イスラエル、人質解放は金曜日までに行われないと発表



CNN

4日間の停戦 カタールは木曜日、イスラエルとハマスの対立が金曜朝に始まり、合意発効から数時間後の午後には民間人人質とパレスチナ人捕虜が解放されると発表した。

カタール外務省のマジド・アルアンサリ報道官によると、戦闘の一時停止は現地時間午前7時(東部標準時真夜中)に始まり、午後4時に人質の女性と子ども13人が解放される予定だという。

アルアンサリ氏は、解放される予定の人質のリストがイスラエル諜報機関モサドに引き渡されたと述べた。

同氏はまた、モサドが釈放されるパレスチナ人捕虜のリストをカタールに引き渡すと述べた。 「両方のリストが確認されれば、人々を立ち退かせるプロセスを開始できる」と広報担当者は述べた。

イスラエル当局者はCNNに、イスラエルとハマスの合意の一環として、金曜日に合計39人のパレスチナ捕虜が解放される予定だと語った。

囚人らはハイファ南東のダマンとメギドの2つの刑務所から連行され、赤十字による最終裁判のため占領下のヨルダン川西岸ラマラ南にあるオフェル刑務所に移送される。

イスラエルの人質・行方不明者調整官ゲイル・ハーシュ氏は声明で、イスラエルは金曜日に解放される最初の人質の家族に通知を開始したと述べた。 「連絡担当官はリストに載っている人質の愛する人たちと家族全員に通知した」と声明で述べた。

イスラエル当局者は水曜日、CNNに対し、停戦は木曜日の現地時間午前10時に始まると語った。 起こる ガザの人質。 しかし、これらの計画は水曜日遅く、当初予想されていた停戦開始の数時間前に延期された。

イスラエル国防軍(IDF)のダニエル・ハガリ報道官は木曜日の定例記者会見で、「実際に起こるまでは何も最終決定しない。プロセスの途中であっても変更はいつでも起こり得る」と語った。

同氏は、イスラエル軍が「現時点では」ガザ地区で戦闘を続けていると述べ、停戦が発効すれば国境内に設けられた「停戦ライン」にイスラエル国防軍兵士が駐留することになると指摘した。

前述の合意に基づき、150人のパレスチナ人捕虜がイスラエルの刑務所から釈放されることになる。 ハマスは水曜日、関与した捕虜は女性と子供であり、協定には包囲地域全域に援助物資や医療品、燃料を積んだ数百台のトラックが進入することも含まれていたと発表した。

イスラエル政府は水曜日、第2弾の交換を提案しているため、釈放の可能性があるパレスチナ捕虜300人のリストを発表した。

リストには囚人の年齢と彼らが拘束されている罪状が含まれており、投石と「領土の安全を侵害する」ことが最も一般的である。 違法テロ組織への支援、違法武器使用容疑、扇動、少なくとも2件の殺人未遂容疑で拘留されている人もいる。

釈放の対象としてリストされているパレスチナ人捕虜のほとんどは16歳から18歳の男性若者(国連の定義に基づく児童)だが、中には14歳の若者もいる。 CNNの集計によると、33人が女性だった。

イスラエル国家安全保障会議はこれに先立ち、人質の最初のグループは金曜日までに解放されないとの声明を発表した。 イスラエル当局者はCNNに対し、合意された戦闘の一時停戦は金曜日まで延期されたと語った。

「人質の解放に向けた交渉は進んでおり、継続中です。 釈放プロセスの開始は、両当事者間の当初の合意に従って金曜日までには行われない」と声明で述べた。

アリエル・シャリット/AP

ガザの人質の家族や友人らは、11月21日にテルアビブで行われたデモ中にネタニヤフ首相に人質を帰国させるよう求めた。

アーメド・ガラブリ/AFP/ゲッティイメージズ

エルサレムの看板には、パレスチナ武装勢力に捕らえられたイスラエル人人質の肖像画が掲げられている。

現在の計画に関するコメントは、米国当局者のコメントと同じです。

米国家安全保障会議の報道官は水曜遅くの声明で、人質取引は「合意されたまま」であり、両当事者は「特に実施初日に向けて、最終的なロジスティクスの詳細を策定している」と主張した。

