「サイバー誘拐」容疑でユタ州の山中で学生発見

17歳の中国人留学生がサイバー誘拐未遂とみられる事件から無事に発見された。


ユタ州リバーデイルからの転校生、カイ・ジュアン君が木曜日、高校から行方不明になったと通報された。 ベル CNNリバーデール警察署は、この少年は「サイバー人身売買」の被害者だったと考えている。


ホストファミリーは警察に対し、水曜の夜に彼がベッドで眠り、翌朝部屋で彼の声を聞いたと話したため、彼の行方不明には気付かなかったと伝えられている。


チアンさんは日曜、警察が捜索を開始してから数時間後に山中のテントの中で発見された。 当局者らによると、男性は「生きているが、とても寒くて怖かった」のは、「テント内には暖房がなく、暖房ブランケットだけ」で、「食料と水も限られていた」からだという。


リバーデイル警察は、ユタ州の山中で仮設テントの中で17歳のツァイ・チュアン君を発見した。

リバーデール警察署


同氏はサイバー人身売買計画の被害者とされており、警察によればFBIが米国全土で展開しており、中国人留学生がオンラインで標的にされ、その家族が詐欺師に脅されているという。 ソルトレーク トリビューン 報告。


彼の家族は木曜日、警察が拉致されたと主張するチアンさんの写真とともに身代金メモを受け取ったため、家族は誘拐犯がいた店舗に8万ドルを支払うよう求められた。


日曜日に彼が山中で発見されたとき、警察は仮設テントの中で数台の携帯電話を発見し、当局は彼が撮影した写真を中国の家族に送ったと考えている。 トリビューン


警察によると、現場では医学的な懸念はなく、家族から連絡があったという。 チアンさんは「ホットチーズバーガーをリクエスト」し、警察がリバーデール駅に向かう途中でそれを受け取りに行った。


最新の犯罪報道をチェックしたいですか? サインアップ People's Free True Crime ニュースレター 犯罪ニュースの速報、現在の捜査報道、興味深い未解決事件の詳細。


チワンさんは、12月20日にサイバー誘拐犯に従うためにキャンプに行こうとしていたが、ユタ州プロボの地元警察に呼び止められ、安全を懸念してホストファミリーに返還された。 ABCニュース 報告。

READ  トヨタは依然第1位だが、リコールや認証不祥事で問題リストが増える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です