クラシックニュースへようこそ please visit our sponser
インタビュー@クラシック
Contents
クラシックニュースへようこそ
クラシック界の最新ニュースをその日のうちにお知らせいたします。
大きなニュースはもちろん、ちょっとしたお得な情報などもたくさんあります。
[クラシック・ニュース 2016/9/27〜 2016/10/3]
2016年9月30(金)
新譜CD紹介:《鮫島明子(ピアノ) モーツァルト ピアノ名曲選》
《鮫島明子(ピアノ) モーツァルト ピアノ名曲選》《鮫島明子(ピアノ) モーツァルト ピアノ名曲選》

W.A.モーツァルト

  • ピアノ・ソナタ第16番 ハ長調 K.545
  • デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 K.573
  • ロンド ニ長調 K.485
  • アダージョ ロ短調 K.540
  • ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310
  • アダージョ ハ長調 K.356(グラスハーモニカのための)

録音:2015年12月/相模湖交流センターでのセッション
会社:ナミ・レコード 
番号:WWCC-7816
価格:\2,500 +税

http://www.nami-records.co.jp/archive/201608.html

ピアノの鮫島明子は2年くらい前にショパンのエチュードとプレリュードによるアルバムをリリースしている。たいへん好感を持って彼女の演奏を受け入れられたようだった。

モーツァルトの名曲選によるこのCDもなじみ深いい曲だけに多くの演奏者による演奏がある。それだけに演奏者にとって難しさはある。一音一音誠実で丁寧に、しかも透明感のあるタッチで巧みに紡いでゆくような感じの音作りである。彼女は桐朋学園を出て、パリのエコール・ノルマルに学んだ才媛である。

ペー ジトップへ ▲

2016年9月29(木)
CD紹介:《バッハ/フーガの技法》レイチェル・ポッジャー(Vn)、他
《バッハ/フーガの技法》レイチェル・ポッジャー(Vn)、他 《バッハ/フーガの技法》レイチェル・ポッジャー(Vn)、他

曲目:フーガの技法BWV1080
作曲:J.S.バッハ

演奏:レイチェル・ポッジャー(Vn)、ブレコン

録音:2015年12月15日〜17日 ロンドン、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会

会社:Channel Classic
番号:RCCSSA 38316
定価:3238円(輸入盤)

バッハは晩年に至るまで、フーガと対位法の作曲技法を追求した。この「フーガの技法はその集大成ともいうべき作品であるが、バッハの健康状態の悪化のために力尽き、最後の「コントラプンクトゥス14」の途中でプツンと途切れてしまい、未完に終わってしまった。最後の曲の中にBACHの姓を音に読み替えた四つの音を主題として織り込んでいるところに、バッハのこの曲にかける強い信念を感じ取ることが出来る。

二曲の「フーガ」のみ楽器はチェンバロと記されているが、その他の曲には楽器の指定がないために様々な編成で演奏される。このポッジャーが率いるブレコン・アンサンブルの演奏は、ヴァイオリン2、ヴィオラ2、チェロ1、ハープシコード1、からなるピリオド・アンサンブルの形で自由なスタイルによって演奏されている。曲順も演奏効果を意識してか若干入れ替わっているが、とりわけ弦の重奏は対位法的に美しく絡み合い、奏者の柔軟性に富んだ技巧も実に達者である。いささかの難解さもなく、バッハの音楽の真髄に率直に触れることが出来る名盤である。

野崎正俊(音楽評論家)

ペー ジトップへ ▲

2016年9月28(水)
CD紹介: 《魅惑のルネサンス・フルート〜優しい眼差し〜ソフィオ・アルモニコ》
《魅惑のルネサンス・フルート〜優しい眼差し〜ソフィオ・アルモニコ》 《魅惑のルネサンス・フルート〜優しい眼差し〜ソフィオ・アルモニコ》

「ソフィオ・アルモニコ」

ルネサンス・フルート:前田りり子/菊池かなえ/菅きよみ/国枝俊太郎
ルネサンス・リュート:佐藤亜紀子
打楽器:中村会子

ソフィオ・アルモニコ録音風景

◎曲目

  • H.イザーク:「ラ・モッラ」
  • H.v. ヒーゼヘム:「私の愛しい女は、あらゆる優れた才にたけ」
  • H.イザーク:「うら若き娘」
  • ジョスカン・デ・プレ:「最高のうちでも最高の人」
  • J.オブレヒト又はG.v.ヴェールベケ:「ラ・スタンジェッタ」
  • J.A.ダルツァ:「カラータ」
  • ジョスカン・デ・プレ:「はかりしれぬ悲しさ」
  • ジョスカン・デ・プレ:「さようなら、愛するものたちよ」
  • A.アグリコラ:「悲しみにくれる女のように」:
  • J.オブレヒト:「タンデルナーケン」
  • 作者不詳:「ブルゴーニュ人に伝えよ」
  • J.オブレヒト:「ガタガタ、ゴトゴト」
  • H.イザーク:「パレ・パレ」
  • 作者不詳:「美しい人よ、私の生命はとらわれて」
  • C.セルミジ:「あなたのそばにそっととどまり」
  • C.ジャヌカン:「優しい眼差し」
  • フランチェスコ・ダ・ミラノ編曲:「ああ、私は嘆く」
  • P.パスロー:「うちの夫はいい旦那」
  • P.アテニャン編纂:ブランル・ゲ 「あなたのえくぼをくすぐって」
  • T.スザート編纂「ロンドVI」「サルタレッロ」
  • P.サンドラン原曲 D.オルティス編曲:「甘い思い出」によるレセルカーダ 第2番
  • T.スザート編纂 ダンス集より「1000ドゥカーテン金貨」
  • G.P.d.パレストリーナ[偽作?] 第1&第6旋法によるリチェルカーレ
  • F.マスケラ:4声のためのカンツォーニ・ダ・ソナーレ第1巻 第8番
  • C.メールロ:リチェルカーレ・ダ・カンターレ 第1巻 リチェルカーレ 第13番
  • C.デ・ローレ原曲 ボヴィチェッリ編曲:「別れによって」
  • A.モルターロ:4声のためのカンツォーニ・ダ・ソナーレ第1巻 第13番「城門」


録音:2015年9月8日-12日 北の大地美術館(中札内美術村、北海道) 
会社:Regulus 
番号:RGCD-1041 
価格:2,900円+税

http://www.regulus-classics.com/index.html

ルネサンス時代のフルート音楽を演奏するために集まった4人のフラウト・トラヴェルソ奏者たちによって「ソフィオ・アルモニコ」は2008年に結成された。

ルネッサンス期の音楽に関して、まだ未知の事が多い中で彼らの深い関心から研究を重ねてその時代の繊細で流麗な美の世界をよみがえらせた。わが国でもこれから大いに関心が高まりルネッサンス期の音楽にますます目が向けられるだろう。

ペー ジトップへ ▲

2016年9月27(火)
ギター:松尾俊介 「エキノクス〜武満 徹へのオマージュ」新譜CDリリース! 「インタビュー@クラシック」で!ばんだい高原国際音楽祭でも演奏! 
ギター:松尾俊介
ギター:松尾俊介

ギター:松尾俊介が武満徹の新譜CD「エキノクス 〜武満 徹へのオマージュ」をリリースした。ばんだい高原国際音楽祭でも演奏会が開かれる。「インタビュー@クラシック」で語る。

「インタ ビュー @クラシック」
http://classicnews.jp/interview/index1108.html

松尾俊介がパリでギターを学んだ。そのころすでにパリでは武満徹がクラシックの作曲家としての位置づけられていたと語る。

10月10日には「ばんだい高原国際音楽祭」にまねかれて武満作品の演奏をする。そのほか現代ギターGGサロン、タワー・レコードのライブイヴェントを行う。などの話が聞ける。

松尾俊介
http://shunsukematsuo.com/


新譜CD情報
《エキノクス 〜武満 徹へのオマージュ〜 松尾 俊介(ギター)》

《エキノクス 〜武満 徹へのオマージュ〜  松尾 俊介(ギター)》

ギター:松尾俊介

  • 武満徹:エキノクス
  • レノン&マッカートニー(武満徹編):イエスタデイ
  • 武満徹:すべては薄明のなかで
  • ハロルド・アーレン(武満徹編):オーバー・ザ・レインボー
  • アイルランド民謡(武満徹編):ロンドンデリーの歌
  • 武満徹:フォリオス
  • 中田章(武満徹編):早春賦
  • レス・リード&バリー・メイソン(武満徹編):ラスト・ワルツ
  • 武満徹:ギターのための小品
  • サミー・フェイン(武満徹編):シークレット・ラヴ
  • レノン&マッカートニー(武満徹編):ミッシェル
  • 武満徹:森のなかで

会社:マイスターミュージック
番号:MM-3089
税込価格:3,240円(税込)

関連情報

ばんだい高原国際音楽祭 
2016年10月10日(月・祝)11時30分 福島県・猪苗代町:学びいな
武満徹没後20周年コンサート
出演:松尾俊介

  • 武満徹:ギターのための小品
  • 中田章=武満徹編:早春賦
  • レノン&マッカートニー=武満徹編:イエスタディ
  • 武満徹:エキノクス
  • アーレン=武満徹編:オーバー・ザ・レインボー
  • リード=武満徹編:ラストワルツ
  • ディアンス:トリアエラ
    1.ブラジルでの武満徹
    2.スペインがジャズに出会うとき
    3.サーカスのジスモンチ

お問合せ:024-924-1100
http://bandaikohgen.web.fc2.com/
野口英世記念ばんだい高原国際音楽祭

CD〈エキノクス〜武満 徹へのオマージュ〜〉の発売を記念して、松尾俊介のインストア・ライブ
2016年10月13日(木)19時 現代ギター社 GGサロン
お問合せ:03-3530-5342 

詳細:現代ギター社 GGサロン
http://www.gendaiguitar.com/gg_html.php?id=1051

松尾俊介/ミニライヴ&サイン会
2016年11月06日(日) 15時 タワーレコード 渋谷店 7Fイベントスペース

ペー ジトップへ ▲