NSCの広報担当エイドリアン・ワトソン氏は、「人質たちが帰宅し始めるなか、何も偶然に任せるべきではないというのがわれわれの見解だ」と述べた。 「私たちの主な目的は、彼らを安全に家に連れ帰ることです。それは順調に進んでおり、金曜日の朝には取り締まりを開始したいと考えています。」

この問題に詳しいイスラエル当局者は、深刻さを軽視し、原因は「非常に小さな実施の詳細」にあるとした。

しかし、ネタニヤフ首相は木曜日、最初の人質グループをガザから脱出させるには「課題がないわけではない」と警告した。

ネタニヤフ首相は英国のデービッド・キャメロン外相との会談で、「われわれはこの最初のトランシェを獲得することを望んでおり、その後全員を国外に退出することを決意している」と語った。

イスラエルの当局者やアナリストらは長年、人質が安全に国境を越えられるまではいかなる合意も危険を伴うと警告してきた。

イスラエル国防軍は水曜、予想される停戦に先立ってガザ地区の北東部と中央部で攻撃を実施し、ガザでの地上および空軍作戦を継続した。 パレスチナ人の証言によると、ハーンユニスやラファなどさらに南の地域も被害を受けた。

CNN.com でこのインタラクティブなコンテンツをチェックしてください。

イスラエル国防軍は、イスラエル軍が木曜もジャバリヤ北西部を含む標的を攻撃し続けたと発表した。

イスラエル国防軍は木曜日、イスラエル兵士がモスク内でトンネルを発見し、ベイト・ハノウンの農業地帯にある別のトンネルに衝突したと発表した。 同報告書は、イスラエル国防軍兵士らが「多数の武器」を発見し、その地域の民間居住地内のトンネルを特定したと述べた。

イスラエルのヨアブ・ガラント国防大臣は、短期間の停戦後もイスラエルのハマスに対する軍事作戦は「精力的に」継続され、戦闘はさらに2カ月続くと予想されると述べた。

「これは短い休止期間であり、それが終われば戦闘は強制的に再開され、人質の返還を許可する圧力が生じるだろう…少なくともあと2か月は戦闘が続くことが予想される」とギャラント氏はイスラエル軍訪問中に語った。木曜日に。

この合意は、ガザで重大な人道危機に発展した紛争の開始から約7週間後に、大きな外交上の進展を示した。 この発表は人質の家族から安堵と大きな期待をもって迎えられた。

一方、主要交渉国であるカタールは声明で述べたように、停戦により「より多くの人道輸送船団と救援物資」の入国が可能になると述べた。

停止を10日間延長する選択肢もあるが、イスラエル当局はこれ以上長く続く可能性は低いとみている。

ハティブ/AFP/ゲッティイメージズによると

イスラエルによるラファ攻撃後、建物の瓦礫の中を歩くパレスチナ人医師。

そして、人質10人が解放されるごとに、さらに1日戦闘が停止されるだろう、とネタニヤフ首相は協定が批准された際に述べた。

イスラエル軍関係者によると、ハマスはガザ地区で26カ国の外国人を含む236人を人質に取った。 銃を突きつけられた大量拉致は10月7日に起こり、ハマス過激派が組織的かつ血なまぐさい奇襲攻撃で約1,200人を殺害した。このような攻撃としては1948年のイスラエル建国以来最大規模となる。

合意前に解放された人質は数人だけだった。

イスラエルはこの攻撃に対し、ハマスに宣戦布告し、食料、水、医薬品、燃料の供給を遮断するガザ封鎖を課し、容赦ない空軍と地上攻撃を実施することで対抗した。 ハマスが運営する保健当局からの情報に基づいたヨルダン川西岸のパレスチナ保健省のデータによると、10月7日以来ガザでは約1万2700人が殺害された。

これは開発中のストーリーであり、更新される予定です。

READ  メネンデス上院議員、汚職計画の新たな容疑でカタールから贈り物を受け取った疑いで告発される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です