クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2017/7/4〜 7/10]
2017年7月9(日)
ピアノ:イリーナ・メジューエワ コンサート活動20周年にあたり3回のリサイタル!
ピアノ:イリーナ・メジューエワ
ピアノ:イリーナ・メジューエワ

早いものでピアノ:イリーナ・メジューエワが活動を始めて20周年、このたび東京文化会館小ホールで2017年8月にオール・ベートーヴェンで、11月にオール・ショパン、2018年2月にリスト、メトネル、ラフマニノフといったお得意の曲目で集中的に3回のコンサートを開く。 「インタビュー@クラシック」でリサイタルにあたり心に去来するものを語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1162.html

7年前から京都に住み、古都のたたずまいから受ける精神的な影響についても話題になる。

自分の中のピアノ音楽に3本柱があって、それを一つずつ取り組んでゆくという構想である。20周年に向けてCD製作の話題にも触れる。


コンサート情報
《イリーナ・メジューエワ 日本デビュー20周年記念》

《イリーナ・メジューエワ 日本デビュー20周年記念》

イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル 2017 VOl.1
●2017年8月26日(土)14時 東京文化会館 小ホール.

  • オール・ベートーヴェン
  • ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 Op.90
  • ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
  • ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
  • ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 Op.111

イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル 2017 Vol.2
●2017年11月18日(土)14時 東京文化会館 小ホール.

オール・ショパン

  • 5つのマズルカ 嬰ハ短調 Op.6-2、イ短調 Op.17-4、変ロ短調 Op.24-4 ほか
  • ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」
  • 子守歌 変ニ長調 Op.57
  • ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58

イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル 2018 Vol.3
●2018年2月24日(土)14時 東京文化会館 小ホール.

  • リスト:告別(ロシア民謡)S251
  • リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S178
  • メトネル:「忘れられた調べ」より 5曲
  • ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36 (1931年版)

全席指定 一般¥5,000 学生¥3,000
2公演セット券 ¥9,000
3公演セット券 ¥12,000
アイエムシーミュージック:03-6907-2535
東京文化会館チケットサービス:
イープラスhttp://epls.jp
チラシ(PDF/3.75KB)
※こちらのPDFを印刷して、チラシとしてご利用頂けます。

◆新譜CD情報:
《展覧会の絵》〜りゅーとぴあライヴ2016 イリーナ・メジューエワ

《展覧会の絵》〜りゅーとぴあライヴ2016 イリーナ・メジューエワ
☆メジューエワ日本コンサートデビュー20周年記念リリース、第2弾
日本屈指の音響を誇るコンサートホールに華麗なスタインウェイ・サウンドが響き渡る
レコード芸術2017年7月号 特選CD

Disc-1

  • ウェーバー:舞踏への勧誘
  • リスト:メフィスト・ワルツ第1番 「村の居酒屋での踊り」
  • ワーグナー(リスト編曲):イゾルデの愛の死
  • ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
  • ラヴェル:道化師の朝の歌

Disc-2

  • ムソルグスキー:組曲 《展覧会の絵》
  • プロコフィエフ:「束の間の幻想」 op.22 より 第3番 & 第14番
  • スクリャービン:プレリュード op.74-1
  • ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
  • シューベルト(リスト編曲):連祷
  • メトネル:おとぎ話 変ロ短調 op.20-1
  • ショパン:マズルカ 嬰ハ短調 op.6-2
  • ショパン:ワルツ ロ短調 op.69-2

録音:2016年12月3日、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホールにおけるライヴ録音

WAKA-4201〜02(2枚組) 販売価格¥3,700(送料・梱包・税込)
96kHz-24Bit録音 2017年5月20日発売

お問合せ:0765-22-2399
若林工房
http://www.waka-kb.com/cd/


ペー ジトップへ ▲

2017年7月6(木)
野島稔ピアノリサイタル 木曽町福島の木曽町文化交流センターで開催!
ピアノ:野島稔
ピアノ:野島稔

ひさびさにピアノの野島稔のリサイタルが聴ける。木曽町文化交流センターが落成して7月8日(土)16時から同ホールで開かれる。

なかなか野島稔のリサイタルを聴く機会がないのでこの際、木曽町までわざわざ聴きに出かける価値がある。

彼はここ数年前から木曽音楽祭に出演して室内楽のアンサンブル奏者としてとてもその重みを示すコンサートを聴かせていた。その縁でこのコンサートが実現したもの。


コンサート情報
《野島 稔ピアノリサイタル 開館記念》

《野島 稔ピアノリサイタル 開館記念》
2017年7月8日(土)16時  木曽町文化交流センター 

<オール・ベートーヴェン・ソナタ・プログラム>

  • ピアノソナタ 第19番 ト短調 op.49-1 
  • ピアノソナタ 第11番 変ロ長調 op.22 
  • ピアノソナタ 第13番 変ホ長調 op.27-1 
  • ピアノソナタ 第32番 ハ短調 op.111

