アシアナ航空:韓国飛行中に機内ドアを開けた乗客を逮捕

動画のタイトル、

見る: 飛行中に飛行機のドアが開いたときの客室内

韓国でアシアナ航空の機内ドアを開けた男が逮捕された。

旅客機は乗客194人全員が生き残り、無事着陸したが、金曜日の大邱国際空港ではドアが開いたままだった。

地元メディアによると、乗客の中には気を失った人、窒息して病院に搬送された人もいるという。

聯合ニュースによると、30歳の男性は息が切れてできるだけ早く降りたいと話したという。

警察によると、男は取り調べに対し、職を失ってストレスを感じていたと供述したという。

地元警察関係者は記者団に対し、「男性は現在精神的に苦しみ、両足を失っている。状態のせいで適切な尋問ができない」と述べ、男性は「正常な状態ではないため、尋問することはできない」と付け加えた。 」。

エアバスA321-200型ジェット機OZ8124は金曜日、現地時間午前11時45分(グリニッジ標準時3時45分)に済州島を離陸した。

着陸から約1時間後、地上から約250メートルのところで男性乗客が非常ドアを開けた。

ソーシャルメディアで共有された乗客の動画には、飛行機の左側に隙間があり、座っている乗客の列を風が吹き抜ける様子が映っている。

目撃者らは地元メディアに対し、飛行機が着陸しようとした際に客室乗務員が彼を止めることができなかったと語った。

男は飛行機のドアを開けたままにして飛び降りようとしたという。

乗客らは機内がパニックになったと説明した。

44歳の乗客は聯合ニュースに、「ドア付近にいた人々が次々と気を失い、客室乗務員が機内医師に電話するなど混乱が生じた」と語った。

「飛行機が爆発するのではないかと思った。このまま死ぬのではないかと思った」と彼は付け加えた。

画像のキャプション、

アシアナ航空の飛行機がドアを開けたまま大邱に着陸

週末のスポーツイベントに向かう途中の学齢期の子供たちも乗船していた。

生徒の母親は聯合ニュースに対し、「子供たちは震え、泣き、怖がっていた」と語った。

READ  ケニアのキリスト教徒の埋葬地で 40 体以上の遺体が発見される犯罪ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です