アルジャジーラのガザ支局長の家族数名が殺害された

アルジャジーラ記者の少なくとも家族4人がガザで殺害されたと通信社が水曜日に報じた。

アルジャジーラのアラビア語サービスのガザ支局長ワエル・アル・ダハドゥ氏の妻、息子、娘、そして幼い孫がガザ中央部のヌセイラト難民キャンプで殺害されたとネットワークが伝えた。

声明, アルジャジーラの親会社アルジャジーラ・メディア・ネットワークはイスラエルによる空爆を非難し、殺害を「無差別攻撃」として非難した。 同紙によると、イスラエルが民間人に南への移動を呼びかけたことを受け、アル・タハドゥ氏の家族はヌシラトキャンプに避難したという。

同ネットワークは、「アルジャジーラはガザ地区の同僚たちの安全と幸福を深く懸念しており、彼らの安全についてイスラエル当局に責任を負わせている」と述べた。

攻撃の詳細は独自に確認できず、イスラエル軍はコメントの要請に応じなかった。

氏アルジャジーラ編集長モハメド・モワド氏はソーシャルメディアへの投稿で、アル・タフトゥさんは水曜日にガザ市から通報し、家族の死を生で知ったと語った。

アルジャジーラ氏は死者のうち2人の身元を特定した。 アル・タハドゥ氏の十代の息子マフムード氏と幼い娘シャム氏の身元が特定された。 アラビア語チャンネルが水曜日に放送した映像には、同局がデリ・アル・バラにあるアル・アクサ殉教者病院と特定した施設内で、息子が息子の体の上にかがみ込み、顔を殴る様子が映っていた。

氏写真には、アル・タフトゥさんが覆われた娘の小さな体を抱きしめ、血まみれの顔を苦しみながら見つめている様子も写っていた。

翻訳されたインタビューで アルジャジーラの英語チャンネルで放送氏アル・タフトゥさんは涙で顔を濡らしながら、ガザでは誰も安全ではないと語った。

氏アル・タフトゥは「ガザのパレスチナ人の代弁者」であるとアルジャジーラ記者のホダ・アブデルハミドは書いた。 ライブアップデート 同メディアの戦争報道については、「街を歩いているときは誰にでも聞いてください」と付け加えた。

監視機関であるジャーナリスト保護委員会、 言った 水曜日、イスラエルとハマスの戦争は「ジャーナリストに多大な損害を与え」ており、ガザ地区の人々は特に高いリスクに直面していると発表した。 10月7日以来の衝突で少なくとも24人のジャーナリスト(うち20人はパレスチナ人)の死亡が確認された。

その中にはロイターカメラマンのイサム・アブドラ氏も含まれており、今月初めにレバノン南部のイスラエルとの国境での衝突で殺害され、ロイター通信、アルジャジーラ、フランス通信社の記者6人が負傷した。

昨年、中東全域で知られるアルジャジーラ特派員でパレスチナ系アメリカ人ジャーナリスト、シリーン・アブ・アクリー氏がヨルダン川西岸の都市ジェニンで頭を撃たれた。 4か月後、イスラエル軍は同氏がイスラエル兵によって殺害された可能性があることを初めて認めたが、同氏の死に明確な犯行声明は出さなかった。

READ  LAクリッパーズが2024-25シーズンの新しいユニフォーム、ロゴ、コートを発表 - NBC ロサンゼルス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です