アイスランドで地震と火山噴火の恐れから非常事態宣言

アイスランドにはヨーロッパで最多となる33の活火山があり、10月下旬以来数千回の揺れが記録されている。

広告

アイスランド南西部のレイキャネス半島で一連の地震が発生し、同地域での火山噴火の懸念が高まったことを受け、当局は非常事態を宣言した。

国民保護局は金曜日遅くの声明で、「国家警察長官は(…)グリンダヴィーク北部スンジュカギカルでの激しい地震活動を受けて、国民保護のため非常事態を宣言した」と発表した。

政府は「地震がさらに大きくなる可能性がある」「この一連の出来事が噴火につながる可能性がある」と警告した。

そこに記載されているように アイスランド気象局 (IMO)、「数日以内に」爆発が起こる可能性がある。

グリンダヴィークの町は避難している

金曜、震源地から南西3キロに位置する人口約4000人の町グリンダヴィークでは避難計画が策定された。

民間防衛委員会はまた、「安全保障の目的で」トール巡視船をグリンダヴィークに派遣すると発表した。

木曜日、地熱スパで有名なグリンダヴィーク近郊の観光地、ブルーラグーン 予防措置として閉鎖

金曜夜の地震

金曜夜の2つの地震は、IMOの当初推定マグニチュード5.2で、40キロメートル離れた首都レイキャビクでも、同国の南海岸の大部分で感じられた。

金曜深夜から日本時間午後14時までの間に800回近い地震の「密集群」が記録され、10月末以降、半島では約2万4000回の余震が記録されている。

IMOは、深さ5キロメートルにマグマが蓄積しており、これが地表に持ち出された場合、火山噴火を引き起こす可能性があると指摘した。

2021年以来、レイキャネス半島では2021年3月、2022年8月、2023年7月に3回の噴火が発生しており、いずれもインフラや人口密集地から遠く離れた場所で発生している。

アイスランドには、ヨーロッパで最も多い活火山系が 33 個あります。

2010 年の最後の噴火では、エイヤフィヤトラヨークトルがヨーロッパの空を遮断し、10 万便の航空便が欠航し、1,000 万人の乗客が足止めされました。

READ  カリフォルニア州パリセーズ・タホのリゾート地で雪崩が発生し、1人が死亡した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です