クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2016/3/15〜 2016/3/22]
2016年3月17(木)
ヴァイオリン:志村寿一 拠点をニューヨークから日本に移して! 「インタビュー@クラシック」」で!
ヴァイオリン:志村寿一
ヴァイオリン:志村寿一

ヴァイオリン:志村寿一は高校を出てすぐに、アメリカで学んだ。このたび25年ぶりに日本での活動にその拠点を移すことになった。「インタビュー@クラシック」」でその心境を語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1064.html

彼はピアノの野平一郎、クラリネットの横川晴児とは軽井沢国際音楽祭で知遇を得て今回共演の運びになった。千葉県の出身でこれからも地元のために役立ちたい。またヴァイオリンの黒沼ユリ子も御宿に居を構えた。これまでに音楽的な交流があり、これからも同じ輪を広げてゆきたい。


コンサート情報
《志村寿一ヴァイオリン・リサイタル》〜ニューヨークより日本へ、新たなる始まり。

《志村寿一ヴァイオリン・リサイタル》
〜ニューヨークより日本へ、新たなる始まり。
2016年3月23日(水)19時 浜離宮朝日ホール

ヴァイオリン:志村寿一
ピアノ:野平一郎
クラリネット:横川晴児

  • J.Sバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番「シャコンヌ」
  • F.シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための幻想曲ハ長調D.934
  • B.バルトーク:コントラスツ Sz.111

全席自由:5,000円
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード287800
浜離宮朝日ホールチケットセンター 03-3267-9990
090-6147-1411(志村)
チラシ(PDF/642KB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

ペー ジトップへ ▲

2016年3月16(水)
新譜CD&コンサート チェロ安田謙一郎 《コダーイ/カサド無伴奏チェロ作品集 安田謙一郎(チェロ)》

《コダーイ/カサド無伴奏チェロ作品集 安田謙一郎(チェロ)》

安田謙一郎:チェロ

Z.コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ 作品8
1〜3
G.カサド:無伴奏チェロ組曲
4〜6
カタロニア民謡ーP.カザルス:鳥の歌(安田謙一郎 編)

録音:横須賀ベイサイド・ポケット 2015年7月27〜30日
番号:MM-3071 
定価3,000円+税
会社:マイスター・ミュージック
http://www.meister-music.com/index0.html

チェロの安田謙一郎の新譜CDがリリースされる。長らく待たれたコダーイの無伴奏チェロ・ソナタと、師カサド直伝の無伴奏チェロ組曲にカザルスの「鳥の歌」が入っている。

安田謙一郎の内面の世界を噴出させるようなCDである。このような新しい録音で彼の年齢を積み重ねた世界に招き入れられた充実感はとても嬉しい。ジャケットも彼の執筆で曲への思いが深く込められており、CDで聴く鑑賞の面白さを感じさせる。

東京・春・音楽祭ではチェロの安田謙一郎で、2015年バッハの無伴奏チェ ロ組曲全曲演奏会が開かれた。大好評に応えて、今年はベートーヴェンのチ ェロ・ソナタ全曲演奏会がまもなく開かれる。
コンサート情報
東京・春・音楽祭2016 《安田謙一郎 ベートーヴェンを弾くチェロ・ソナタ全曲演奏会 I & II》

東京・春・音楽祭2016
《安田謙一郎 ベートーヴェンを弾くチェロ・ソナタ全曲演奏会 I & II》
●2016年3月21日(月・休)15時 上野学園 石橋メモリアルホール

 ベートーヴェン:

  • チェロ・ソナタ 第1番 ヘ長調 op.5-1
  • チェロ・ソナタ 第4番 ハ長調 op.102-1
  • ヘンデル 《ユダ・マカベウス》 の 「見よ勇者は帰る」 の主題による12の変奏曲 ト長調 WoO.45
  • チェロ・ソナタ 第5番 ニ長調 op.102-2

●2016年4月11日(月)19時 上野学園 石橋メモリアルホール

ベートーヴェン

  • モーツァルトの歌劇 《魔笛》 より
    「恋を知る男たちは」 の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO.46
    チェロ・ソナタ 第2番 ト短調 op.5-2
  • モーツァルトの歌劇 《魔笛》 より
    「恋人か女房か」 の主題による12の変奏曲 へ長調 op.66
    チェロ・ソナタ 第3番 イ長調 op.69

チェロ:安田謙一郎
ピアノ:津田裕也

各公演 全指定4,100円 U-251,500円(税込み)
お問い合わせ:03-3322-9966
東京・春・音楽祭
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3122.html
チラシ(PDF/2.3MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

ペー ジトップへ ▲

2016年3月16(水)
明治学院バッハ・アカデミー『J.S.バッハ:マタイ受難曲』を指揮して! 指揮:樋口驤黶uインタビュー@クラシック」で!
指揮:樋口驤
指揮:樋口驤

明治学院バッハ・アカデミー『J.S.バッハ:マタイ受難曲』を指揮する樋口驤黷ヘバッハの研究家として明治学院の教授として教壇に立っていた。2015年に定年退官してバッハ研究と実践で指揮活動も行っている。

「インタビュー@クラシック」で指揮の樋口驤黷ノ聞く。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1063.html

明治学院バッハ・アカデミー合唱団・合奏団の成立の経緯や、ひき続き行われるプロジェクトになる。

2000年から明治学院のチャペルを使って明治学院バッハ・アカデミーの演奏会を定期的に行ってきた。2014年からバッハのロ短調ミサ曲でサントリーホールに移り、マタイ受難曲は受難週に入って演奏される。次の明治学院バッハ・アカデミーのコンサートはフォーレのレクイエムである。といったこれからの活動の事などに話がおよぶ。


コンサート情報
《樋口驤齊w揮、明治学院バッハ・アカデミー『J.S.バッハ:マタイ受難曲』》

《樋口驤齊w揮、明治学院バッハ・アカデミー『J.S.バッハ:マタイ受難曲』》
2016年3月20日(日)18時 サントリーホール

J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244

樋口驤黶i指揮)
明治学院バッハ・アカデミー合唱団・合奏団
明治学院高等学校ハイグリー部

福音史家、テノール:ジョン・エルウィス
イエス、バリトン:河野克典
ソプラノ:光野孝子
メゾソプラノ:永島陽子
バス:土田悠平

入場料: S¥6,000 A¥5,000 B¥3,000 学生¥1,000
お問い合わせ:03-3560-3010
株式会社AMATI
http://www.amati-tokyo.com/

イープラス  http://eplus.jp/
東京文化会館チケットサービス:03-5685-0650
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017

チラシ(PDF/1.94MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

《樋口驤 指揮:明治学院バッハ・アカデミー『フォーレ:レクイエム』》

次回公演案内
《樋口驤 指揮:明治学院バッハ・アカデミー『フォーレ:レクイエム』》
2016年6月21日(火)19時 サントリーホール

  • プーランク:オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲ト短調(1938年)
  • モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調「ハフナー」 K.385(1782年)
  • モーツァルト:ミサ曲 変ロ長調 K.275(272b)(1777年)
  • フランク:コラール第3番 イ短調(1890年)
  • フォーレ:レクイエム ニ短調 作品48(1888年)

樋口驤黶i指揮)
明治学院バッハ・アカデミー合唱団/N響団友オーケストラ

光野孝子(S)
松本明子(Ms)
伊田明弘(T)
河野克典(Bar)

椎名雄一郎(オルガン)
百瀬和紀(Tim)

料金:S¥6,000 A¥5,000 B¥3,000 学生¥1,000
お問い合わせ:03-3560-3010
株式会社AMATI
http://www.amati-tokyo.com/
チラシ(PDF/733KB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。



ペー ジトップへ ▲

2016年3月16(水)
注目の若手ヴァイオリニスト:毛利文香 コンサートをひかえて「インタビュー@クラシック」で語る。
ヴァイオリニスト:毛利文香
ヴァイオリニスト:毛利文香

注目の若手ヴァイオリニスト:毛利文香は2015年、パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第2位、エリザベート王妃国際音楽コンクー入賞の注目の若手ヴァイオリン奏者である。

3月18日には紀尾井ホールでこれらの出来事の区切りとしてリサイタルを開く。 コンサートをひかえて「インタビュー@クラシック」で語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1062.html

エリザベート国際コンクールの公式ピアニストであったピアニストの佐藤卓史をパートナーとして迎えた。彼こそ、R・シュトラウスのソナタの共演にふさわしいピアニストであると思った。

現在ドイツのクロンベルクアカデミーに学んでいる。コンクールの様子や、これからのあり方について語る。


コンサート情報
《毛利文香ヴァイオリン・リサイタル》

2016年3月18日(金)19時 紀尾井ホール
《毛利文香ヴァイオリン・リサイタル》

ピアノ:佐藤卓史

  • タルティーニ(クライスラー編曲):ヴァイオリン・ソナタ ト短調 「悪魔のトリル」
  • プロコフィエフ: ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ長調 op. 94bis
  • イザイ: ヴァイオリン・ソナタ第4番 ホ短調 op. 27-4
  • R.シュトラウス: ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op. 18

入場料:S¥4,000 A¥3,000  
お問い合わせ:03-3560-3010
株式会社 AMATI
http://www.amati-tokyo.com/
紀尾井ホールチケットセンター:03-3237-0061
チラシ(PDF/594KB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |