマチネーが中止、夜1回になる。それにともない11月5日の曲目が変更になった。

2008年11月3日 14時 サントリーホール
公演中止

2008年11月3日 19時 サントリーホール
予定通り行われる。
 
2008年11月5日 19時 東京オペラシティコンサートホール 
曲目が次のように変更された。

チャイコフスキー:
幻想序曲「ロメオとジュリエット」
ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 op. 
チェロ:タチアナ・ヴァシリエヴァ
交響曲 第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」
お問い合わせ:03-3574-0550
カジモト・イープラス
http://kajimotoeplus.eplus2.jp/article/107834752.html

ページトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |