クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2016/1/5〜 2016/1/11]
2016年1月8(金)
CD紹介:《シューマン/歌曲集『女の愛と生涯』、他》レシュマン(S)、内田光子(P)
《シューマン/歌曲集『女の愛と生涯』、他》レシュマン(S)、内田光子(P)

《シューマン/歌曲集『女の愛と生涯』、他》レシュマン(S)、内田光子(P)

曲目 

  1. シューマン:『リーダークライス』Op.39
  2. ベルク:7つの初期の歌曲集
  3. シューマン:『女の愛と生涯』Op.42

演奏:ドロテア・レシュマン(S)、内田光子(P)

録音:ロンドン、ウィグモア・ホール 2015年5月2&5日(ライヴ)
会社:Decca
番号:4788439
定価:オープン価格(輸入盤)


レシュマンはオペラ歌手として活躍しているが、ドイツ歌曲にも通じている。ドイツ系の歌手としては両ジャンルをこなすことが“名歌手”であることの必須条件といえるだろう。彼女の場合、例えばシューマンの『リーダークライス』では第3曲「森の語らい」などを聴けば分かるように、フレーズ毎の最初の歌詞の発音が実に明瞭であるのがリート歌手としての資質の確かさを物語っている。また声を押しつぶしたように終わる第10曲「たそがれどき」の緊張感も通り一遍のものではない。

一方『女の愛と生涯』は単なる歌曲の羅列ではなく、一つのドラマが流れている。レシュマンはその動と静を実にバランスよく描き分けてみせる能力は見事なものがある。このシューマンの二曲の間にベルクが挟まれているのも興味深いプログラミングである。

 内田の伴奏もピアニスティックでありながら、ソリストとして振る舞うわけでないのは当然だが、かといっても伴奏者として控えめになることもない。ソリスティックでありながら、リートにおけるピアノの役割を十分に認識していることがわかる。ここにはソプラノとピアノとの緊密なデュオが展開されているといったらよいだろうか。曲がシューマンであるだけに内田の起用も大きな意味を持っているように思われる。

野崎正俊(音楽評論家)

ペー ジトップへ ▲

2016年1月6(水)
ピアノ:碓井俊樹《クラシックmeetロック》デビュー20周年で新しい試み! 「インタビュー@クラシック」!
ピアニスト:碓井俊樹
ピアニスト:碓井俊樹
photo;M.Yabuta

ピアニスト:碓井俊樹は東京芸術大学を出て、ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学で研鑽を積む。海外のコンクールなどで優秀な成績をとり、ソロやオーケストラとの協演や室内楽等で国内外で大活躍している。

彼はロックとの出会いがあって、デビュー20周年で新しいピアノ演奏に取り組む。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1053.html

5年前にばんだい高原国際音楽祭に参加してロックとの出会いがあった。ピアノのあたらしい可能性を見出し、新しいCDのリリースやコンサートになった。
 
1970年代の若者に大きな影響を与えたピンクフロイドに目を向け、ピンク・フロイドや坂本龍一の新たな世界に取り組んでいるほか、世界で30か国以上でのソロや室内楽活動や、国内では注目の横浜シンフォニエッタの代表として多忙な日々を送っている。

碓井俊樹
http://www.toshikiusui.com/

ばんだい高原国際音楽祭
http://bandaikohgen.web.fc2.com/

横浜シンフォニエッタ
http://www.yokohama-sinfonietta.com/

試聴:横浜シンフォニエッタ(指揮:山田和樹)
http://ml.naxos.jp/artist/240094
ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)


公演情報
《碓井俊樹デビュー20周年&CDアルバム発売記念コンサート》

《碓井俊樹デビュー20周年&CDアルバム発売記念コンサート》
2016年1月10日(日)13時 トッパンホール(東京)

ピアノ:碓井俊樹

ソプラノ:コロン えりか
ナビゲート:紺野 等

  • 第1部〔ハード・ロックon Classic〕
    ジミ・ヘンドリックス:パープルヘイズ
    クイーン:ボヘミアン ラプソディ
    レッド ツェッペリン:天国への階段
    ディープ パープル:ハイウェイスター
    編曲:斎藤弘美
  • 第2部〔アクロス・ザ・ワールドW〕
    ジュリオ・カッチーニ:アヴェ・マリア
    エリック・コロン:被爆のマリアに捧げる讃歌
  • 第3部〔プログレッシブ・ピアノ・ボックス〕
    坂本龍一:ブリッジ

料金:5,500円
お問い合わせ:050-3136-7475
E-mai1l::music.design.japan@gmail.com
トッパンホールチケットセンター:03-5840-2222
チラシ(PDF/6.85MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

新譜CD情報
《碓井俊樹(ピアノ)プレグレッシブ・ピアノ・ボックス》《碓井俊樹(ピアノ)プレグレッシブ・ピアノ・ボックス》
PROGRESSIVE PIANO BOX  Toshiki Usui

  1. ピンク・フロイド:クレイジー・ダイアモンド  (1975)  25:30
  2. 坂本龍一
    ブリッジ (1995)  45:41
    EXTRA TRACK
  3. ゴブリン
    サスペリア  (1977)  6:50
    Total Time 78:01

碓井俊樹(ピアノ)

録音:2014年11月9〜11日/東北福祉大学けやきホール ピアノ:スタインウェイ&サンズ

製作:小沢陽
編曲:田中祐樹/渚智佳
プロデューサー:西脇義訓
エンジニア:福井末憲
デザイン:宇野保美
写真:服部宏二
ジャケット&ブックレット絵画:橋本映子
『悪魔』(2001)/『落葉と冬の花』(1998)

番号:NF-28401  
価格:2,500円+税
会社:N&F
http://www.n-and-f.com/

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |