クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
Contents
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2012/4/22- 2012/4/28]
2012年4月28日(土)
すみだトリフォニーホール ≪ロシア・ピアニズムの継承者たち≫ リリヤ・ジルベルシュタイン[ピアノ]
リリヤ・ジルベルシュタイン
© Lisa Koler.
 すみだトリフォニーホールの≪ロシア・ピアニズムの継承者たち≫も、これまでの実績から、シリーズの魅力的な真価が高まっている。
第6回目はピアノのリリヤ・ジルベルシュタインの登場である。
 
 彼女は1993年ドイツ・グラモフォンから、アバド指揮、ベルリン・フィルによるラフマニノフの協奏曲第2番、第3番で華々しくデビューしてからもうすぐ20年になる。その強靭な技巧と完全無欠の構築美はさらに進化しており、今回は「展覧会の絵」と「チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番」を一晩で弾き切る。
 
 さらにクリストプロスの指揮による「火の鳥」のプログラミングで、3つの編成(ソロ、オーケストラ、コンチェルト)による3大名曲が堪能できる。
 
今回の公演のためにアルゲリッチからメッセージが届いた。

「今回の公演に向けてメッセージ」
 
 リリヤにとって特別なチャイコフスキー、ムソルグスキーを、私の大好きなトリフォニーホールで演奏すると訊き、日本のみなさまにとりまして、きっと素晴らしい時間になるでしょう。
 私とリリヤは何度も共演をし、毎回彼女の素晴らしい音楽性とピアニズムに魅せられています。
 私にとりまして、とても大切な同僚ピアニストのひとりであることは間違いありません。

マルタ・アルゲリッチ
2012年4月、ジュネーブにて
コンサート情報:≪ロシア・ピアニズムの継承者たち≫
第6回 リリヤ・ジルベルシュタイン[ピアノ]
2012年4月30日(月・祝)15時 すみだトリフォニーホール

【ピアノ・ソロ】ムソルグスキー:組曲≪展覧会の絵≫
【オーケストラ】ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」(1919年版)
【協奏曲】チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調
 
ピアノ:リリヤ・ジルベルシュタイン
指揮:ヴァシリス・クリストプロス
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
 
S席6,000円 A席5,000円
※トリフォニークラブ会員は10%引き、同時入会申込可
 
お問い合わせ:03-5608-1212
すみだトリフォニーホール
http://www.triphony.com/concert/russian_pianism_20120430.php

チラシ(PDF/2.9MB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

ページトップへ ▲

2012年4月28日(土)
ウィーン少年合唱団と南相馬ジュニアコーラスアンサンブル(MJC)Meet 
サントリーホール前のカラヤン広場でミニコンサート!
ウィーン少年合唱団
Photo:M.Yabuta
 ウィーン少年合唱団と南相馬ジュニアコーラスアンサンブル(MJC)のコラボによるミニ・コンサートが5月2日(水)16時30分からサントリーホール前のカラヤン広場で開かれる。

 MJCアンサンブルは、福島県南相馬の女子中学生を中心にした女声合唱団である。東日本大震災以後にニューヨークの海外公演で好評であったことは報じられた通りである。このミニコンサートに興味が注がれる。
入場無料!

ミニコンサート:2012年5月2日(水)16:30−17:30(予定)
会場:アーク・カラヤン広場!(サントリーホール前)
http://www.austria.info/jp/art-culture/Wiener_Saengerknaben-1664966.html

ページトップへ ▲

2012年4月28日(土)
ウィーン少年合唱団が来日した。開かれた記者会見のようす!
ウィーン少年合唱団
Photo:M.Yabuta
 ウィーン少年合唱団2012のツアーのため2年ぶりに来日した。4月26日に都内のホテルで記者会見が開かれた。2年ぶりの訪日は彼等にとって特別の意味を持っているように感じた。子供らしいやりとりがあって3曲を披露した。

「インタビュー@クラシック」でご覧下さい!

「インタビュー@クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index763.html

3曲から滝廉太郎の「花」とシュトラウス2世の「ハンガリー万歳!」を歌った。

詳細:USTREAMでの中継もご覧になれます。
http://ja-chorus.seesaa.net/article/267065010.html
 
 
関連記事:クラシック・ニュース 2012年4月25日 
[コンサート&新譜CD情報] ウィーン少年合唱団待望の日本旅行! 2012年!

ページトップへ ▲

2012年4月28日(土)
大阪市音楽団のコンサートに集まって!《GO!GO!市音!市音大阪市音をほめる会》!
宮川彬良
© 石黒ミカコ
 長い間大阪市音楽団は大きな役割を担ってきた。彼等はここで存続の分かれ道にたっている。宮川彬良と市音ファンクラブが主催して、彼等の活動が市民に必要かどうかを考えるため《GO!GO!市音!市音大阪市音をほめる会》という演奏会を開く。演奏を聴いて大阪市民に、その真価を確かめる時が来た。
 
 大阪市音楽団は大正12年(1923)創立、1946年以来、現在の名称に改め『市音(しおん)』の愛称で市民の吹奏楽団としてなじんできた。コンサート活動などさまざまな形で市民の間で親しまれてきた。ときには市内の学校での吹奏楽団の指導など、若者たちに多くの夢を与えてきた。
 
『一人でも多くの音楽ファンは集合して下さい!』

コンサート情報
大阪市音楽団
《GO!GO!市音!市音大阪市音をほめる会》
2012年5月5日(土・祝)開演 午後 5時 大阪城野外音楽堂(中央区3−11公園内)
※小雨決行(天中止の場合、順延なし)

出演 宮川彬良(指揮)
大阪市音楽団 有志 メンバ ー(吹奏楽)
(他、ゲスト交渉中) (他、ゲスト交渉中)

<曲 目>(予定)
Fun,Fun,Fantastico!:宮川彬良
シャルウィダンス?:R. ロジャース
吹奏楽のためソナタ『ブラック・ジャ』より 第三楽章“生きて生きて息る”:宮川彬良
ゲバ90分:宮川泰
(All aranged by Akira MIYAGAWA)

入場料: 無料(事前予約不要)※先着 無料(事前予約不要)※先着 3000人

問合せ:【専用電話は近日開設】
http://55shion.jimdo.com

ページトップへ ▲

2012年4月28日(土)
オペラ劇場あらかわバイロイトとは? オペラ監督の田辺とおるに聞く!「インタビュー@クラシック」に登場!
田辺とおる
 オペラ劇場あらかわバイロイトについて今回の「魔笛」のオペラ監督のバリトン:田辺とおるに「インタビュー@クラシック」で話を聞いた。

「インタビュー@クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index762.html

「オペラ劇場あらかわバイロイト」とは?
・基本的にドイツオペラを運動の原点とする。
・年1回はワーグナーのオペラを全曲舞台上演する。
・そのほか人気の高いオペラ「魔笛」、「ヘンゼルとグレーテル」やオペレッタなどにとり組む。
・ドイツオペラ関連の演奏会もあわせて推進する。
・そのほか東京国際声楽コンクールを起ち上げた。そこから発掘した人材も
「オペラ劇場あらかわバイロイト」の公演に積極的に起用する。
などの話題がでる。
 
 魔笛の公演に参加しているソプラノ:蔵野蘭子に「オペラ劇場あらかわバイロイト」にかかわってきた話を聞いた。
 
オペラ劇場あらかわバイロイト
http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/
 
東京国際声楽コンクール
http://www.tiaa-jp.com/tivmc/index.html

公演情報:《TIAAオペラ第54回公演》
オペラ劇場あらかわバイロイト 魅惑のドイツオペラ
W.A.モーツァルト作曲 『魔笛』

音楽・セリフ共にドイツ語上演・日本語字幕付き

公演日:
2012年4月28日(土)  A公演:13:00開演、 B公演:18:00開演
2012年4月29日(日)  C公演:13:00開演、 D公演:17:30開演
会場:サンパール荒川大ホール

 
スタッフ
指揮:クリスティアン・ハンマー(A/C/D) 志賀登仁夫(B)
演出:佐藤美晴
 
合唱指揮:草原哲広
副指揮・首席コレペティートア:河合良一
公演監督:田辺とおる
制作:片山孝調
 
管弦楽:TIAAフィルハーモニー管弦楽団 (コンサートマスター:三ツ木摩理)
合唱団:あらかわオペラシンガーズ・荒川タウン合唱団
 
美術:松村あや
衣装:小山花絵
舞台監督:近藤元
照明:首藤大善 / 望月太介
振付:遠藤綾野
演出助手チーフ:舘亜里沙 
演出助手:大谷理奈 / 牧田潤子
小道具:中里有
ヘアメイク:吉場一美
音響:白石安紀 / 石丸耕一 / 原瑠璃彦
宣伝美術:柳本奈都子 / 廣瀬暁春
 
キャスト:
配役 A B C D
タミーノ 青柳素晴 武井基治 土師雅人 今尾滋
パミーナ リット・アダ・ハンマー 盛田麻央* 羽山弘子 蔵野蘭子
パパゲーノ 田辺とおる 浜田耕一 杉野正隆 大久保光哉
夜の女王 山崎浩美 肥沼諒子 梅津碧 弓場なるみ
ザラストロ 東原貞彦 郷田明倫 小田桐貴樹 若林勉
モノスタトス 松岡幸太 松岡幸太 羽山晃生 上田純也*
パパゲーナ 山邊聖美 小田切一恵 内海響子* 諸藤恵美*
弁者・武士 II 須山智文 赤木克行 横山弘泰 笹倉直也
僧侶・武士 II 石山陽太郎 碓氷昂之朗 大石将史 明石将岳
侍女 I 竹多倫子 島村侑子* 工藤夏子 * 鶴田朋子
侍女 II 東裕子 大畑典子 大石悦代 津久井明子
侍女 III 河村典子 関口絢子 丸山奈津美 田代香澄
童子 I 竹田舞音* 峯岸真鈴 田中ひかる* 清水春菜
童子 I 田中美音 山崎明日実 梶原すみれ 小橋知世
童子 III 川口真貴子* 榊里美 池端歩 頼経遥*

*印は東京国際声楽コンクール入選・入賞者
 
S席12,000円 A席10,000円 B席6,000円 C席4,000円 

お問合せ:東京国際芸術協会:03-3809-9712 
詳細:魔笛公演
http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/DieZauberflote2012/index.html

チラシ(PDF/604KB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

ページトップへ ▲

2012年4月28日(土)
ピアニスト:舘野泉 左手のピアニストとして蘇って8年! 
舘野泉左手の音楽祭 第1回へ「インタビュー@クラシック」で!
松本バッハ祝祭アンサンブル
 2002年に病に倒れる。ふたたびステージにたって8年経って「左手のピアニスト」として全16回におよぶ「舘野泉フェスティヴァルー左手の音楽祭 2012〜2013」を開く。

「インタビュー@クラシック」でフェスティヴァルにいたる道筋を語る!

「インタビュー@クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index761.html

 館長をつとめる南相馬市民会館との「絆」も話題となる。

舘野泉
http://tatenoizumi.seesaa.net/

コンサート情報


《舘野 泉 フェスティヴァル 左手の音楽祭 2012-2013》
舘野泉左手の音楽祭 第1回〈新たな旅へ・・・ふたたび〉

2012年5月18日(金)(東京)19:00 第一生命ホール

バッハーブラームス:シャコンヌ
スクリャービン:前奏曲と夜想曲
間宮芳生: 風のしるし・オッフェルトリウム(舘野泉に献呈)
★日本初の左手ピアノ独創曲(邦人作品)
ノルドグレン: 小泉八雲の「怪談」によるバラード IIOp.127(舘野泉に献呈)
振袖火事・衝立の女・忠五郎の話
ブリッジ: 3つのインプロヴィゼーション 夜明けに・夜のお祈り・酒宴

★左手のピアニストとしての復帰を決意させた、息子ヤンネから贈られた楽曲

お問合せ:ジャパン・アーツぴあコールセンター03-5774-3040
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/piano/tateno_vol1/index.htm

・2012年11月4日(日)14時 東京文化会館小ホール
※「舘野泉 左手の音楽祭 第2回」以降の情報はチラシのPDFを参照して下さい。
 
お問い合わせ ジャパン・アーツぴあ:03-5774-3040
http://www.japanarts.co.jp/

チラシ(PDF/1.7MB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。
その他のコンサート情報
東日本大震災支援コンサート 舘野泉・ヤンネ舘野 「天上の祈り」
2012年4月25日(水)19:00 南相馬市民文化会館大ホール
出演:舘野泉(ピアノ)/ ヤンネ舘野(ヴァイオリン)
バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌ
ブリッジ:3つのインプロヴィゼーション
平野一郎:精霊の海〜小泉八雲の夢に拠る〜
谷川賢作:スケッチ・オブ・ジャズ2 coba:記憶樹
お問合せ:
豊岡仏教会(主催事務局) 0796-27-0318
南相馬市民文化会館 0244-25-2763
舘野泉ピアノリサイタル
2012年5月12日(土)14:00 伊丹:アイフォニックホール
バッハーブラームス:シャコンヌ
スクリャービン:前奏曲と夜想曲
吉松隆:タピオラ幻景(舘野泉に捧げる) ほか
お問合せ:伊丹アイフォニックホール072-780-2110
国際ソロプチミスト弘前チャリティコンサート
舘野泉&ヤンネ舘野デュオ・リサイタル

2012年5月23日(水) 18:30 弘前市民会館
お問合せ:国際ソロプチミスト弘前
舘野泉ピアノリサイタル 共演:平原あゆみ
2012年5月27日(日) 14:00 千葉県文化会館・大ホール
お問合せ:千葉県文化会館
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/120527.html
043-222-0201
平家物語の版画展と吉松隆の「平清盛」
2012年6月17日(日)14:00  東京:光が丘美術館
共演:月本真理子
吉松隆:NHK大河ドラマ「平清盛」より
モンポウ、ドホナーニ など
お問合せ:アーツ・アイランド03-6914-0353
舘野泉ピアニズム〜左手の音楽〜
2012年6月23日(土)17:00 東大和ハミングホール大ホール
お問合せ:ハミングホール 042-590-4411
舘野泉ピアノ・リサイタル〜フィンランドの心・美術と音楽の出会い〜
2012年6月25日(月)19:00 宇都宮市文化会館
お問合わせ:宇都宮市文化会館028-636-2121
舘野泉ピアノリサイタル
2012年7月15日(日) ハンガリー:ブダペスト、バルトーク・ハウス
2012年7月20日(金)フランス:サン・フェリックス公演予定
東京都交響楽団第739回定期演奏会
2012年8月28 (火)(東京)19:00 サントリーホール
指揮:下野竜也
一柳 慧:ピアノ協奏曲第5番「フィンランド」(左手のためのピアノ協奏曲)世界初演
お問合せ:東京都交響楽団03-3822-0727
いのちの電話30周年記念
2012年9月07日(金)仙台:電力ホール
舘野泉左手の音楽祭 坂の上のコンサート
Vol.1 舘野泉と仲間たち

2012年9月12日(水)18:30 東京:ムジカーザ
共演:ヤンネ舘野(Vn)、久保春代(Pf)、美月恵美子(Pf)、亀井庸州(Vn)、
   多井智紀(Vc)
お問合せ:アーツ・アイランド03-6914-0353
舘野泉ピアノリサイタル
2012年9月23日(日)14:00 長野:小海・ヤルヴィホール
お問合せ:小海町総合センター 0267-92-4391
舘野泉&ヤンネ舘野 ピアノリサイタル
2012年10月12日(金)19:00 富山:高岡文化ホール
お問合せ:高岡文化ホール0120-629-630
関西フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会
2012年10月18日(木)19:00 大阪:ザ・シンフォニーホール
指揮:藤岡 幸夫
一柳 慧:ピアノ協奏曲第5番「フィンランド」 (左手のためのピアノ協奏曲)【関西初演】
お問合せ:関西フィル06-6577-1381

ページトップへ ▲

2012年4月25日(水)
[コンサート&新譜CD情報] ウィーン少年合唱団待望の日本旅行! 2012年!
 ウィーン少年合唱団は2年ぶりの来日となる。2011年の日本公演が震災の影響で出来なくなって、東日本大震災復興のチャリティを行ったことなど報ぜられた。
 
 坂本九の「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星を」、「心の瞳」などを歌い、日本中に元気を与えようとしている。コンサート情報、新譜CD情報をお伝えいたします。

ウィーン少年合唱団
© www.lukasbeck.com
コンサート情報
《2012年ウィーン少年合唱団東京公演》 
5月3日(木・祝) 14時 サントリーホール Aプロ
5月4日(金・祝) 14時 東京オペラシティ コンサートホール Bプロ
5月20日(日) 14時 東京オペラシティ コンサートホール Aプロ
6月3日(日) 14時 サントリーホール Bプ
6月15日(金) 14時 東京オペラシティ コンサートホール Aプロ
6月16日(土) 14時 東京オペラシティ コンサートホール Bプロ
6月17日(日) 14時 東京オペラシティ コンサートホール Aプロ


プログラムA
第1部
ヴィヴァルディ:《グローリア》ニ長調 RV.589より
〈グローリア・イン・エクセルシス・デオ〉
〈ラウダムス・テ〉
〈クオニアム〉
ビクトリア:〈ひとときも警戒なしでいられようか〉
(《聖週間の聖務日課》より)
J・ハイドン:《おお、人々よ》
W・A・モーツァルト:カンタータ
《無限なる宇宙の創造者を崇敬する汝らが》
シューベルト:《夜の明るみ》
クラトホヴィル:《神を喜びたたえよ》
オーストリアの民謡と日本の歌
《くわ、くわ》
《ツィラー谷から》
《森のハンス》
岡野貞一:《ふるさと》
瀧廉太郎:《花》
J・シュトラウスU:《皇帝円舞曲》
《トリッチ・トラッチ・ポルカ》
第2部
ドナウ川に沿った地域の歌
J・シュトラウスU:ポルカ《ハンガリー万歳》
スロヴァキア民謡:《ヤニック、何をしているの》
ハンガリー民謡:《ジプシーがチーズを食べるとき》
クロアチア民謡:《おお、深い海よ》
セルビア民謡:《ニシュカ・バニャ》
ブルガリア民謡:《夢見るトドラ》
ウクライナ民謡:《彼は井戸を掘る》
ルーマニア民謡:《裏庭を風が》
西洋の映画音楽と日本のポピュラーソング
シャーマン:《チム・チム・チェリー》
(映画『メリー・ポピンズ』より)
アーレン:《虹の彼方に》(映画『オズの魔法使』より)
《ヘイル・ホーリー・クイーン》
(映画『天使にラブ・ソングを』より)
中村八大:《上を向いて歩こう》
いずみたく:《見上げてごらん夜の星を》
J・シュトラウスU:《美しく青きドナウ》

プログラムB
第1部
パーセル:《来たれ、汝ら芸術の子よ》より
〈来たれ、汝ら芸術の子よ〉
〈トランペットを吹き鳴らせ〉
〈かくのごとき祝福を与えしこの日は〉
〈ヴィオールをかき鳴らせ〉
〈見よ、自然は喜びわれらに示した〉
ガルス:《しもべらよ、ともに歌え》
W・A・モーツァルト:《聖なるマリア、神の母よ》
ウェルナー:《野ばら》
シューベルト:《エレンの歌》第2曲 “狩人よ、憩え”
メンデルスゾーン:《目をあげよ》
フランク:《天使のパン》
コダーイ:《夕べの歌》
《ジプシーがチーズを食べるとき》
オーストリアの民謡:《歌うはわれらが喜び》
《万歳、チロルの仲間》
《雪が消え去れば、太陽が顔を出す》
オルフ:〈おお、運命の女神よ〉
(《カルミナ・ブラーナ》より)
第2部
世界の歌
インド〜東南アジア:《ジェイ・ガナラヤ》
イスラエル:《シャーローム・アーレイヘム》
キルギス:《Opol du yno》
レバノン聖歌:《ワ・ハビビ(私の最愛の人)》
パキスタン:《ハク・アリ》
バジャン:《真理を求めて》
インド:《ジョグ・ワ》
フィンランド:《エヴァのポルカ》
南アフリカ:《Sesivuma sigiya》
三木たかし:《心の瞳》
ヨーゼフ・シュトラウス:《鍛冶屋のポルカ》
J・シュトラウスU:《皇帝円舞曲》
ポルカ《ハンガリー万歳》
 
お問い合わせ ジャパン・アーツぴあ:03-5774-3040
http://www.japanarts.co.jp/

チラシ(PDF/220KB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。
《2012年ウィーン少年合唱団全国ツアー》
・4月28日(土)14時 下呂交流会館 問:0576-25-5000
http://www.gero-k.jp/event.php?eid=00093&pickup=2&category=1
・4月30日(月)15時 習志野文化ホール 問:047-479-1212
http://www1.seaple.ne.jp/narabunh/event2012.html
・5月6日 (日)17時 愛知県芸術劇場 コンサートホール 問:052-243-8600
http://www.tv-aichi.co.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=19&NCODE=11
・5月9日 (水)19時 富山県民会館(大ホール) 問:076-432-3111
http://www.arts-navi.com/pc/ticketkensaku/Form_P02030000_1.aspx?JyutakuCode=10007
・5月10日(木)19時 長岡市立劇場 問:0258-29-7715
http://www.nagaoka-caf.or.jp/new_topics/9006.html
・5月12日(土)14時 ザ・シンフォニーホール 問:06-6453-6000
http://www.asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1527
・5月13日(日)14時 ザ・シンフォニーホール 問:06-6453-6000
http://www.asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1528
・5月19日(土)15時 オリンパスホール八王子  問:042-621-3005
http://www.hachiojibunka.or.jp/performance/frame_performance.htm
・5月26日(土)15時 島根県芸術文化センター「グラントワ」問:0856-31-1860
http://www.grandtoit.jp/theater/event/2012/05/post-19.html#000533
・5月27日(日)16時 プラバホール 問:0852-27-6000
http://www.plover.sd.web-sanin.jp/event/music_festival27/0527.html
・5月30日(水)19時 沖縄コンベンションセンター 劇場棟 問:098-865-5200
http://ryukyushimpo.jp/event/storyid-187500-storytopic-66.html
・6月2日 (土)15時 所沢市民文化センター ミューズ アークホール 問:04-2998-7777
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/koen/20120602.html
・6月5日(火)19時 札幌コンサートホールKitara 大ホール 問:011-272-8271
http://www.stv.ne.jp/event/Vienna/index.html
・6月7日 (木)19時 盛岡市民文化ホール 問:019-621-5100
http://www.mfca.jp/jigyou/24_0308wsk.htm
・6月9日(土)15時 江戸川区総合文化センター 問:03-3652-1106
http://edogawa-bunkacenter.jp/cgis/hall_detail.cgi?PerformInfoNo=4065&PerformPlaceNo=1
・6月10日(日)13時30分 横浜みなとみらいホール 問:045-453-5080
http://www.yaf.or.jp/mmh/cooperate/2012/06/post-38.php
・6月23日(土)14時 長泉町文化センターベルフォーレ 問:055-989-0001
http://japan.nagaizumi.org/ver/news/9.html
・6月30日(土)14時 岸和田市立浪切ホール 大ホール 問:072-439-4915
http://www.namikiri.jp/event/details/120630.html
・7月4日 (水)19時 福岡シンフォニーホール 問:092-725-9112
http://www.acros.or.jp/r_event/event_detail.php?event_id=4440
・7月6日(金)19時 三田市総合文化センター郷の音ホール 大ホール 問:079-559-8101
http://sanda-bunka.jp/event/details/120706.html
・7月8日 (日)14時 サンシティホール 問:048-985-1112
http://www.suncityhall.jp/events/post_99.html
新譜CD情報:ウィーン少年合唱団
《ウィーン少年合唱団 天使の歌声 最新ベスト2012》

収録曲
1.エレンの歌 第二”狩人よ、憩え”
2.皇帝円舞曲
3.美しく青きドナウ
4.トリッチ・トラッチ・ポルカ
5.野ばら
6.来たれ、汝ら芸術の子よ
7.夕べの歌
8.ハンガリー万歳
9.ウィーン、わが夢の街
10.金と銀
11.ウィーンの森の物語
12.アヴェ・マリア
13.子守歌
14.歌の翼に 作品34−2
15.夕焼小焼
16.赤とんぼ
17.この道
18.さくら、さくら
19.花
20.故郷

TOCE-90221 2,800円(税込)  2012年04月25日発売

EMIミュージック
http://www.emimusic.jp/artist/wien/?id=60108

ページトップへ ▲

2012年4月24日(火)
[CD紹介]《J.S. バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)》〜小林道夫の芸術VI〜
 小林道夫が1970年に起ち上げた東京芸大のバッハ・カンタータ・クラブでの活動の原点が、松本バッハ祝祭アンサンブルへとそのルーツを見いだすことができる。永年、そこで小林道夫がバッハのカンタータの検証や考察、またその演奏に力を注いできた。ともに研究を重ね、彼の薫陶を受けた音楽家が多く広く巣立っていった。このアンサンブルに集う人も彼の誠実で真摯にバッハに向き合う姿に共感を覚えた人たちであろう。

 オリジナル楽器の持つ独特の響は人間の心をとらえ、心に響いてくる。バッハの持つ大きな力が独りでに心に占め、素晴らしい音楽体験を共有することになる。
CD紹介
《J.S. バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)》
〜小林道夫の芸術VI〜


小林 道夫 指揮 & チェンバロ
松本バッハ祝祭アンサンブル (オリジナル楽器による)
桐山 建志 コンサートマスター
 
DISC 1
第1番 ヘ長調 BWV1046
第2番 ヘ長調 BWV1047
第3番 ト長調 BWV1048
 
DISC 2
第4番 ト長調 BWV1049
第5番 ニ長調 BWV1050
第6番 変ロ長調 BWV1051

MM-2081-82 二枚組 税込定価¥3,980(本体¥3,790)
マイスター・ミュージック
《J.S.バッハ:管弦楽組曲(全曲)

小林道夫(指揮&チェンバロ)
松本バッハ祝祭アンサンブル(オリジナル楽器による)
桐山 建志 コンサートマスター
 
Disc 1
管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066
管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
 
Disc 2
管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
管弦楽組曲 第4番 ニ長調 BWV1069
 
MM-2030-31 二枚組 税込定価¥3,980(本体¥3,790)
マイスター・ミュージック

ページトップへ ▲

2012年4月24日(火)
指揮・チェンバロの小林道夫が蒔いた種が成長!「松本バッハ祝祭アンサンブル東京公演」!
小林道夫
写真:木之下晃
桐山建志
松本バッハ祝祭アンサンブル
 2007年「松本バッハ祝祭アンサンブル」は松本市市制100周年を記念して松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)で誕生した。これまで松本では定期的に公演を重ねてきた。いよいよ機が熟して、このたび初の東京公演を行うことになった。

 コンサートマスターの桐山建志をはじめメンバーの殆どが東京藝術大学バッハカンタータクラブに属していた。東京藝術大学バッハカンタータクラブは1970年に小林道夫を中心にバッハのカンタータを研究し、演奏することを目的に発足した。彼の薫陶を受けたメンバーたちが大きく巣立ち、わが国内外で活躍する多くの演奏家のなかで、古楽奏者たちの存在に目が注がれる。

 松本から福岡、札幌の二都市へ空路直行便が開かれたことを記念して10月30日アクロス福岡、10月31日札幌kitaraでの公演の予定がある。
 
オフィスアルシュ
http://www.o-arches.com/
コンサート情報
《松本バッハ祝祭アンサンブル東京公演》 
2012年 5月5日(土祝)18時 東京文化会館 小ホール
プレトーク 礒山 雅(17:15〜17:45)

ブランデンブルク協奏曲 全曲
第1番 ヘ長調 BWV1046
第3番 ト長調 BWV1048
第4番 ト長調 BWV1049
第5番 ニ長調 BWV1050
第6番 変ロ長調 BWV1051
第2番 ヘ長調 BWV1047
 
指揮・チェンバロ:小林道夫
コンサートマスター:桐山建志
ヴァイオリン:花崎淳性、大西律子
ヴィオラ:深沢美奈
ヴァイオリン&ヴィオラ:長岡聡季、吉田篤
チェロ:花崎薫、西沢央子、武沢秀平
ヴィオローネ&ヴィオラ・ダ・ガンバ:櫻井茂
フラウト・トラヴェルソ:北川森央
リコーダー:高橋明日香、野崎剛右
オーボエ:尾崎温子、森綾香、平地友佳
ファゴット:村上由紀子
ホルン:大貫ひろし、飯島さゆり
トランペット:平井志郎
 
全席自由 一般5000円/学生2500円(大学生迄)
お問合せ:03-3565-6771
オフィス・アルシュ
http://www.o-arches.com/

チラシ(PDF/828KB)
※このPDFのファイルからプリントして下さい。チラシとして活用できます。

ページトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |