アイコン・オブ・ザ・シーズ: マイアミから出発する世界最大のクルーズ船

画像ソース、 ゲッティイメージズ経由のトリビューンニュースサービス

画像のキャプション、

20 階建てのアイコン オブ ザ シーズには、7 つのスイミング プール、6 つのウォータースライダー、40 を超えるレストラン、バー、ラウンジがあります。

世界最大のクルーズ船は、船からのメタン排出が懸念される中、処女航海でフロリダ州マイアミを出港する予定だ。

全長 365 m (1,197 フィート) のアイコン オブ ザ シーズには 20 のデッキがあり、最大 7,600 人の乗客を運ぶことができます。 ロイヤル・カリビアン・グループが所有しています。

船は7日間の熱帯の島クルーズに出発します。

しかし環境保護活動家らは、液化天然ガスを燃料とする船舶は有害なメタンを大気中に漏洩する可能性があると警告している。

ロイター通信によると、国際クリーン輸送評議会(ICCT)の海洋プログラム責任者ブライアン・カマー氏は「これは間違った方向への一歩だ」と述べた。

同氏は、「船舶用燃料としてLNGを使用すると、船舶用軽油よりもライフサイクル温室効果ガス排出量が120%多いと推定している」と述べた。

LNG は重油などの従来の船舶用燃料よりもクリーンに燃焼しますが、流出のリスクがあります。

大気中の強力な温室効果ガスであるメタンは、20 年間で二酸化炭素の 80 倍の熱を閉じ込めます。 これらの排出量を削減することは、地球温暖化を抑制するために重要であると考えられています。

ロイヤル・カリビアンの広報担当者は、アイコン・オブ・ザ・シーズのエネルギー効率は国際海事機関の現代船舶の要件よりも24%高いと述べたとメディアに伝えられた。 同社は2035年までにネットゼロシップを導入する計画だ。

木曜日には、ワールドカップで優勝したアルゼンチンのキャプテンで現在インテル・マイアミでプレーするリオネル・メッシが船の命名式に参加した。 彼は、シャンパンボトルを船首にぶつけて割る伝統的な「幸運」を誘発するために、特別に作られたスタンドにサッカーボールを置く姿が見られた。

「アイコン・オブ・チーズ」の製作費は20億ドル(16億ポンド)だった。 現在、7 つのスイミング プール、6 つのウォーター スライダー、40 を超えるレストラン、バー、ラウンジがあります。

READ  ライブで見る: カレン・リードとブライアン・ヒギンズの間の「刺激的な」メールが殺人裁判証言で明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です