入場料:2,000円
お問合せ:0264-23-2000
木曽町教育委員会
チラシ(PDF/890KB)
※こちらのPDFを印刷して、チラシとしてご利用いただけます。


ペー ジトップへ ▲

2017年7月6(木)
【狛江発】《二期会合唱団が贈るVIVA、コーラス》
指揮:松本 宰二
指揮:松本 宰二

エコルマホールがプランニングした歌の魅力を楽しむコンサートが開かれる! 《二期会合唱団が贈るVIVA、コーラス》過去に東京混声合唱団、藤原歌劇団合唱部を迎えて行ったこの「VIVA、コーラス」の企画、今回は二期会合唱団を迎える。

歌の魅力をあらゆる角度から引き出し、二期会が得意とする、ドイツ・オペラ合唱曲からワーグナーの合唱曲やドイツ歌曲のあれこれ、後半にはオペラ「魔笛」のダイジェストなど、歌の魅力を引き出す興味あるプロジェクトである!

二期会合唱団とワーグナーの合唱曲を本公演で一緒に歌う公募合唱団も参加する。

《ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン ヨコハマ2017》

コンサート情報
《二期会合唱団が贈るVIVA、コーラス》

《二期会合唱団が贈るVIVA、コーラス》
●2017年7月16日(日)14時 エコルマホール

指揮:松本 宰二
合唱:二期会合唱団
共演:エコルマ合唱団(公募による合唱団)

曲目

  • J.シュトラウスU世:喜歌劇『こうもり』より「開幕の合唱」
  • ワーグナー:歌劇『さまよえるオランダ人』より「糸紡むぎの合唱」
  • 歌劇『タンホイザー』より「巡礼の合唱」

≪詩の朗読&ドイツ歌曲≫

  • モーツァルト:「すみれ」 シューベルト:「楽に寄す」 シューマン:「献呈」
  • R.シュトラウス「献呈」 ブラームス「愛の歌」より
  • ワーグナー:歌劇『ローエングリン』より「婚礼の合唱」
  • モーツァルト:歌劇『魔笛』抜粋(ダイジェスト版・日本語上演)

全席指定 一般¥3,500  高校生¥1,000(当日要学生証)
チラシ(PDF/683KB)
※こちらのPDFを印刷して、チラシとしてご利用頂けます。

狛江エコルマホール
http://www.ecorma-hall.jp/

ペー ジトップへ ▲

2017年7月5(水)
新譜紹介:《ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 作品103 「1905年」 井上道義(指揮) 大阪フィルハーモニー交響楽団》
《ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 作品103 「1905年」 井上道義(指揮) 大阪フィルハーモニー交響楽団》

《ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 作品103 「1905年」 井上道義(指揮) 大阪フィルハーモニー交響楽団》

井上道義(指揮)
大阪フィルハーモニー交響楽団

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 作品103 「1905年」

  1. The Palace Square
  2. The 9th of January
  3. in Memoriam
  4. The Tocsin

録音:2017年2月17、18日 大阪・フェスティバルホールにてライヴ収録
価格 3,000(税別)  OVCL-00627 株式会社オクタヴィア・レコード

井上道義が大阪フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者のポジションを3年間務め、このたび離任した。その最後を締めくくる2月の定期のライブが、このたびCD化された。まさにタイムリーなリリースと言えよう。 彼の在任中の素晴らしい結果が、ここに鮮やかに明示されている。 

ショスタコーヴィッチは、井上にとってひときわ愛着深いレパートリーであり、この交響曲第11番も高い評価を得るであろう。 大阪フィルも、スキのない熱演を見せ、井上の高度な要求に見事に応えている。

フェスティバルホールも新しくなり、コンサートホールとしての響きも格段に良くなった。

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |