アイスランドで地震が続き、明らかに火山噴火が差し迫っている

アイスランド南西部のレイキャネス半島では、数日間にわたって火山の噴火との戦いが続いている。 週末にかけて大地が割れ、深い地面から蒸気が噴出している。 の アイスランド気象庁が警報を発令 数日以内に起こる爆発は「重大なリスク」をもたらしており、金曜日に完全避難したグリンダヴィークの町が最も可能性の高い場所であると指摘している。

人口約 3,000 人のグリンダヴィークは、アイスランドの首都レイキャビクの南西 42 マイルにあります。 気象庁によると、成長中の火山の全体的な評価は今週初めからほとんど変わっておらず、「数日の時間スケールで」噴火する可能性があるという。 木曜日の現地時間午前12時から午後2時までの間に、約1,200回の地震が報告された。 マグマは依然として地表から約2,500フィート以内にあると考えられているが、気象庁の最新情報では「浸透はゆっくりと上向きに広がっている」と警告している。

土地はグリンダヴィークの西で最大 5 フィート沈み、東では 3 フィートまで隆起しています。 今回の噴火には、過去 2 年間の同様の噴火よりも「大幅に」多くのマグマが含まれている可能性があるという兆候があります。

今のところ当局は熱心に見守っている。

READ  トリ・スペリング、新しいポッドキャストで離婚申請について語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です