クラシックニュース please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2017/12/26〜 2018/1/1]
2017年12月30(土)
新譜CD紹介《萩原貴子 フルート・ソナタ集  プロコフィエフ・フランク・ライネッケ 斎藤雅広(ピアノ)》
《萩原貴子 フルート・ソナタ集 プロコフィエフ・フランク・ライネッケ 斎藤雅広(ピアノ)》

《萩原貴子 フルート・ソナタ集 プロコフィエフ・フランク・ライネッケ 斎藤雅広(ピアノ)》

フルート:萩原貴子
ピアノ:斎藤雅広

  • プロコフィエフ:フルート・ソナタ ニ長調 Op.94
  • フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 (フルートとピアノ編)
  • ライネッケ:フルート・ソナタ 「ウンディーネ」 Op.167

録音:2016年11月7日〜9日 港南区民文化会館「ひまわりの郷」録音セッション
WWCC-7840 \2,500 +税   2017年6月25日発売 ナミレコード
http://www.nami-records.co.jp/archive/201707.html

フルートの萩原貴子が新譜CDをリリースした。彼女は東京芸大を出てミュンヘン国立大学に留学する。その後、東京芸大の大学院を修了した。第61回日本音楽コンクールのフルート部門では最年少で優勝するなどのキャリア―がある。

彼女はソロ演奏のほか室内楽や後進の指導にも力を注いでいる。このCDでは彼女の多彩な音楽作りと、センスに富んだ演奏を楽しめる。パートナーのピアノの斎藤雅広も才能豊かで、見事なアンサンブルを聴かせてくれる。

フルートの重要なソナタを正面から向き合う姿勢がうかがえ好感がもてる。

ペー ジトップへ ▲

2017年12月29(金)
指揮者:角田鋼亮 大阪フィル2018年1月定期演奏会 デビュー! 「インタビュー@クラシック」で語る!
指揮者:角田鋼亮
(c)武藤章
指揮者:角田鋼亮
(C)大杉隼平
指揮者:角田鋼亮

俊英指揮者:角田鋼亮 大阪フィルハーモニー交響楽団2018年1月定期 演奏会でデビューする。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1193.html

角田鋼亮は東京芸大を卒業して、ベルリンに留学第4回カラヤン・コンクで第2位、第3回マーラーコンクールで最後の6人に選ばれるなどの成果があった。『コンツェルトハウスオーケストラ・ベルリン』、『ブランデンブルク交響楽団』、『上海歌劇院管弦楽団』などの海外オケを指揮している。国内の主要オケとの共演を重ね、2015 年よりセントラル愛知交響楽団指揮者、2016年より大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任した。また2018年からは仙台フィルの指揮者になる予定である。

2018年1月18・19日フェスティバルホールで大阪フィルの定期を指揮するという重責を担っている。

ソリストにヴァイオリンの竹澤恭子と彼女の十八番といえるコルンゴルドのVn協奏曲を協演、マーラーの交響曲第1番「巨人」を指揮する。


大阪フィル(c)飯島隆.

角田鋼亮
http://kosuketsunoda.com/

コンサート情報
【リクレアツィオン・ダルカディア】古楽アンサンブル 《新春を古楽器で愉しむヴィヴァルディの「四季」》

大阪フィルハーモニー交響楽団
《大阪フィルハーモニー交響楽団 第514回定期演奏会》
2018年1月18日(木)・19日(金) 19時  フェスティバルホール

指揮:角田鋼亮
ヴァイオリン:竹澤恭子

  • コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
  • マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

料金(全席指定・税込):A席:6,000円 B席:5,000円 C席:4,000円 学生席(3階席):1,000円 BOX席:7,000円
お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター:06-6656-4890
フェスティバルホール チケットセンター:06-6231-2221
チケットぴあ:0570-02-9999 【Pコード:333-996】
e+(イープラス) http://eplus.jp/
タワーレコード梅田大阪マルビル店:06-6343-4551(店頭販売のみ)
チラシ(PDF/670KB)
※こちらのPDFを印刷して、チラシとしてご利用頂けます。


・角田鋼亮 大阪フィルとのその他のコンサート
@《名曲シリーズ 大阪フィルxザ・シンフォニーホール ソワレ・シンフォニーVol.11》
2018年5月24日(木)19時 ザ・シンフォニーホール

指揮:角田鋼亮
ヴァイオリン:川久保 賜紀
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

曲目

  • ベートーヴェン:劇音楽「シュテファン王」序曲
  • チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
  • ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」

