イギリス海峡で移民船沈没、6人死亡



CNN

イギリス海峡で移民を乗せたボートが転覆し、当局は6人が死亡、2人が行方不明であると発表した。

フランス地元当局によると、生存者の証言によると、沈没船には65、66人が乗っていた。 さらに、20人以上が英国当局によってドーバーに連行されたと付け加えた。

現地少佐フランク・ダージン ツイートしました 金色のアルミニウム毛布で覆われた救助ボートに乗った救助された移民の一部の写真。

「カレー/ヴィサント沖で多くの移民が溺死する新たな災害が発生しました。 いつか私たちは海峡と地中海の死者数を単純に記録するのをやめなければならない」と彼はX(以前はTwitterとして知られていた)に投稿した。

ハーロウ・ロンドン自治区の地方議員ベイマナ・アサド氏は、溺死した6人全員がアフガニスタン人男性だったと述べた。

「アフガニスタン人はタリバンのせいでアフガニスタンから逃亡している。 彼らが小型ボートに乗っているのは、英国政府がウクライナ人に対してのようにアフガニスタン人に対して安全かつ合法な航路を開いていないからだ。 もう何を言えばいいのかさえ分からない」と彼はX(以前はTwitterとして知られていた)に書いた。

イギリス海峡は世界で最も交通量の多い水路の 1 つであり、小型ボートで渡るのは非常に危険です。

人身売買業者は通常、船に荷物を積み込みすぎており、荒れた海では死傷者が出ることがよくあります。

与党・保守党が国民投票を争っている英国のリシ・スナック首相は、英仏海峡を渡る危険なフェリーを阻止することを優先事項の一つに挙げている。

しかし政府の統計によると、木曜日には755人の移民が海峡を渡って英国に到達したことが判明した。 これは今年の1日当たりの最多記録となる。

統計によると、今週の時点で2018年以来10万人の移民が海峡を渡っており、その中には今年の1万6千人近くが含まれている。

金曜日、水中にレジオネラ菌が検出され、物議を醸している数百人が住んでいたボートから39人の亡命希望者が降ろされた。

英国が3月にパリに年間数億ユーロを送金することで合意したことを受け、フランス当局はパトロールやその他の予防措置を強化した。

フランス首相エリザベス・ボーンA つぶやき 転覆した移民船の「犠牲者の方々に思いを馳せます」。

「約50人の難破者を救った(フランス海軍)救助チームの献身に敬意を表する」と同氏はX(旧ツイッター)に投稿し、フランスのエルヴェ・ペルヴィル外相は述べた。 現場に行きます。

英国内務大臣スエラ・ブレイバーマンも ツイートしました「私の思いと祈りは、今日の海峡での悲劇的な命の損失の影響を受けた人々とともにあります。」

「私は今朝、この事件への対応でフランス当局を支援している国境警備隊チームと話をした」と付け加えた。

READ  テイラー・スウィフトのファンがリオのコンサートで過熱の苦情で死亡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です