クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2017/3/28〜 4/3]
2017年4月3(月)
ヴァイオリン:三上亮 楽器を代えて、東京、福岡、札幌でデュオ・リサイタ ルを! 「インタビュー@クラシック」で!
ヴァイオリン:三上亮
ヴァイオリン:三上亮
(C)Nobuo MIKAWA

ヴァイオリンの三上亮が東京、福岡、札幌の三都市でデュオ・リサイタルを開く。

1628年製の二コラ・アマティの手によるヴァイオリンを借りることができた。すでに1年くらい弾きこんで魅力的な響きを出せるようになった。この音をぜひお聴きいただきたい。「インタビュー@クラシック」で!

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1141html

新しい楽器を使ってのコンサートに耳を傾けてほしい。楽器を手にした経緯やその魅力について語る。
東京、福岡はピアノの坂本リサ、札幌は宮澤むじかというパートナーと共演する。

現在ソロのほか、室内楽はアリオスホールで立ち上げたいわき室内楽協会「ヴィルタス・クヮルテット」を中心にさまざまな室内楽活動や、コンサートマスターとして各地のオーケストラのゲストに招かれている。

三上亮
http://ryomikami.com/index.php/
いわき室内楽協会
http://iwaki-alios.jp/cd/app/index.cgi?C=event&H=PAGE&D=01176

公演情報
東京《三上亮 デュオリサイタル》

【東京】
《三上亮 デュオリサイタル(東京)》
2017年4月20日 (木) 19時 白寿ホール

ヴァイオリン:三上亮×ピアノ:坂本リサ

  • モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ホ短調 K.304
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109
  • ミルシテイン:パガニニアーナ
  • R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18

一般:¥4,000 学生:¥3,000
お問合せ:ビーフラット・ミュージックプロデュス:03-6908-8977
チラシ(PDF/3.5MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

その他のコンサート

【福岡】
福岡 《三上亮 デュオリサイタル》 三上亮 デュオ・リサイタル
2017年4月19日 (水) 19時 福岡ふれあいホール
(福岡市健康づくりサポートセンター10F)

ヴァイオリン:三上亮×ピアノ:坂本リサ

  • モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ホ短調 K.304
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109
  • ミルシテイン:パガニニアーナ
  • R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18

お問合せ:092-525-1246 クワルテットフォーラム福岡
全席自由¥4,000
チラシ(PDF/516KB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

 

【札幌】
札幌 《三上亮 デュオリサイタル》 《三上亮 デュオリサイタル》
2017年4月27日 (木) 19時 札幌ザ・ルーテルホール

ヴァイオリン:三上亮×ピアノ:宮澤むじか

  • モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ホ短調 K.304
  • シューベルト=リスト:水の上で歌う
  • ミルシテイン:パガニニアーナ
  • R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18

一般:¥3,000 学生:¥2,00 当日券+500円UP
お問合せ:011-563-0002(高松音楽事務所)
チラシ(PDF/1.45MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。


ペー ジトップへ ▲

2017年4月1(土)
注目!合唱王国バルト三国から「ラトヴィア放送合唱団」の初来日!

世界的に非常に高い評価のラトヴィア放送合唱団の初来日公演が行われる。5月22日にはすみだトリフォニーホールでその魅力の一端が聴ける。合唱王国バルト三国の中で最も光る存在として大きな注目を集めている。

ラトヴィア放送合唱団はザルツブルク音楽祭、モンペリエ音楽祭などの世界的な音楽祭にしばしば迎えられており、ムーティやサロネンからもしばしば共演者としてよばれるなど注目の合唱団である。その幅広い表現力、変幻自在な歌唱力を楽しめそうだ。

札幌交響楽団の定期演奏会、武蔵野文化会館や、東京オペラシティの「コンポージアム 2017」でホリガーの指揮による、自作のスカルダネッリ・ツィクルスの公演が聴けるのも得難い音楽体験になりそうだ。2時間半におよぶ難曲中の難曲を演奏できるのは彼等しかないというホリガーのお墨付きである。

(C)Matiss Markovskis ラトヴィア放送合唱団
(C)Matiss Markovskis ラトヴィア放送合唱団

 


コンサート情報
ラトヴィア放送合唱団

ラトヴィア放送合唱団
2017年5月22日(月)19時 すみだトリフォニーホール 大ホール

  • グラス:《コヤニスカッティ》より「ヴェセルズ」
  • ペルト:スンマ
  • ラフマニノフ:『徹夜祷』(全曲)

入場料 S¥4,500 A¥3,500 
お問合せ:03-5608-1212
詳細: https://www.triphony.com/concert/detail/2016-11-001239.html
すみだトリフォニーホール
チラシ(PDF/2.4MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。


札幌交響楽団 第599回定期演奏会

その他のスケシュール

指揮:藤岡幸夫
指揮:ハインツ・ホリガー

札幌交響楽団 第599回定期演奏会
2017年5月19日(金)19時 札幌コンサートホール Kitara
20日(土)14時       々

指揮:ハインツ・ホリガー
合唱独唱:ラトヴィア放送合唱団* 

  • シューマン:ミサ・サクラ*
  • マーラー:アダージェット〜交響曲第5番より
  • マーラー(ゴットヴァルト編):「夕映えに」*
  • ドビュッシー:「海」〜3つの交響的素描

詳細: http://www.sso.or.jp/concerts/2017/05/599/

2017年5月21日(日)15時 武蔵野市民文化会館 小ホール

  • トーマス・アデス:フェアファックス・キャロル
  • リゲティ:ルクス・エテルナ
  • ジョナサン・ハーヴェイ:プレーンソングス・フォー・ピース・アンド・ライト
  • ラフマニノフ:『徹夜祷』(全曲)

詳細: http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2016/12/post-631.html

2017年5月25日(木)19時 :東京オペラシティ コンサートホール
《コンポージアム2017》

ホリガー:スカルダネッリ・ツィクルス

指揮:ハインツ・ホリガー
フルート:フェリックス・レングリ
ラトヴィア放送合唱団
(合唱指揮:カスパルス・プトニンシュ)
アンサンブル・ノマド
(1975-91、日本初演)[上演予定時間:約2時間半 休憩なし]

詳細: https://www.operacity.jp/concert/compo/2017/schedule/170525.php


ペー ジトップへ ▲

2017年4月1(土)
東京シティ・フィル 「オペラ万葉集」を演奏会形式で!4月13日に公演! 指揮:藤岡幸夫が「インタビュー@クラシック」で!
指揮:藤岡幸夫
指揮:藤岡幸夫
(C)青柳聡
作曲:千住明
作曲:千住明
photo:yoshihiro kawaguchi
台本:黛まどか
台本:黛まどか
(C)MPd F8 PHOTO STUDIO

 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団は日本最古の歌集『万葉集』が千住明(作曲)と黛まどか(台本)によって蘇ったオペラ《万葉集》を演奏会形式で上演する。
指揮者の藤岡幸夫が「インタビュー@クラシック」で語る。 

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1140html

この「オペラ万葉集」にかかわったいきさつや、この作品に惹かれることについて語る。

下記の情報誌に作品ができた経緯などを、音楽を担当した千住明が述べているのも大変興味深い。

参考情報


公演情報
《オペラ「万葉集」 演奏会形式》

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 特別演奏会
《オペラ「万葉集」  演奏会形式》
2017年4月13日(木) 19時 東京文化会館 大ホール
〜想いはいま、千三百年の時を超えて〜
千住明:オペラ「万葉集」 明日香風編、二上山挽歌編(演奏会形式)

作曲:千住 明
台本:黛 まどか
指揮:藤岡 幸夫

額田王、大伯皇女:市原 愛(ソプラノ)
鏡王女、持統天皇:富岡 明子(メゾ・ソプラノ)
中大兄皇子(天智天皇)、草壁皇子:中嶋 克彦(テノール)
大海人皇子(天武天皇)、大津皇子:与那城 敬

合唱:東京シティ・フィル・コーア(合唱指揮:藤丸 崇浩)

チケット料金: 1回券 S席¥7,500 A席¥6,300 B席¥5,000 C席¥4,000 プラチナ・チケット(60才以上)S席¥6,500 A席¥5,300
U20(小学生〜20歳)¥1,500  U30(21〜30歳)¥2,500
※U20、U30ともに座席指定不可。

お問合せ:03-5624-4002
東京シティフィルハーモニック管弦楽団
公演についての詳細: http://www.cityphil.jp/concert/detailmanyoshu.html
チラシ画像(JPG・JPG)

東京シティフィルハーモニック管弦楽団
http://www.cityphil.jp/


ペー ジトップへ ▲

2017年3月31(金)
東京混声合唱団定期演奏会 指揮者 若手:鬼原良尚とベテランの松原千振で 合唱音楽の究極を! 「インタビュー@クラシック」で鬼原良尚!
指揮:鬼原良尚
指揮:鬼原良尚
指揮:松原千振
指揮:松原千振

東京混声合唱団第243回定期演奏会で若手:鬼原良尚(指揮)と合唱音楽のベテラン:松原千振(指揮)でそれぞれの持ち味を生かして合唱音楽の究極を求めるコンサートを目指している。  

指揮の鬼原良尚はオーストリーのグラーツで学び、歌劇場でのポジションを得てウイーン合唱音楽の「今」を体感するコンサートをめざす。彼は2014年「若い指揮者のための合唱指揮コンクール」で第1位を得て今回の指揮のチャンスを手にした。「インタビュー@クラシック」で若手の鬼原良尚がこのコンサートの狙いを 語る。! 

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1139html

松原千振は合唱王国フィンランドで学び、北欧の合唱界に大きな役割を果すなど活躍してきた。北欧の音楽に向ける思いはたの追随を許さない。ラウタヴァーラが先日逝去してその追悼に無伴奏ミサを演奏する。永年交流のあったラウタヴァーラに対する想いは多くの去来するものがあっただろう。


コンサート情報
《東京混声合唱団第243回定期演奏会》

《東京混声合唱団第243回定期演奏会》
2017年4月28日(金)19時 第一生命ホール

指揮:鬼原良尚、:松原千振
打楽器:會田瑞樹

曲目 

指揮:鬼原良尚

  • ヴォルフ:6つの宗教的歌曲より
  • ガーデンシュテッター:ロックドイン
  • 三ッ石潤司:祈り―2016 −委嘱初演−
  • シェーンベルク:地上の平和

指揮:松原千振

  • ラウタヴァーラ:無伴奏ミサ曲
  • ヴィカンデル:ユリの花、谷間の王
  • マデトヤ:春の夢
  • グリーグ:春

チケット:全席自由 一般4,500円 学生1,500円
お問い合わせ:東京混声合唱団:03-3200-9755
詳細: http://toukon1956.com/concerts/cn_170428.html
チラシ(PDF/1.32MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

東京混声合唱団
http://toukon1956.com/


ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |