イスラエル・ハマス停戦6日目、交渉延長:ライブアップデート

2023 年 11 月 29 日午後 3 時 06 分(東部標準時間)

分析:イスラエルとハマスは停戦延長から多くの利益を得ている。 しかしいずれにしても戦いは再開されるだろう

CNNのナディーン・イブラヒムによる分析

イスラエルとハマスの双方には、現在の停戦延長から得るものがたくさんある。 しかし専門家らは、ガザ地区でのイスラエルの軍事行動再開は避けられないと述べている。

イスラエルとハマスの間では停戦が成立しており、過激派組織はイスラエルの刑務所に拘束されているパレスチナ人と引き換えに10月7日に誘拐された人質を解放した。 6回目でおそらく最終回 日まだ交渉中 別の拡張機能を開発中ですが、 人質の解放やイスラエル軍のガザ作戦に対する弾圧継続も考えられる。

イスラエルにとって延長はさらに数万人の人質の帰還を意味するが、イスラエル国民から人質を帰国させるよう強い圧力を受けているベンヤミン・ネタニヤフ首相にとってこれは重要なことだ。 ハマスにとって、それは戦闘からの休息であり、包囲地域に徐々に入るにつれて再集結して援助の恩恵を受ける機会を提供する。

停戦の最初の5日間で、 ハマスが人質81人を解放、主に女性と子供。 ハマスによるイスラエル攻撃では約240人が人質となった。

イスラエルは180人のパレスチナ人女性と未成年者を刑務所から釈放したが、その多くは拘留されているが起訴されていない。

「(イスラエル人の)主な関心は人質を帰国させることだ」と元イスラエル人質交渉官でハマスのパイプ役を務めたガーション・バスキン氏はCNNに語った。 「赤十字社の車で輸送され、イスラエルに到着するまで、国中がテレビに釘付けになった。」

ハマスにとって、民間人を人質にする必要はない、とバスキン氏は語った。 「それは彼らの兵站にとって負担だ」と彼は述べ、彼らはイスラエル軍を人質として拘束したいだけだと付け加えた。 イスラエルは過激派組織に拘束されている兵士の数については明らかにしていないが、バスキン氏は、ハマスが現在の合意の一環として兵士を解放する見込みはほとんどないと述べた。

ハマスは停戦延長によりイスラエルに対し、戦闘再開を避けるよう国際的な圧力が高まることを期待しているかもしれないが、バスキン氏は、イスラエル社会はハマスを永久に排除する紛争を圧倒的に支持していると述べた。

イスラエルでは今月初めに国民投票が行われた イスラエル民主主義研究所が示した 回答者の大多数は「イスラエルはガザの人質解放に関してハマスと直ちに交渉すべきだが、戦闘は止めるべきではない」と考えている。

イスラエル極右政府の閣僚の中には、戦闘再開を確実にするためにあらゆる努力をしている者もいる。 イスラエルのイタマール・ベン・グヴィル国防大臣が火曜日に死去した彼は連立与党を崩壊させるよう警告した 戦争が終わったら。

でも交渉は難しいかもしれない ハマスは「掌握していない」と主張 全員人質。 CNNは以前、40人以上の人質が現在ハマスに拘束されておらず、推定40人から50人がパレスチナ・イスラム聖戦やその他の団体や個人に拘束されていると報じた。

イスラエル ガザにはまだ159人の人質がいると考えられているネタニヤフ首相事務所が水曜日にCNNに語った。

バスキン氏は、ハマスは7週間経っても残りの人質を見つけることはできないだろうと述べ、ハマスがそのメッセージを広めて交渉を停滞させる可能性があると付け加えた。

同氏は、「これはハマスによる遅まきの戦術だ」と述べ、同組織はあまりにも強力で集中力があり、人質を見失っていると付け加えた。

READ  ロシア当局者:ウクライナの無人偵察機がクリミアの石油貯蔵所を攻撃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です