イスラエルとハマス、人質解放と4日間の停戦に関する画期的な合意に合意



CNN

イスラエルとハマスは4日間の戦闘停戦とガザで人質に取られた少なくとも50人の女性と子どもの解放で合意に達し、外交上の大きな進展を示した。 飛び地における人道危機。

主要交渉国であるカタールが声明でまとめたこの合意案では、イスラエルの刑務所にいる多数のパレスチナ人の女性や子供と引き換えに、ハマスが拘束している人質を解放する内容となっている。 一方、停戦により「より多くの人道的護送船団と救援物資」が可能になると声明は述べた。

声明は、停戦は今後24時間以内に発表されると付け加えた。

カタールの首席交渉官、モハマド・アル・フライフィ大臣は、今回の合意は国際社会に「外交路線でさらなる勢いを築くこの短い機会を捉える」よう促すはずだと述べた。

この発表は、人質の家族から安堵と大きな期待をもって迎えられ、現在、愛する人たちのさらなるニュースを待っている。

国際舞台でも好評を博しています。 エジプトのアブドルファッタハ・エル・シシ大統領は、パレスチナ人民にとって「安定した」解決策を見つけるというエジプトの決意を改めて表明し、一方カタール首相は、同国が「戦争と流血を終わらせる包括的で持続可能な合意が達成されること」を望んでいると述べた。

ヨルダン外務省は、外国仲介の合意がガザでの「敵対行為の完全な停止」につながる「一歩」となることを期待していると述べた。 ロシアでは、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官がこの合意を歓迎し、「前向き」であり「ガザからの久しぶりの良いニュース」だと述べた。

イスラエル軍関係者によると、ハマスはガザ地区で26カ国の外国人を含む239人を人質に取っている。 銃を突きつけられた大量拉致は10月7日に起こり、ハマス過激派が組織的かつ血なまぐさい奇襲攻撃で約1,200人を殺害した。このような攻撃としては1948年のイスラエル建国以来最大規模となる。

合意前に解放された人質は数人だけだった。

イスラエルはこの攻撃に対し、ハマスに宣戦布告し、食糧、水、医薬品、燃料の供給を遮断するガザ封鎖を課し、同時に空と地上の容赦ない攻撃を実施することで反撃した。 ハマスが運営する保健当局からの情報に基づいたヨルダン川西岸のパレスチナ保健省のデータによると、10月7日以来ガザでは約1万2700人が殺害された。

新たに発表された協定は、米国とエジプトを巻き込んだ数週間の交渉を経て、イスラエル当局者によると6時間の会談を経て水曜日早朝にイスラエル内閣によって承認された。 「緊張と感動」。

イスラエルは当初の4日間の期間を超えて停戦を延長する可能性を留保し、解放可能な人質10人が追加されるごとに1日追加されると声明で述べた。 政府によると、条件が満たされれば、最初の人質解放から4日以内に約150人のパレスチナ捕虜が解放されるという。

イスラエル内閣官房は当初、治安拘束者150人を4日間で4段階に分けて解放し、毎日少なくとも10人のイスラエル人密航業者をイスラエル治安部隊に引き渡すと発表した。 イスラエルは、この4日間で戦闘は小康状態になるだろうと述べた。

しかし同時に、今回の人質解放が終了したらイスラエルが「ハマスの完全排除」に向けて空と地上の作戦を再開する計画であることも明らかにした。

一時停止の正確な開始時期や人質解放の場所と方法の詳細は依然として不明だが、イスラエル国防軍(IDF)報道官のジョナサン・コンリクス中佐は水曜朝CNNに対し、軍は正確な時期をまだ検討中であると語った。 一時停止。

コンリクス氏は「イスラエル政府がそうするよう指示するまで、我々はハマスとの戦いを続ける。そのような合意が発効すればそれを尊重する。しかし、現場では厳重に警戒する」と述べた。

この合意により、人質の家族がイスラエル政府への圧力を強めたことを受け、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は回答と行動を要求した。 これは、ガザ住民に対する人道支援の拡大を求める国際的な圧力が高まる中で行われた。

解放の詳細は依然として不明だが、ハマスに拘束されている人質の家族の中には安堵の表情を浮かべ、自分たちの愛する人たちが解放交渉に含まれるかどうかを待ちながら希望を表明している。

キブツ・ニル・オズから原付バイクの後ろに祖母が誘拐されたアナト・モシェ・ショシャニさんは、人質取引の話を聞いて「大きな希望を与えた」と語った。

「誰かが生きてそこから脱出できることを心から願っています」とショシャニさんは語った。 「私たちは愛する人たちにもう一度会う機会が欲しいです。 これが私たちが望んでいることであり、これがこの混乱の第一歩であると信じています。

ハマスに人質に取られたアメリカ国籍のアビゲイル・イーデン君(3歳)の曽祖母、リズ・ハーシュ・ナフタリさんはCNNに対し、状況は「悲痛な」ものだと語った。

「私たちはこの7週間、7週間、心配し、疑問に思い、祈り、希望しながら過ごしてきました」と彼は語った。

ハマスに拘束されている若いアメリカ人人質アビゲイルさんの家族は、金曜日の彼女の4歳の誕生日までに帰宅する予定だ。

「私たちはアビゲイルがカミングアウトするのを見る必要がある、そうすれば私たちはそれを信じることができる」とナフタリ氏は付け加えた。

ジョー・バイデン米大統領は火曜日の夜、ワシントンでの声明でこの合意を歓迎し、「追加の米国人人質を帰国させる」べきだと述べた。 「全員が釈放されるまで私は止まらない」と彼は誓った。

米高官らによると、協定の一環として解放された女性と子供50人には米国人3人が含まれる可能性がある。 女性2人を含む米国人10人が行方不明となった 行政幹部によると、3歳の女児。 警察官は女性の名前を明らかにしなかった。

米当局者は「人質が連れ出される場所はさまざまだ」と述べたが、さらなる詳細については明らかにしなかった。

IDF報道官のコンリクス氏は、この協定で解放される人質のリストは全員イスラエル人であり、中には二重国籍者も含まれていると述べた。 同氏は、釈放されるパレスチナ人捕虜は「重大な犯罪者ではない」と付け加えた。

イスラエルは水曜日、捕虜300人のリストを発表し、最初の4日間の期間後に人質交換の第2段階が行われる可能性が開かれた。

リストの公開により、パレスチナ人捕虜の釈放に対する法的申し立てがイスラエル最高裁判所に提出できる24時間の期間が始まり、その後手続きが開始される予定だ。

非政府組織パレスチナ捕虜クラブのカトゥーラ・ファレス会長によると、イスラエルの刑務所にいるパレスチナ人捕虜の総数は約8,300人である。

この8,300人のうち、3,000人以上はイスラエルが「行政拘禁」と呼んでいる状態で拘留されており、アムネスティ・インターナショナルはこの措置は無期限に延長される可能性があるとしている。

米国、イスラエル、カタールの当局者や報告書によると、協定に組み込まれた交流第2段階の条項は、当初設定されていた4日間よりも長い人道停止期間を設ける可能性がある。

「構造上、人質協定には一時停止、人道的一時停止が含まれている。そして追加の釈放によって延長される可能性もあるが、それはハマスが追加の人質を解放するかどうかにかかっている」と米国高官は述べた。

この一時停止により、切望されていた追加の人道輸送船団や救援物資が飛び地に入ることが可能になる。

カタールによれば、それらには「人道的ニーズのために指定された燃料」も含まれているが、予想される援助額についての詳細は明らかにされていない。

ハマスは水曜の声明で、「ガザ全域に救援物資や医療品、燃料を積んだ数百台のトラックの進入が含まれる」と述べた。

イスラエルはハマスが活動に電力を供給する可能性があるとの懸念を理由に、10月7日以来ガザ地区への燃料の受け入れに非常に消極的で、つい先週、下水道施設と給水システムへの最小限の供給を許可することに合意した。

人道団体は数週間にわたり、ガザへの燃料の持ち込みを要求しており、停電、物資不足、爆撃のさなか、新生児を含む患者を生かし続けるのに苦労している病院での食料の調理や運営の維持には燃料が不可欠であると主張してきた。

世界中の政府や国際機関も、困難な地域への援助拡大を求めている。

これは開発中のストーリーであり、更新される予定です。

READ  FRB議事録:当局者らは更なる利上げについて不確実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です