「リッチモンド北のリッチメン」1位、オリバー・アンソニーがチャートの歴史を作る – Variety

オリバー・アンソニーの大ヒット曲「リッチメン・ノース・オブ・リッチモンド」が初登場1位となった。 ビルボードホット100チャートこのシンガーソングライターは、いかなるフォーマットにおいても、これまでのチャート履歴なしで記録を破った初のアーティストとなった。

ジョイン、バウアー、キャリー・アンダーウッド、ファンタジア、クレイ・エイケンに続き、ビルボード・チャート史上初の単独Hot 100入りとなった。 1でデビューした6人目のアーティストとなる。 「リッチメン・ノース・オブ・リッチモンド」は、2022年3月と4月に5週間チャートの1位を獲得した2020年のクラス・アニマルズの「ヒート・ウェーブス」以来、初めてホット100で1位を獲得した。

「リッチモンドの北のリッチメン」は、ひげを生やしたフォークシンガーが森の中でアコースティックギターを弾きながら歌うビデオで、オンラインで広く共有され、8月17日までの追跡週に1,750万回のストリーミングを集め、14万7,000ダウンロードを売り上げた。 ルミネトあたり。 この曲の YouTube ビデオはこれまでに 3,000 万回以上再生されています。

注目すべきことに、ルミネートはこの曲のYouTubeストリームをチャートの計算に含めなかった。そのビデオがアンソニー自身のアカウントではなく、地元アーティストのプロモーションに重点を置いているアンソニーのマネージャーのアカウントにアップロードされたからだ。 しかし、この曲のデジタルダウンロード数の多さにより、チャートのパフォーマンスは向上しました。

過剰な歌詞と「肥満の搾乳福祉」に言及した歌詞で、右派からは賞賛され、左派からは批判が集まり、多くの人がこのバージニア州を拠点とする歌手を「産業工場」とみなした。

「ノース・オブ・リッチモンド」がブレイクした後にフェイスブックに投稿した声明の中で、アンソニー(本名はクリストファー・アンソニー・ランズフォード)は、急いでレコード契約を結ぶ必要はないと書いた。

「音楽業界の人たちは、私が800万ドルのオファーをはねつけると、白い目で見ます。 ツアーバス6台、トラクタートレーラー15台、ジェット機は要りません。 スタジアムでショーをしたくないし、スポットライトを浴びたくない」と彼は書いた。 「私がこの曲を書いたのは、私がメンタルヘルスとうつ病に苦しんでいたからです。これらの曲は、歌われた瞬間にその言葉を感じた人が歌ったので、非常に深いレベルで何百万もの人々とつながりました。編集もエージェントもいません」 「ナンセンスじゃない。ただのバカと彼のギター。最初からそこから逃げるべきではなかった。音楽スタイル。」

Hot 100チャートで初登場1位を獲得した後、アンソニーはビルボードに対し、「私たちの時代の絶望と幻滅がこの曲への反応に共鳴している。 曲自体は特別なものではありませんが、バックボーカルが素晴らしく、一聴の価値があります。

READ  AmazonはAlexaに料金を支払い始めてほしいと考えている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です