クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
Contents
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2011/4/17- 2011/4/23]
2011年4月22日(金)
コンサート&新譜CD情報:《アキラさんとまこと君 ふたりのオーケストラ!》
アキラさんとまこと君 ふたりのオーケストラ!
 
 4月30日(土)、BSプレミアムで新番組「宮川彬良のショータイム」が始まる。人気作曲家・宮川彬良は出演と併せ、企画も手がける。その宮川と深い信頼で結ばれたサックス界の第一人者、平原まことの2人による、ピアノとサックスだけの「世界で一番小さなオーケ ストラ」の公演です。

宮川彬良 平原まこと
© Mikako ISHIGURO      
コンサート情報
「アキラさんとまこと君 ふたりのオーケストラ」
2011年5月1日(日)14時 東京文化会館 小ホール

出演:宮川彬良(ピアノ)、平原まこと(サクソフォン)
前売 一般4,000円、高校生以下2,000円 全席指定
当日各500円up 

お問合せ:0798-53-4556
おふぃすベガ 
http://www.office-vega.net/

詳細:http://www.office-vega.net/performance/2010/12/231531.html

チラシ(表・裏)(PDF/444KB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

CD情報
《月の癒し vol.3》 2010年12月新譜

曲目:
1.大地のぬくもり
2.静かの海
3.あなたへ
4.語らい
5.手紙
6.つばさ
7.ありがとう
8.手をのばして
9.微笑みの時
10.月の入り江
11.祈り
12.adagio〜交響曲第2番 第3楽章
13.想い
14.ボーナス・トラック
それぞれの風〜“風の詩”より〜
演奏:
平原まこと(Saxphone & Clarinet)
美野春樹(Pf),宮川彬良(Pf),千代正之(AG),渡辺直樹(EB),
篠崎正嗣(Vn),堀沢真己(Vc),佐藤泰将(Syn)
番号:COCX-36589
価格:¥2,500(税込)
 
試聴(日本コロムビア)
http://columbia.jp/artist-info/hiraharamakoto/COCX-36589.html

動画:宮川彬良、平原まことの共演(Youtube)
「宮川彬良&大阪市音楽Dahhhhn!」ライブから「マツケンサンバII」
http://www.youtube.com/watch?v=-TyG5tgtC3I&feature=mfu_in_order&list=UL

新番組「宮川彬良のショータイム」(BSプレミアム)
http://www.nhk.or.jp/bs/showtime/

ページトップへ ▲

2011年4月20日(水)
ピアニスト:中川和義のDVD&CD&音楽書紹介
 ピアニスト中川和義が永年演奏と教育にたずさわっていましたが、その立場から面白い内容、興味のあるCD、DVD、書籍をとりあげます。またマイナーレーベルや輸入盤にも興味深いものがあるので紹介します。すべて購入して視聴したものです。

DVD:
「ベルンド・グレムザー ピアノ・リサイタル」
曲目:
1.スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第2番 嬰ト短調 作品19「幻想」
2.ストラヴィンスキー:パトルーシュカより3つの楽章
3.リスト:夕べの調べ
4.リスト:鬼火
5.リスト:調性の無いバガテル
6.リスト:スペイン狂詩曲
ピアノ独奏:ベルント・グレムザー
録音:1997年3月16日 ルガーノ(RSIスイス・イタリア語圏放送局)・オーディトリウム
発売:SOPI YSD-D1022 2010年 輸入盤
 ナクソスで、最も評判が高く良く売れる、実力あるピアニスト・グレムザーのピアノ独奏DVDです。韓国で発売されたものです。
 
 ウクライナ生まれの・ピアニストで教育に熱心なマルグリスに師事しました。マルグリスは、現在カリフォルニア大学で教えており、世界のコンクール優勝者請負人としても有名で、多くの日本人が師事しているようです。
 
 グレムザーは、ドイツ人でありながら珍しく、マルグリスからロシア伝統のヴィルチュオーゾを身に着けており、コンクール荒らし(17回入賞!)として名を上げていました。ナクソスでは、もっぱらロシアもの、チャイコフスキーとラフマニノフの全ての管弦楽とピアノのための作品、スクリャービンとプロコフィエフの全ソナタなど、いずれも優れた名人芸技巧を駆使し、バランスのよい手堅い音楽性で、ナクソスの全カタログの中、真っ先にお勧めできるCDです。
 
 このDVDは、スイスの放送局と共同で、スタジオで制作されました。従って、ライブより商品としてより完成度が高く、グレムザーの高度で正確なピアノ技巧と、ドイツ人らしい手堅い、構築に配慮した音楽性を見ることが出来ます。
 
 ペトルーシュカから3つの楽章は、「正確」という点ではユジャ・ワンに勝ります。ただ、ユジャ・ワンの「天馬空を行く」魅力に欠けるかも知れません。リストの超絶技巧練習曲「鬼火」の指の妙技や「調性の無いバガテル」の激しい感情移入は、見事であります。複雑な技巧部分を、力で征服するのではなく、良くトレーニングされた指裁きで、余裕ある演奏に仕上ています。立派で、優れたピアノ演奏の映像と言えます。
 
 グレムザーは、1986年から、過って巨匠ギーゼキングやフォルデスが教えていた、ドイツ・ザールブリュッケン音楽大学でピアノの指導(教授)をしています。
試聴:ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)
ベルント・グレムザー
http://ml.naxos.jp/artist/246

ページトップへ ▲

2011年4月20日(水)
[CDレビュー]《シューマン/幻想曲、フモレスケ》小林五月(P)
曲目:
1.幻想曲ハ長調Op.17
2.フモレスケ変ロ長調Op.20
作曲 シューマン
演奏:小林五月(P)
録音:2010年11月29〜30日、12月1日 彩の国さいたま芸術劇場
会社:コジマ録音
番号:ALCD7154
定価:2940円
 これは小林五月がリサイタルと並行して録音しているシューマン・ピアノ作品集の第7集になる。演奏は当然とはいえ、先頃開かれたリサイタルの演奏と殆ど変らないイメージを持っている。そこには少しも小細工を弄するようなところはないし、女性ならではの感性に寄りかかったところもない。美しい音色を生かした落ち着きのある真摯で堂々としたアプローチが好ましい。
 
 まず「幻想曲」は音楽的にまったく無理がないのはもちろんのこと、ニュアンス豊かに彩られたメロディ・ラインも美しく、十分に手の内に入っていることが分かる。ソナタ的な作品の構成力もしっかりと把握されていて、小林の音楽の正統性を物語っている。
 
 「フモレスケ」も自然な流れとダイナミックな幅の広さが音楽に自発性を与えている。その点で小林がシューマンにふさわしい資質を持ったピアニストであるといえるだろう。


野崎正俊(音楽評論家)

ページトップへ ▲

2011年4月18日(月)
ギター荘村清志にとって演奏の拡がりとは何か!「インタビュー@クラシック」で!
荘村清志
© 小林孝良
 ギタリスト荘村清志は演奏活動を重ねてその内容に変化を感じるようになってきた。
 
「インタビュー@クラシック」で彼にその辺の会話を交わす。
http://classicnews.jp/interview/index705.html
 
 5月27日(金)には東京文化会館小ホールでリサイタルをひかえている。プログラムの前半はバッハのシャコンヌをメインに、後半をラテン物でまとめている。若い時代の演奏と違うように感じる。舞台経験を重ねてより演奏の重みが表れてきたのだろうか?


荘村清志
http://www.shomurakiyoshi.com/
コンサート情報
《荘村清志 ギター・リサイタル》
2011年5月27日 (金) 19時 東京文化小ホール

J.S.バッハ:シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004より)
J.S.バッハ:リュート組曲 第1番ホ短調 BWV996
E.グレネ(L.ブローウェル編):キューバの子守唄
A.ラウロ:3つのベネズエラ風ワルツ
A.バリオス:郷愁のショーロ
       フリア・フロリダ
       パラグアイ舞曲第1番
D.ラインハルト(ディアンス編): ヌアージュ(雲)
R.ディアンス: フォーコ(リブラ・ソナチネより)
 
全自由席: \5,000

お問合せ:0570-06-9960
カジモト・イープラス 
http://kajimotoeplus.com/

チラシ(表・裏)(PDF/1.2MB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

ページトップへ ▲

2011年4月18日(月)
[CD紹介]《武田忠善 30周年クラリネット・リサイタルin紀尾井ホール》メシアン:世の終わりのための四重奏
《武田忠善 30周年クラリネット・リサイタルin紀尾井ホール》メシアン:世の終わりのための四重奏

曲目:
P.ラドミロー:クラリネットとピアノのためのソナタ
R.ガロワ-モンブラン:コンチェルトストゥック
C.ドビュッシー:クラリネットのための第1狂詩曲
O.メシアン:世の終わりのための四重奏曲
演奏:
武田忠善(クラリネット)
徳永二男(ヴァイオリン)
藤森亮一(チェロ)
花岡千春(ピアノ)
(2009年11月19日 東京・紀尾井ホール/ライヴ録音)
番号:WWCC-7651
価格:¥2,940(税込)
 
ライブ・ノーツ
http://www.nami-records.co.jp/archive/20100622.html
 クラリネット界をリードする武田忠善が、開いた30周年リサイタルのCDである。フランス近代の作品がならび、難曲メシアンの「世の終わりのための四重奏曲」も名手たちの共演で、ふさわしい見事な内容になっている。ピアノの花岡千春のゆきとどいた演奏でパートナーとして役割も大きい。

ページトップへ ▲

2011年4月18日(月)
[CD紹介]《J.S.バッハ:カプリッチョ〜チェンバロ小曲集〜小林道夫の芸術V》
《J.S.バッハ:カプリッチョ〜チェンバロ小曲集〜 小林道夫の芸術V 小林 道夫(チェンバロ)》

演奏:小林 道夫(チェンバロ)
曲目:
バッハ:
協奏曲 二短調 マルチェルロのオーボエ協奏曲による BWV974
最愛の兄の旅立ちによ寄せるカプリッチョ 変ロ長調 BWV992
『アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集 1722』より
フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816
『ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集』より
プレアンブルム1 ハ長調 BWV772
プレアンブルム4 ヘ長調 BWV779
プレアンブルム6 イ短調 BWV784
プレアンブルム3 ホ短調 BWV778
『ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集』より
W.Fr.バッハ:プレルーディウム ハ長調 BWV924a
W.Fr.バッハ:プレルーディウム ニ長調 BWV925
W.Fr. & J.S.バッハ ?:アルマンド ト短調 BWV836
『アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集 1725』より
C.P.E.バッハ:行進曲 ニ長調 BWV anh.122
C.P.E.バッハ:ポロネーズ ト短調 BWV anh.123
C.P.E.バッハ:チェンバロのためのソロ 変ホ長調 BWV anh.129
J.C.Fr.バッハ:アレグレットと変奏 『ああ、お母さん、聞いて』
番号:MM-2078
価格:定価¥3,060
 
マイスター・ミュージック
http://www.meister-music.com/
 このCDではチェンバロの大御所:小林道夫が心をこめて、一筋に求め続けたバッハに寄せる思いが強くあらわれている。これまでに何度も聴く機会のあった「最愛の兄の旅立ちによ寄せるカプリッチョ」にことのほか感じる。全体に丸みを帯びたとてもマイールドに優しく語りかけてくる。この様な世界に導かれて充実感を覚える。


試聴:ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)
小林道夫のCD
http://ml.naxos.jp/KeywordSearch.aspx?word=%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%81%93%E5%A4%AB

ページトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |