アーカンソー州の食料品店外で銃撃、3人死亡、10人負傷

金曜日、アーカンソー州フォーダイスにある食料品店の外で銃乱射事件があり、3人が死亡、10人が負傷した。 警察は午後の記者会見で、負傷者の中には法執行官2人も含まれていたが、命に別状はなかったと発表した。

アーカンソー州警察は現地時間金曜日の午前11時38分にMatt’s Butcher Groceryに対応した。 当局者らによると、到着後、警官らは同じ容疑者と銃撃戦を行ったという。

現場のビデオクリップには、駐車場で銃を持った男が警察官に発砲する様子が映っている。

アーカンソー州公安局のマイク・ヘイガー局長は会見で、民間人8名が命を脅かすものではないものから重傷を負ったと述べた。

「状況は安全で封じ込められている。地域社会に対する積極的な脅威はない」とヘイガー氏は語った。

銃撃犯はアーカンソー州ニューエジンバーグ在住のトラビス・ユージン・ポージーさん(44)と特定された。 警察によると、男性は警察官との銃撃戦で生命を脅かす負傷を負い、最初は病院で治療を受けたが、その後、3件の殺人容疑で州警察に拘留されたという。

銃撃が始まったとき、デビッド・ロドリゲスという名前の目撃者は食料品店の隣のガソリンスタンドにいた。 同氏はCBSニュースに対し、ガソリンスタンドに車を停めたところ「何か音が聞こえ」、最初は花火だと思ったと語った。 その後、サイレンが聞こえ、警察が車を停めるのを見て、「人々はどこへでも走り始めた」と彼は語った。

ロドリゲスさんはその映像を聞いてから数分以内に携帯電話を取り出して撮影を始めた。 「駐車場に誰かが倒れている」と彼が言っているのが聞こえる。

「とても怖かったです」とロドリゲスさんはCBSニュースに語った。

食料品店の3軒隣の芝刈り機サプライヤーで働くケン・ヴァンダースワルムさんはCBSニュースに対し、銃撃が始まったとき数人が「泣き叫んで」彼の店に駆け込んできたと語った。 武装していたという元警察官ヴァンダースワルム氏は、建物内は「安全」だと人々に知らせていたと語った。

「本当にショックを受けた子供たちがたくさんいました」と彼は言う。

ヴァンダースワルムさんはショックを受けたと述べ、銃撃が続く様子を「テレビで見たような光景」と表現した。

アーカンソー州知事サラ・ハッカビー・サンダース ソーシャルメディアで言った: 「私はフォアダイスでの悲劇的な銃撃について説明を受けており、現場の州警察と常に連絡を取っています。命を救うための迅速かつ英雄的な行動に対し、法執行機関と初期対応者に感謝します。犠牲者とすべての人々に祈りを捧げます」この影響を受けています。」

連邦アルコール・タバコ・銃器・爆発物局 言った ATFニューオーリンズ現地事務所の特別捜査員が現場にいて銃撃対応を支援している。

ホワイトハウスは声明を発表し、「容疑者と関わり、身柄を拘束することで自らの危険を冒した法執行当局者に感謝する。連邦法執行機関は現地捜査を支援している」と述べた。

これは食料品店を背景とした最新の銃乱射事件である。 2022年 バッファローのスーパーマーケットで白人至上主義者が黒人10人を殺害。 この銃撃事件は、ボルダーにあるコロラド州のスーパーマーケットでの銃撃事件で10人が死亡した1年後に発生した。

READ  ディラン・クルーズ、オールスター・フューチャーズゲームの現在に焦点を当てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です