イスラエルとハマス、ガザ停戦最終日に延長に向け新たな合意を模索

  • 最近の開発:
  • ハマスは最初のパレスチナ・イスラエル国民を含む捕虜30人のリストを公表した。
  • イスラエルの報道官は、イスラエルはあらゆる合理的な提案を検討すると述べた
  • パレスチナ人、ガザの瓦礫からさらに160人の遺体が発見されたと発表

ガザ/エルサレム、11月 [29日 ロイター] – イスラエルとハマスは水曜日、ガザ地区の停戦延長の可能性を巡り調停者を通じて協議を行い、6日間の休止を経て戦闘が再開される数時間前に合意に達した。

イスラエル公共放送カーンは、水曜日にイスラエル人人質の家族に解放予定者の名前を告げ、交渉が延長に成功しなければ最後のグループは協定に基づいて解放されると付け加えた。

ガザのハマスの支配者らは、イスラエルの刑務所から釈放される女性15人と十代の若者15人のリストを発表した。 停戦開始以来初めて、イスラエルにパレスチナ国民と占領地の住民が含まれることになった。

パレスチナ当局者はロイターに対し、双方とも停戦延長に意欲はあるものの、まだ合意には至っていない、と語った。 同当局者は、仲介役のエジプトとカタールとの協議が現在も続いていると述べた。

イスラエル政府報道官エイロン・レヴィ氏は、イスラエルはいかなる真剣な提案も検討すると述べたが、さらなる詳細については明らかにしなかった。

レヴィ氏はテルアビブで記者団に対し、「人質を救出するために全力を尽くしている。それが確認されるまでは何も確定しない」と語った。 「我々は人命がかかっている非常に重要な交渉について話し合っている。」

人質の解放が終わればすぐに戦闘が再開されると述べ、「この戦争はハマスの終焉とともに終わる」と述べた。

ガザ武装勢力はこれまでのところ、10月7日の戦争最初の停戦を確保した合意に基づき、致命的な暴行で人質を取った240人のイスラエル人女性と子供60人を解放した。 外国人21人は主にタイ人の農場労働者で、別の担保契約に基づいて釈放された。 これに応じてイスラエルはパレスチナ人の治安捕虜180人を釈放したが、全員女性と若者だった。

当初の4日間の停戦は火曜日から48時間延長され、イスラエルはハマスが1日当たり人質10人を解放するまで停戦をさらに延長する用意があると述べている。 しかし、まだ捕らわれている女性や子供もいることから、少なくとも一部のイスラエル人男性を初めて解放する条件に同意することを意味する可能性がある。

火曜日の釈放には、別個の過激派組織イスラム聖戦とハマスが拘束していた人質も初めて含まれた。 他の派閥が拘束している人質の解放を確保するハマスの能力は、これまでの交渉で問題となっていた。

最初の休憩

イスラエルの説明によると、この停戦は、武装勢力によるユダヤ教の安息日への「ブラック・シャバット」攻撃で1200人が死亡したことを受け、イスラエルがハマス殲滅を目的に開始した戦争の最初の猶予となる。

国連が信頼できると考えているパレスチナ保健当局者らによると、イスラエル軍の砲撃によりガザの大部分が荒地となり、1万5000人以上が死亡し、そのうち40%が子どもだという。

さらに多くの人が瓦礫の下に埋もれていると懸念されている。 パレスチナ保健省によると、停戦終了後の過去24時間でさらに160人の遺体が瓦礫の中から発見され、約6,500人が依然として行方不明となっている。

火曜日、調停者のカタールはイスラエルのモサドと米国CIAの情報長官らを接待した。

当局者らは、ハマスに人質に取られたイスラエル人男性や兵士の釈放など、停戦合意の新たな段階で考えられる要素について議論した。 彼らは数日以上続く停戦を達成するには何が必要かを検討した。

同関係者によると、カタールは会合前にハマスと協議し、同グループがどのような合意に達する可能性があるかを把握しており、反対側は現在会合で検討されたアイデアについて内部で議論していると付け加えた。

水曜日に解放される最後のグループに、4歳の弟とその両親とともに逮捕された生後10か月の赤ん坊、最年少の人質カフィール・ビバスが含まれるかどうかについては、現時点では何も発表されていない。 親族らは、火曜日に釈放された葬儀の行列から除外されたことを受けて、特別の嘆願を行っていた。

双方からの比較的軽微な違反の報告にもかかわらず、停戦は6日間続いたが、双方とも停戦が終われば全力で戦闘を再開する用意があると述べている。

イスラエル軍の報道官は、水曜日の時点でも停戦は続いていると述べた。 パレスチナ人は、イスラエル軍がカーンユニスビーチ近くとガザ北部のベイトハノウンの住宅に海上から砲撃したと非難した。

カイロのニダル・アル・ムグラビ氏、ガザのモハメド・セーラム氏とロリーン・タファクジ氏、エルサレムのヘンリエット・チャカール氏とダン・ウィリアムズ氏、ラマラのアリ・サフタ氏、エア・フォース・ワンとロイター支局のスティーブ・ホランド氏。 シンシア・オスターマンとピーター・グラフ著。 編集:リサ・シューメーカー、リンカーン・ファイスト、ニック・マクフィー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

パレスチナとイスラエルの紛争を取材してきた25年近くの経験を持つベテラン記者で、いくつかの戦争や両国間の初の歴史的な和平協定の署名も含まれる。

READ  アンダーソン・クーパー、トランプ市庁舎後に聴衆を叱責

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です