クラシックニュース please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2018/2/6〜 2/12]
2018年2月12(火)
ソプラノ:山内房子が魅かれる童話作家・新美南吉の世界/「赤い蝋燭」を歌う! 作曲家でピアニストの寺嶋陸也に委嘱!新作歌曲コンサート! 「インタビュー@クラシック」で!
ソプラノ:山内房子
ソプラノ:山内房子

ソプラノの山内房子が興味を抱いてきた童話作家・新美南吉の作品から詩と童話を選び、ピアニストで作曲家の寺嶋陸也に歌曲を委嘱した。寺嶋はこれまでにも新美南吉の詩を合唱曲にするなど、南吉作品と関わってきた。

このたび新美南吉/寺嶋陸也の新作歌曲によるリサイタルを開く。「インタギュー@クラシック」で!

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1200.html

新美南吉は愛知県の知多半島の出身で「ごんぎつね」や「手袋を買いに」などの児童文学で知られる作家である。山内房子は知多半島の向かいの渥美半島で生まれ育ち、南吉の作品には子供の頃の心象風景が重なると言う。

コンサートを通じて「ごんぎつね」とはまた違う南吉の世界を聴衆に伝えたいと願っている。

《新実南吉作品と音楽/寺嶋陸也新作歌曲 「赤い?燭」》

コンサート情報

2018年2月24日(土)18時 JTアートホール アフィニス
《新実南吉作品と音楽/寺嶋陸也新作歌曲 「赤い?燭」》

山内房子 ソプラノ
寺嶋陸也 ピアノ

童話作家・新美南吉
童話作家・新美南吉
ピアノ:山内房子
ピアノ:寺嶋陸也

演奏曲目
寺嶋陸也 曲/新美南吉 詩

  • 「赤い蝋燭」
  • 「お伽噺」
  • 「貝殻」
    ほか

全席自由4000円
お問合せ:オフィスアルシュtel.03-3565-6771 www.officearches.com
チケット取扱い:イープラス http://eplus.jp/sys/T1U14P002246501P0050001
後援:新実南吉顕彰会
写真提供:新実南吉記念館 

ペー ジトップへ ▲

2018年2月12(火)
新譜CD紹介:《ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」 青柳いづみこ、高橋悠治(ピアノ連弾)》
《ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」 青柳いづみこ、高橋悠治(ピアノ連弾)》

《ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」 青柳いづみこ、高橋悠治(ピアノ連弾)》

ストラヴィンスキー

  • バレエ音楽『春の祭典』(ピアノ連弾版)
  • バレエ音楽『ペトルーシュカ』(ピアノ連弾版)
  • 3つのやさしい小品
  • 青柳いづみこ、高橋悠治(ピアノ連弾)

録音時期:2017年6月27-29日 録音場所:東京、五反田文化センター音楽ホール
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)SACD Hybrid
発売元:株式会社アールレゾナンス  RRSC-20003 ハイブリッドディスク  オープン価格

ストラヴィンスキーの「春の祭典」、「ペトルーシュカ」をカップリングしたCDをこのたびリリースした。

まったく違った個性のピアニスト:青柳いづみこと高橋悠治による異色の連弾である。このような曲であるだけに面白さを痛感する。ソロでは味わえない魅力である。お互いに相手との微妙なやり取りに触発される部分もあっただろう。たいへん興味深いCDが出来上がった。

集中力にあふれた緊張感の極めて高い演奏で、変拍子に対してもフレキシブルな反応でのぞんでいる。それぞれの立場で作品に対する鋭い洞察力で眺めている。

青柳いづみこはフランス音楽の研究や演奏で、執筆やコンサートにエネルギーを注いでいる。高橋悠治も作曲家としての独特の世界を持っており、ピアニストそしてもユニークな活動をしている。

ペー ジトップへ ▲

2018年2月10(土)
「活弁」(活動写真弁士)がナビゲートしてオペラコンサートの魅力! 実力ある藤原歌劇団歌手による「椿姫」、「カルメン」の世界へ!

現役の若手活弁(活動写真弁士)片岡一郎がオペラコンサートの世界にナビゲートする。

「椿姫」、「カルメン」といったなじみのオペラを実力ある藤原歌劇團の歌手によるコンサートである。3月4日(日)午後2時 世田谷区民館ホールで開かれる。

活弁:片岡一郎は無声映画の「語り部」として第一線で活躍している。活弁の登場は「椿姫」、「カルメン」といったオペラはまさにその内容の盛り上げにピッタリした存在である。歌手も藤原オペラの実力ある人材で期待が寄せられる。

活動写真弁士:片岡一郎
活動写真弁士
片岡一郎
   
ソプラノ:佐藤亜希子
ソプラノ:佐藤亜希子
ソプラノ:田村麻子
ソプラノ:田村麻子
メゾ・ソプラノ:丹呉由利子
メゾ・ソプラノ
丹呉由利子
テノール:澤ア一了
テノール:澤ア一了
バリトン:清水良一
バリトン:清水良一
ピアノ:仲田淳也
ピアノ:仲田淳也

コンサート情報
佐藤豊彦 バロックリュートリサイタル》「せせらぎ」 シャコンヌ集 SESERAGI Chaconne

《オペラ「椿姫」、「カルメン」を活動写真弁士のナビゲートで!オペラ歌手の豪華な祭典!》
2018年3月4日(日)14時 世田谷区民会館ホール

ヴェルディ「椿姫」&ビゼー「カルメン」より!

活動写真弁士:片岡一郎
ソプラノ:佐藤亜希子
ソプラノ:田村麻子
メゾ・ソプラノ:丹呉由利子
テノール:澤ア一了
バリトン:清水良一
ピアノ:仲田淳也

料金: 一般3,000円 児童・生徒・学生1,500円(全自由席)
チケット:チケットぴあ 0570-02-9999Pコード:102-596
世田谷区民会館管理事務所 03-5432-2837
三茶しゃれなあどホール1階受付 03-3411-6636
お問い合わせ:03-3709-5951(松本記念音楽迎賓館)
主催:公益財団法人音楽鑑賞振興財団/叶「田谷サービス公社協賛:パイオニア株式会社
チラシ(PDF/2.4MB)
※こちらのPDFを印刷しチラシとしてご利用頂けます。

ペー ジトップへ ▲

2018年2月10(土)
CD紹介:「林光指揮・ピアノ・編曲による 日本抒情歌曲集(全曲)合唱  東京混声合唱団」
林光 指揮・ピアノ・編曲による 日本抒情歌曲集(全曲)/東京混声合唱団》

林光 指揮・ピアノ・編曲による 日本抒情歌曲集(全曲)/東京混声合唱団》

  • 荒城の月(土井晩翠:詩・滝廉太郎:曲)
  • 箱根八里(鳥居 忱:詩・滝廉太郎:曲)
  • からたちの花(北原白秋:詩・山田耕筰:曲)
  • 中国地方の子守歌(日本民謡・山田耕筰:曲)
  • 城ケ島の雨(北原白秋:詩・梁田 貞:曲)
  • 椰子の実(島崎藤村:詩・大中寅二:曲)
  • 浜辺の歌(林 古渓:詩・成田為三:曲)
  • お菓子と娘(西条八十:詩・橋本国彦:曲)
  • ちんちん千鳥(北原白秋:詩・近衛秀麿:曲)
  • 叱られて(清水かつら:詩・弘田龍太郎:曲)
  • カチューシャの唄(島村抱月・相馬御風:詩・中山晋平:曲)
  • 野の羊(大木惇夫:詩・服部 正:曲)
  • 早春賦(吉丸一昌:詩・中田 章:曲)
  • 鉾をおさめて(時雨音羽:詩・中山晋平:曲)
  • ペチカ(北原白秋:詩・山田耕筰:曲)
  • 曼珠沙華(北原白秋:詩・山田耕筰:曲)
  • 待ちぼうけ(北原白秋:詩・山田耕筰:曲)
  • かやの木山の(北原白秋:詩・山田耕筰:曲)
  • ゴンドラの唄(吉井 勇:詩・中山晋平:曲)
  • この道(北原白秋:詩・山田耕筰:曲)
  • 死んだ男の残したものは(谷川俊太郎:詩・武満 徹:曲・林 光:編曲)

林 光 指揮・ピアノ・編曲・お話
東京混声合唱団

録音:2011年6月19日 かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール
東京混声合唱団創立55周年記念特別演奏会 ライヴ録音
FOCD9561/2 [2CD]  定価3,150円(税抜価格3,000円)

フォンテック:
http://www.fontec.co.jp/store/blog/2012/08/FOCD9561-2.html

林光さんが亡くなったのは2012年1月5日。あれから6年過ぎた。

今夜は林さんのピアノと指揮によるCDを聴く。タイトル「林光 指揮・ピアノ・編曲による日本抒情歌曲集」合唱はもちろん東京混声合唱団である。そしてこのCDは「東京混声合唱団創立55周年記念特別演奏会ライブ録音」なのである。私は当時東京混声合唱団事務局としてこの演奏会のお手伝いをしたのだがこの演奏会CDであらためて聴いてみると新しい発見をしたのでそれを記しておきたい。

東京混声合唱団のこの抒情歌集は創立まもないころから今日まであらゆる演奏会のたびに歌われてきたいわば大切なレパートリーである。この全21曲を林さんのピアノで東京混声合唱団は2011年6月19日かつしかシンフォニーヒルズで歌った。このライヴCDをなんども聴くうちにすっかりこれが演奏会そのものであるような気がしている。途中で林さんのお話が入るのも楽しい。

そしてもっと驚かされることがある。それはソロのある曲は21曲のうち8曲あるのだが、その演奏についてである。ふつうこれらのような大事なソロがある場合録音にもいくつかの方法で完璧さをもとめるのだがこの録音はステレオマイク一本だけなのである。これは実はすごいこなのだ。そして録音も本番1回きり。にもかかわらず合唱団は2時間の演奏がほぼ完ぺきなのである。心意気だけではできないすばらし い演奏技術なのである。「カチューシャの唄」では演奏後には客席から掛け声も飛んでいた。身内ではあるがこれらのソロを含んだ作品のできに東京混声合唱団らしさを感じてこの完成度にはつくづく感心した。

小林信一:ライター(合唱音楽)

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |