クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2017/2/14〜 2/20]
2017年2月17(金)
《九響首席コントラバス奏者在任30周年記念 深澤 功と仲間たち》紀尾井ホールで!こめる思いを!
コントラバス奏者:深澤 功
コントラバス奏者:深澤 功

九州交響楽団の首席:コントラバス奏者:深澤 功は九響在籍30年を記念して紀尾井ホールでコンサートを開く。

横浜生まれ、東京育ちという暮らしだった。1986年に九州交響楽団の首席コントラバス奏者というポジションについた。これまで東京での演奏会の機会はしばしばあったが、在籍20、25周年という区切りには東京でリサイタルを開いてきた。オケへの強い思いと、自分の日々の研鑽を知っていただくためだった。

今回のコンサートの第1部では歌ものといわれるメロディックな曲を選曲している。第2部は高校生のころから演奏していたデュエール室内合奏団の仲間たちと共演、まさに自分の出発点ともいえる。

大澤壽人:「桜に寄す」は大澤のコントラバス協奏曲を録音するときに、彼のソプラノのためにかかれた美しい曲を知って、今回のプロに入れることにした。福岡に在住して東京でのコンサートを開くのは多くの困難を伴うが、あえて開くことに決心した。

試聴:ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)
http://ml.naxos.jp/KeywordSearch2.aspx?word=%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E5%8A%9F

 

コンサート情報
《九響首席コントラバス奏者在任30周年記念 深澤 功 と仲間たち》

コントラバス:深澤 功
《九響首席コントラバス奏者在任30周年記念 深澤 功 と仲間たち》
2017年2月28日(火)19時 紀尾井ホール(東京・紀尾井町)

コントラバス:深澤 功
指揮:櫻井優徳
ピアノ:藤本史子
演奏:デュエール室内合奏団(コンサートマスター:篠原英和)

曲目

<第1部  〜しみじみとPf.伴奏で〜>

  • ディッタースドルフ:アダージオ
  • クーセヴィツキー:小さなワルツ
  • 大澤壽人:桜に寄す
  • 小林秀雄:落葉松
  • ティボール:序奏 テーマとヴァリエーション
  • カッチーニ:アヴェ・マリア

<第2部 〜“ルーツ”室内オケのメンバーとして〜>

  • 芥川也寸志:弦楽の為の3章「トリプティーク」より第1楽章
  • エルガー:弦楽の為のセレナーデ
  • バルトーク:ルーマニア民族舞曲

アンコールの為に〜「フレンズ・デュエール」(1979)/藤原豊他

料金:全席自由 一般¥5,000、団体¥4,000、学生¥3,000
紀尾井ホールチケットセンター:03-3237-0061
お問合せ:03-3501-5638
ミリオンコンサート協会 http://www.millionconcert.co.jp/index.html
詳細: http://www.millionconcert.co.jp/concert/detail/2017_02/guide/170228fukazawa.html
チラシ(PDF/2.8MB)
※こちらのPDFを印刷して、チラシとしてご利用いただけます。

ペー ジトップへ ▲

2017年2月17(金)
METライブビューイング 2月25日から上映 オペラ「ロメオとジュリエット」 東劇ほか! 

METライブビューイングの次の上映はフランスの作曲家シャルル・グノーが作曲した『ロミオとジュリエット』である。シェイクスピアの戯曲を原作の全5幕オペラ。先ずは悲劇を思わす序曲からはじまる。

上映日 2月25日から3月3日 東劇ほか

人気と実力のD・ダムラウ、情熱的な演唱と華やかなルックスが魅力のV・グリゴーロといった二大スターに期待。ニューヨークで2017年1月21日上演の舞台である。

上映情報:《ロメオとジュリエット》
上映期間:2017年2月25日(土)〜3月3日(金)

指揮:ジャナンドレア・ノセダ 
演出:バートレット・シャー

出演:
ディアナ・ダムラウ
ヴィットーリオ・グリゴーロ
エリオット・マドール
ミハイル・ペトレンコ


上映時間:3時間15分(休憩1回)[ MET上演日 2017年1月21日 ]
言語:フランス語

《ロメオとジュリエット》 《ロメオとジュリエット》

《ロメオとジュリエット》 《ロメオとジュリエット》

《ロメオとジュリエット》

(C)Ken Howard/ Metropolitan Opera

ロメとジュリエット予告編
https://youtu.be/6G-W3tmdbwU?list=PLkQM-7_8lXllO37YbFL10bjLbBlQsatM9

メット・ライブ
http://www.shochiku.co.jp/met/


ペー ジトップへ ▲

2017年2月17日(金)
東京二期会《トスカ》世界初演のデザイン画をもとにローマ歌劇場との提携公演!

東京二期会「トスカ」の公演は2月15日から公演が始まる。 今回の公演はローマ歌劇場との提携公演が始まる。

プッチーニの「トスカ」は1900年初演された。舞台美術はアドルフ・ホーエンシュタインの初演の舞台装置や衣装などあらゆる資料をもとに再現している。東京文化会館の高さと、奥行きのある舞台が見事にそれにこたえることができた。

ヨーロッパで期待の指揮者:ダニエーレ・ルスティオーニが東京都交響楽団をリードして、歌手、合唱やオーケストラと見事な舞台を作ることになりそうだ。

写真をクリックで拡大写真がご覧頂けます
スケッチ:桜井良夫
写真: 藪田益資
東京二期会《トスカ》
 2月13日のゲネラル・プローベ 2月15・18日 公演出演者。
東京二期会《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ
 
東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ
 2月14日のゲネラル・プローベ 2月16・19日 公演出演者
東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ
 
東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ 東京二期会オペラ 《トスカ》 ゲネプロ
 

公演情報
東京二期会オペラ劇場 R.ワーグナー 《トリスタンとイゾルデ》

東京二期会オペラ劇場《トスカ オペラ全3幕》
2017都民芸術フェスティバル ローマ歌劇場との提携公演
G.プッチーニ:《トスカ オペラ全3幕》

日本語字幕付き原語(イタリア語)上演

台本:ルイージ・イッリカ及びジュゼッペ・ジャコーザ
作曲:ジャコモ・プッチーニ

◎公演日

  • 2017年2月15日(水) 18:30 東京文化会館 大ホール
  • 2017年2月16日(木) 14:00  〃
  • 2017年2月18日(土) 14:00  〃
  • 2017年2月19日(日) 14:00   〃
  • 上演予定時間:約3時間(休憩2回含)

スタッフ:

指揮:ダニエーレ・ルスティオーニ
演出:アレッサンドロ・タレヴィ
舞台美術:アドルフ・ホーエンシュタイン
照明:ヴィニチオ・ケリ
合唱指揮:佐藤 宏
演出助手:菊池裕美子
舞台監督:村田健輔
公演監督:大野徹也


キャスト
配役 2月15日(水)/18日(土)  2月16日(木)/19日(日)
トスカ 木下美穂子 大村博美
カヴァラドッシ 樋口達哉 城 宏憲
スカルピア 今井俊輔 直野 資
アンジェロッティ 長谷川 寛 山口邦明
堂守 米谷毅彦 峰 茂樹
スポレッタ 坂本貴輝 高梨英次郎
シャルローネ 増原英也 高橋祐樹
看守 清水宏樹 大井哲也

合唱:二期会合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

入場料金(税込): S席¥15,000 A席¥13,000- B席¥10,000- C席¥8,000- D席¥6,000- E席¥2,000- 学生席¥2,000-

お問合せ:03-3234-9999(チケット・スペース)
03-3796-1831(二期会チケットセンター)
チラシ(PDF/1.53MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

ペー ジトップへ ▲

2017年2月16(木)
コントラバス:佐藤洋嗣 日本のコントラバス作品でその可能性を求めて!
「インタビュー@クラシック」 コントラバス奏者:佐藤洋嗣と企画・構成の西 耕一 登場 !
コントラバス:佐藤洋嗣
コントラバス:佐藤洋嗣
企画・構成:西耕一
企画・構成:西耕一

 コントラバスの佐藤洋嗣が〜日本のコントラバス作品の可能性を探求する〜という試みをくわだてる。
「インタビュー@クラシック」で語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1131.html

佐藤洋嗣、西耕一の共同企画。 邦人作曲家の作品を集めたリサイタル。コントラバスによる室内楽作品も多重録音との演奏をころみたり、映像を使った方法を取り入れ意欲 的なコントラバスの可能性を探る。

佐藤洋嗣はソロやオーケストラ、ジャズ、タン ゴ、現代音楽といった幅広い分野で活躍するコントラバス奏者である。


コンサート情報
《佐藤洋嗣コントラバスリサイタル》〜日本のコントラバス作品の可能性を探求する〜

《佐藤洋嗣コントラバスリサイタル》 
〜日本のコントラバス作品の可能性を探求する〜
「WINDS CAFE × スリーシェルズ 共催企画」

2017年3月26日(日)14時 安養院 瑠璃光堂
板橋区東新町 2−30−23
国際興業バス「小茂根三丁目」徒歩 3 分
東武東上線「上板橋」徒歩 15 分

曲目

  • 黛敏郎:BUNRAKU
  • 湯浅譲二:Triplicity
  • 藤倉大:es
  • 松平頼暁: Replacemento
  • 川島素晴:The YAGI 節
  • 下山一二三:深響第三番(委嘱世界初演)
  • 増本伎共子:My 六段(委嘱世演初演)
  • 磯部英彬:ナポリインバータ~コントラバスの音素材と映像による(委嘱世界初演)

料金:予約制(入場は無料)
詳細: https://www.3s-cd.net/concert/chamber/kb/
チラシ画像(JPG

ペー ジトップへ ▲

2017年2月16(木)
ピアノ:藤井 恵 シューマンに魅せられて!
ピアノ:藤井 恵
ピアノ:藤井 恵

ピアノの藤井 恵は桐朋学園からベルリン芸術大学、ニュルンベルク音楽大学に学んだ。シューマンについてはかねてから関心があった。ドイツに学んでより強い思いに傾いた。「インタビュー@クラシック」でリサイタルを前にその心の内を語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1130.html

ドイツでの生活を日本に移してはや数年たつ、ドイツ人にもつドイツ語の中にある精神をくみ上げてどう表現してゆくかという課題が常に切り離せない。

「ロベルト・シューマンとその仲間たち」をテーマにしてこのリサイタルを行う。シューマンの謝肉祭をメインに、彼の芸術的にも人間的にも大きな支えになったクララ・シューマンやブラームスなどを入れてプログラミングした。

藤井恵
https://www.megumifujiipiano.com/


コンサート情報
《藤井恵 ピアノリサイタル》〜ロベルト・シューマンとその仲間たち〜

《藤井恵 ピアノリサイタル》
〜ロベルト・シューマンとその仲間たち〜
2017年3月5日(日)14時 銀座・王子ホール

  • J.ブラームス:6つの小品 作品118
  • F.ショパン 幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
  • C.シューマン:3つのロマンス 作品11
  • R.シューマン:謝肉祭 作品9

チケット:全席自由  一般3500円 学生2000円 ペア券6500円 当日券4000円
チケット取り扱い:
王子ホールチケットセンター:03-3567-9990
イープラス 
東京文化会館チケットサービス:03-5685-0650
スガナミ楽器 町田店042−722−3458
多摩店042−375−5311
お問い合せ:フューチャーデザイン 03−5206−5501
チラシ画像(JPG表/JPG裏

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |