クラシックニュース please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |
[クラシック・ニュース 2018/3/6〜 3/12]
2018年3月12(月)
ヴァイオリン:植村理葉 ピアノの江尻南美と「フランスの香りとドイツ のロマン」をテーマにリサイタル!「インタビュー@クラシック」で!
ヴァイオリン:植村理葉
ヴァイオリン:植村理葉
ピアノの江尻南美
ピアノ:江尻南美

ベルリンと東京を中心に活動するヴァイオリンの植村理葉と、フランクフルトに拠点のあるピアにスト:江尻南美と東京と京都でリサイタルを開く。二人はドイツでもコンサートを共演している。 コンサートのコンセプトに「フランスの香りとドイツのロマン」をテーマにした。「インタビュ―@クラシック」Vn:植村理葉、Pf:江尻南美との会話も聞ける。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1204.html

植村理葉はこれまでの海外でのオーケストラとの共演やソロ、室内楽の活動についての話題が出る。ピアノの江尻南美とはこれまでブラームスチクルスで共演した関係で、1月にもドイツのカッセルで演奏会を行った。

ベルギーに生まれ24歳で夭逝したルクーのソナタとフランスの音楽に影響を受けた武満徹の「妖精の距離」を前半に演奏、クララ、ロベルト・シューマン夫妻のそれぞれの作品と、シューマン夫妻と親交の深かったブラ
ームスの曲を演奏する。対照して「フランスの香りとドイツのロマン」を楽しめる。

植村理葉
http://www.geocities.jp/riyo_uemura/
江尻南美
http://www.namiejiri.com/index.php/jp/

コンサート情報
《夕べの幻想〜詩人ヘルダーリンの世界 〜20世紀の歌曲を集めて》

《植村理葉ヴァイオリンリサイタル》
〜フランスの香りとドイツのロマン
2018年4月5日(木)19時 東京文化会館小ホール(東京・上野)

ヴァイオリン:植村理葉
ピアノ:江尻南美

  • ギョーム・ルクー:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ト長調
  • 武満 徹:妖精の距離
  • クララ・シューマン:3つのロマンス Op.22
  • ロベルト・シューマン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第2番ニ短調 Op.121
  • ブラームス:F.A.E.ソナタ より スケルツォ ハ短調

料金:全自由席 一般¥4,500、学生¥3,000
お問合せ:03-3501-5638
ミリオンコンサート協会
詳細:http://www.millionconcert.co.jp/concert/detail/2018_04/guide/180405uemura_riyo.html
東京文化会館チケットサービス TEL.03-5685-0650
e+(イープラス)
http://eplus.jp
チラシ(PDF/2.25MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

◆もう一つのコンサート

京都公演
《植村理葉 ヴァイオリンリサイタル》
〜フランスの香りとドイツのロマン〜
2018年 3月29日(木)19時 青山音楽記念館 バロックザール

植村理葉(ヴァイオリン)
江尻南美(ピアノ)

  • ルクー:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ト長調
  • 武満 徹:妖精の距離
  • C.シューマン:3つのロマンス Op.22
  • R.シューマン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 ニ短調 Op.121
  • ブラームス:F.A.E.ソナタより スケルツォ ハ短調

入場料 \3,000(一般) \2,000(学生)[全席自由]
チケット:
お問合せ:075-393-0011
青山音楽記念館 
詳細:http://barocksaal.com/concert_schedule/concert20180329.html

CD情報
《フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集/植村理葉、岡田博美》

《フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集/植村理葉、岡田博美》

演奏者

  • 植村理葉(ヴァイオリン)
  • 岡田博美(ピアノ)

G.フォーレ:

  • [1]-[4] ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13
  • [5]-[7] ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ホ短調 作品108
  • [8] 子守歌〜ヴァイオリンとピアノのための 作品16
  • [9] ロマンス ヴァイオリンとピアノのための 変ロ長調 作品28
  • [10] 月の光 作品46-2(トランスクリプション:A.ペリルー)
  • [11] アンダンテ〜ヴァイオリンとピアノのための 変ロ長調 作品75
  • [12] 無言歌 作品17-3(編曲:P.グアン)
  • [13] 子守歌〜「ドリー」より 作品56-1(トランスクリプション:E.アメル)
  • [14] シシリエンヌ 作品78

M.ラヴェル:

  • [15] フォーレの名による子守歌

録音:2016年4月/稲城市立iプラザ ホール(東京)
カメラ―タ・トウキョウ  CMCD-28331  税抜価格: 2,800円
http://www.camerata.co.jp/music/detail.php?id=1404

ペー ジトップへ ▲

2018年3月12(月)
CDレビュー:《ドルチェ・デュエロ/チェチーリア&ソル》

《ドルチェ・デュエロ/チェチーリア&ソル》

《ドルチェ・デュエロ/チェチーリア&ソル》

曲目

  1. カルダーラ:歌劇『ニトクリ』〜「運命と希望」
  2. アルビノーニ:セレナータ『曙の誕生』〜「そよ風よ、行ってキスして」
  3. ガブリエリ:オラトリオ『ボルゴーニャの王、聖シギスモンド』〜そよ風よ、私のため息を」
  4. ヴィヴァルディ:歌劇『ティト・マンリオ』RV738〜「緑のオリーブの枝で」
  5. ヘンデル:『聖チェチーリアの祝日のための頌歌』HWV76〜「音楽がかき立てたり、和らげたり出来ないのはどんな情念なのか」
  6. カルダーラ:『ムガールの皇帝ジャングイル』〜「これほど大きな高ぶりで」
  7. ヘンデル:歌劇『クレタのアリアンナ』HWV32〜「私は疲れた巡礼者のよう」
  8. .ポルポラ:セレナータ『大地の女神の菜園』〜「私に火をつけた公平な愛の神」
  9. ボッケリーニ:チェロ協奏曲第10番ニ長調G483(Op.34)

演奏:チェチーリア・バルトリ(Ms)、ソル・ガベッタ(Vc)
楽団:カペラ・ガベッタ
指揮 アンドレス・ガベッタ(兼Vn)

録音:2017年3月8〜14日 スイス・チューリヒ、福音派連合教会
会社:Decca  番号 4832473  定価:オープン価格(輸入盤)

メゾ・ソプラノのバルトリの声とガベッタのチェロとが親しげに対話を交わしたり、あるいは競ったりしながら、主にイタリア・バロックのオペラ・アリアを演奏するというユニークなコンセプトを持つCDである。それをソル・カベッタの兄アンドレスが率いる古楽器アンサルブルが、しなやかな演奏で優しく支えている。

バルトリとガベッタは一回り程の年齢の差があるとはいうものの、共に才気あふれた演奏をすることで共通している。バルトリは力強い声を駆使した弾力性に富んだ歌唱で際立っており、ヴィヴァルディの『ティト・マンリオ』などコロラトゥーラの華やかな技巧を交えて圧巻である。そしてガベッタが奏するチェロも柔軟なフレージングながら深みのある音がしている。どの曲をとってもこの二人が互いに触発しあうことによって、作品に新たな生命を吹き込んでいることは間違いない。

最後にガベッタがソロを弾くボッケリーニの協奏曲が収録されているが、これまた鮮やかなテクニックが冴えている気持ちの良い演奏である。

野崎正俊(音楽評論家)

ペー ジトップへ ▲

2018年3月9(金)
「エッセイ@クラシック」 METライブビューイング2017-18第4作 プッチーニ《トスカ》新演出を観て!

METライブビューイング2017-18 第4作 プッチーニ《トスカ》新演出

METライブビューイング2017-18 第4作 プッチーニ《トスカ》新演出 METライブビューイング2017-18 第4作 プッチーニ《トスカ》新演出

ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場で公演を終えたばかりのオペラを日本の映画館で、観る。それも大スクリーンそして映画館のハイテクを駆使した大音響で鑑賞できるという。初めての体験だったがこれがなかなかのものだと思った。私は昭和24年生まれだがテレビの普及で育ち盛りに主にNHKの番組で「舞台中継」という時間帯があった。オペラ、バレエの会場にテレビカメラを置いて中継し日本中の家庭で鑑賞する。わたしの家ではNHKの中継した「イタリアオペラ」を見たいばかりにテレビを買った。たしか「アイーダ」をはじめとするいくつかの演目をテレビでみることができた。

マリオ・デル・モナコというすごいテノールを見た最初で最後だった。そういうことの延長線上にこのライヴビューイングはある。客席を見回すとやはり3,000円以上と一般の映画料金より高いので中高年の観客が多い気がした。上映する映画はご存じプッチーニ作曲オペラ「トスカ・三幕(新演出)」である。仕事を始めた1973年ごろイタリアオペラで「トスカ」が演目に入れられておりカヴァイヴァンスカ歌手トスカを演じ初来日で見事な歌唱だった。私は彼女の楽屋から打ち上げ会場までエスコートした懐かしい記憶がある。

今回のメトの撮影は自在に移動する吊カメラが舞台の展開を克明に追い一方表情をアップで撮るカメラが歌い手の汗までも写しと るという黒澤明の映画の迫力。今日の聴衆の何割かは二期会や藤原のオペラ、新国立歌劇場の生の舞台をみたいと思うだろう。この7月には新国立歌劇場で「トスカ」が上演される。とにかく3千円程度でほぼそっくり最高のものを見られるという機会を逸したくない。少年時代テレビを通じて知った舞台芸術の遺産をいまこうして手にすることができるのだ。

 2018.2.21 小林信一(音楽ライター)

ペー ジトップへ ▲

2018年3月8(木)
ヴァイオリン:桐山建志の活動を聞く「インタビュー@クラシック」で!
ヴァイオリン:桐山建志
ヴァイオリン:桐山建志

《大江戸バロック》はヴァイオリンの桐山建志と、チェンバロの大塚直哉と組んでさまざまなバロック音楽に取り組んできた。

また桐山が中心となって活動してきた「松本バッハ祝祭アンサンブル」について、ほかCDの事や、その後のコンサートについての話題を聞いた。「インタビュー@クラシック」で語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1203.html

これまでヴァイオリンの桐山建志とチェンバロの大塚直哉の二人で「大江戸バロック」という名称で活動してきた。これからのプロジェクトはバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲と、ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ全曲を3回のコンサートにわけて演奏する。
 
「松本バッハ祝祭アンサンブル」は2007年、松本市市制施行100周年を記念して桐山建志を中心に結成、バッハの名曲で公演を重ねてきた。つぎの第6回目のコンサートで区切りをつけて、最終公演となる。これまでにバッハの「管弦楽組曲」、「ブランデンブルク協奏曲」、「フーガの技法」、「ロ短調ミサ」、「マニフィカート」と演奏してきた。今回はバッハの「コーヒー・カンタータ」をメインに、カンタータによるコンサートである。「コーヒー・カンタータ」は流行りのコーヒーが大好きな娘と、頑固おやじのやりとりが面白い。真面目なばかりのバッハと思えないユーモラスなやり取りを楽しむことができる。

10月にはピアノの小倉貴久子とバッハの無伴奏ヴァイオリン作品全曲をシューマンの編曲による伴奏つきのコンサートを計画している。中堅奏者として、意欲に富んだ活動ぶりを示している。新譜CDの情報にも触れる。ベートーヴェンのソナタ第9番(クロイツェル・ソナタ)をピリオド楽器と現代のピアノにあわせて、ヴァイオリンもその時代の楽器で演奏するという試みのCDをリリースした。

コンサート情報
《夕べの幻想〜詩人ヘルダーリンの世界 〜20世紀の歌曲を集めて》

《大江戸バロック2018》
2018年3月31日(土)19時 日本聖書神学校礼拝堂
アクセスマップ
http://www.jbts.ac.jp/access.html 

桐山建志:バロック・ヴァイオリン
大塚直哉:チェンバロ

<第1回>

  • 無伴奏ソナタ第1番BWV1001
  • オブリガートソナタ第6番BWV1019
  • 無伴奏パルティータ第1番BWV1002
  • オブリガートソナタ第1番BWV1014

各回共 全席自由 一般4000円/学生2000円
お問合せ:03-3565-6771
オフィスアルシュ www.officearches.com
チケット取扱い イープラス http://eplus.jp
東京古典楽器センターtel.03-3952-5515
チラシ(PDF/1.22MB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

〜《大江戸バロック》 今後のコンサートの予定!〜

<第2回>(9/21 近江楽堂)

  • 無伴奏ソナタ第2番BWV1003
  • オブリガートソナタ第2番BWV1015
  • 無伴奏パルティータ第2番BWV1004
  • オブリガートソナタ第5番BWV1018

<第3回>(期日/会場未定)

  • 無伴奏ソナタ第3番BWV1005
  • オブリガートソナタ第4番BWV1017
  • 無伴奏パルティータ第3番BWV1006
  • オブリガートソナタ第3番BWV1016
《松本バッハ祝祭アンサンブル Y 〜コーヒー・カンタータ〜》

《松本バッハ祝祭アンサンブル Y 〜コーヒー・カンタータ〜》
2018年5月6日(日)15時 松本市音楽文化ホール ザ・ハーモニーホール

J.S.バッハ:

  • カンタータ第54番「罪に断固立ち向かうべし」BWV 54 
  • カンタータ第184番「待ち望みし喜びの光よ」BWV 184
  • カンタータ第211番「おしゃべりはやめて、お静かに」BWV 211(コーヒー・カンタータ)  

指揮:小林道夫
Vn.1:桐山建志、鍋谷里香、廣海史帆
Vn.2:大西律子、花崎淳生
Va.:深沢美奈、長岡聡季
Vc.:花崎薫
Cb.:桜井茂
Fl.1:北川森央
Fl.2:岩崎花保
チェンバロ:大塚直哉
ソプラノ:金成佳枝
アルト:小原伸枝
テノール:松原友
バリトン:小原浄二

入場料:全席指定 一般:4,000円 
お問合せ:0263-47-2004
松本市音楽文化ホール 
詳細:https://www.harmonyhall.jp/j.s.bach-six2018/
チラシ(PDF/547KB)
※こちらのPDFを印刷し、チラシとしてご利用いただけます。

《シューマンによるピアノ伴奏付き J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン作品全曲演奏会》

ヴァイオリン:桐山建志
ピアノ:小倉貴久子

名古屋公演:2018年10月20日(土)16:00 開演予定 宗次ホール
東京公演:2018年10月30日(火)18:30  東京文化会館小ホール

新譜情報
《ベートーヴェン クロイツェル・ソナタ 世紀を超えた2つの響き!》

《ベートーヴェン クロイツェル・ソナタ 世紀を超えた2つの響き!》

ベートーヴェン(1770-1827):

  • ピリオド楽器によるクラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 第9番イ長調《クロイツェル》 Op.47(1-3)
  • モダン楽器によるクラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 第9番イ長調《クロイツェル》 Op.47(4-6)

桐山建志(ピリオドヴァイオリン/モダンヴァイオリン)
小林道夫(フォルテピアノ) (1-3)
江川智沙穂(モダンピアノ) (4-6)

◎楽器

  • ピリオドヴァイオリン:沢辺稔 東京 1991年
    (モデル:J.ガルネリ “デル・ジェス” クレモナ 1740年)
  • フォルテピアノ:ポール・マクナルティ チェコ 2002年
    FF〜c4(モデル:アントン・ヴァルター 1800年頃)
  • モダンヴァイオリン:ジュセッペ・フィオリーニ ローマ 1925年
  • モダンピアノ:スタインウェイ D-274

録音:三芳町文化会館(コピスみよし) 2016年8月24-26日 (1-3)、2016年3月10-11日 (4-6)
コジマ録音  ALCD-1166  税抜価格2800円 2017/06/07発売
http://www.kojimarokuon.com/disc/ALCD1166.html

《くるみ割り人形/展覧会の絵 ものがたりの世界へようこそ》

《くるみ割り人形/展覧会の絵 ものがたりの世界へようこそ》

チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」(桐山建志 編曲)

  • (1-2)N 第1曲 小序曲
  • (3-4)N 第2曲 行進曲
  • (5-6)N 第3曲 金平糖の精の踊り
  • (7-8)N 第4曲 ロシアの踊り(トレパック)
  • (9-10)N 第5曲 アラビアの踊り
  • (11-12)N 第6曲 中国の踊り
  • (13-14)N 第7曲 葦笛の踊り
  • (15-16) N 第8曲 花のワルツ
  • (17)N

ムソルグスキー:展覧会の絵(桐山建志 編曲)

  • (18-19)N プロムナード
  • (20-21)N グノーム
  • (22)プロムナード
  • (23-24)N 古城
  • (25-26)N プロムナード
  • (27)テュイルリー 遊びの後の子供たちの口げんか
  • (28-29)N ビドロ
  • (30-31)N プロムナード
  • (32)卵の殻をつけたひよこのバレエ
  • (33-34)N サミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ
  • (35)プロムナード
  • (36-37) N リモージュの市場
  • (38)カタコンベ(地下を掘り抜いて作られたローマ時代のお墓)
  • (39)プロムナード(死せる言葉による死者への話しかけ)
  • (40-41)N 鶏の足の上の小屋(バーバ・ヤーガ)
  • (42)キエフの大門(ふるいロシア様式の大きな門)

※ N=ナレーション
演奏:松本市音楽文化ホールファンタジー合奏団
録音:松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール) 2016年5月4~5日
コジマ録音  ALCD-9162  税抜価格2800円 2016/09/07発売
http://www.kojimarokuon.com/disc/ALCD9162.html

ペー ジトップへ ▲

| 最新ニュース | 次に新しいニュース | さらに古いニュース | ヘッドライン一覧 |