料金(全席指定・税込):A席5,000円 B席3,000円 発売日:2018年2月27日(火)


A《京都特別演奏会》
2018年10月6日(土) 15時 京都コンサートホール 大ホール

指揮:角田鋼亮
ヴァイオリン:服部百音

  • モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲
  • チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
  • ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

料金(全席指定・税込): 一般価格 S席5,000円、A席4,000円、B席3,000円 学生価格(25歳以下)S席2,500円、A席2,000円、B席1,500円
お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター:06-6656-4890
http://www.osaka-phil.com/

◆その他のオーケストラ:仙台フィルハーモニー管弦楽団
《仙台フィル 名曲コレクション」ニューイヤーコンサート》
●2018年1月6日(土) 15時  盛岡市民文化ホール 大ホール
●2018年1月7日(日) 15時  福島市音楽堂
●2018年1月8日(月・祝)15時 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール

指揮:角田 鋼亮
仙台フィルハーモニー管弦楽団

  • J.シュトラウスII:喜歌劇「こうもり」序曲
  • J.シュトラウスII:ポルカ「雷鳴と電光」
  • ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ「鍛冶屋」
  • J.シュトラウスII:エジプト行進曲
  • J.シュトラウスII:ワルツ「ウィーン気質」
  • チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

全席指定 S席:¥4,000(学生¥2,500) A席:¥3,500(学生¥2,000) B席:¥3000(学生¥1,500)
※B席は盛岡・いわき公演のみ
※当日券は¥500増し
お問合せ:仙台フィルサービス 022-225-3934
詳細:https://www.sendaiphil.jp/concerts/?concert_month=2018/01

●2018年1月9日(火)18時 仙台・電力ホール 
《第33回 藤崎ニューイヤーコンサート2018》

指揮:角田 鋼亮
仙台フィルハーモニー管弦楽団

  • J.シュトラウスII:喜歌劇「こうもり」序曲
  • J.シュトラウスII:ポルカ「雷鳴と電光」
  • ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ「鍛冶屋」
  • J.シュトラウスII:エジプト行進曲
  • J.シュトラウスII:ワルツ「ウィーン気質」
  • チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

チケット
一般・S席(前売券):¥3,800 一般・S席(当日券):¥4,200  
一般・A席(前売券):¥3,300 一般・A席(当日券):¥3,700  
学生席  (前売券):¥2,200  学生席(当日券):¥2,500
お問合せ:藤崎百貨店 022-261-5111

ペー ジトップへ ▲

2017年12月29(金)
新譜CD紹介:《阿部裕之(ピアノ) ラヴェル:ピアノソロ作品全集》 〜さすがラヴェルに定評のヴェテランの真価を味わう〜
《阿部裕之(ピアノ) ラヴェル:ピアノソロ作品全集》

オーソリティによる集大成 11月25日発売!
《阿部裕之(ピアノ) ラヴェル:ピアノソロ作品全集》

[Disc-1]

  • グロテスクなセレナード
  • 水の戯れ
  • ソナチネ

[Disc-2]

  • 古風なメヌエット
  • メヌエット 嬰ハ短調
  • ハイドンの名によるメヌエット
  • プレリュード/風に/シャブリエ風に/ボロディン風に
  • 夜のギャスパール
  • 高雅で感傷的なワルツ

[Disc-3]

  • 亡き王女のためのパヴァーヌ
  • パレード
  • クープランの墓
  • ラ・ヴァルス (ピアノ・ソロ)

2016年3月24・25日 4月26・27日 滋賀県高島市ガリバーホール
NAMI Records  WWCC-7853〜55(3枚組) \4,500 +税
http://www.nami-records.co.jp/archive/201712.html  

阿部裕之
http://www012.upp.so-net.ne.jp/hiroyukiabe/

ピアノの阿部裕之は京都市立芸術大学の教授として後進の指導に力を注いでいるせいか、近頃、阿部の演奏を聴く機会に恵まれていない。

この新譜CDで、ひさびさに彼の素晴らしいラヴェルに向き合うことができた。このたびリリースしたCDは彼のよさが集約している感じである。これまで1996〜97年と2008年にラヴェルのピアノ曲全曲演奏会を開いて大好評だった。まさにそれをうらずけているような演奏だ。力あるヴェテランの真価を楽しめることができる。

パリに留学して、ペルルミュテールにラヴェルの作品を集中的に学んだ。

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |