イタリア北部の洪水で9人死亡、F1レース中断

  • 37の市や町で洪水が報告された
  • イモラF1グランプリは中止となった
  • 雨量は減っているのに、川の水位は上がっている

[ローマ 17日 ロイター] – イタリア北部エミリア・ロマーニャ州で豪雨による洪水と土砂崩れが発生し、9人が死亡、数千人が自宅を追われたと当局が水曜日に発表した。

ネロ・ムスシ民間国防大臣は、一部の地域では年間平均降雨量がわずか36時間で半減し、川の堤防が決壊し、水が町に流れ込み、数千エーカーの農地が水没したと述べた。

最も被害の大きかった地域の多くに近いイモラで日曜日に開催されたF1グランプリは、救急サービスへの負担を軽減し、自動車レースファンが浸水地域に集まるのを防ぐ目的で中止された。

エミリアロマーニャ州のステファノ・ボナチーニ首長は記者団に対し、「私たちは前例のない壊滅的な出来事に直面している」と語った。 「異常な量の雨が地面に降りましたが、地面にはそれを吸収する能力がありません。」

初期キリスト教の遺跡で有名なアドリア海沿岸の都市ラヴェンナは大きな被害を受けた。 地元内務省の代表者は、約1万4000人が間もなくその地域から避難する必要があると述べた。

当局者らによると、37の町やコミュニティが浸水し、約120カ所の地滑りが記録された。 ボローニャ市近くの少なくとも1つの橋が崩壊し、一部の道路が冠水し、複数の鉄道の運行が停止された。

ボナチーニ氏によると、9人の遺体がさまざまな場所から回収されたという。 地域副会長のイレーネ・ブリオーロ氏は記者団に対し、雨は止んだにもかかわらず川の水位は上昇していると語った。

ムスシ民間国防相は、救済策を検討するため5月23日に閣議が開かれる際に、被災地域への2000万ユーロ(2200万ドル)の支援を求めると述べた。

政府当局者らによると、緊急事態中は洪水被害地域に対する税金と住宅ローンの支払いが停止される。

乾燥した月の後には洪水が起こる

エミリアロマーニャ州は今月2度目となる悪天候に見舞われ、5月初旬には暴風雨で少なくとも2人が死亡した。

気象学者らによると、数カ月間の雨で土地が乾燥し、水分の吸収力が低下し、洪水の影響がさらに悪化しているという。

フェンツァ、チェゼーナ、フォルリの歴史的中心部に泥水が流れ込み、駐車中の車の屋根を洗い流し、一部の店舗が浸水し、地元住民は自宅の上層階へ逃げざるを得なくなった。

イモラのレースサーキットからのドローン映像には、水面下にあるパドックの一部が映っていた。 主催者はグランプリ中止の決定は「ファン、チーム、スタッフにとって安全にイベントを運営することが不可能なため」行われたと述べた。

ラヴェンナ市長のミケーレ・デ・パスカル氏は「ロマーニャの歴史の中で最悪の夜だった」とRAI公共ラジオに語り、火曜日の夜には5000人が市内から避難したと付け加えた。

「ラヴェンナはダメージを受けて認識できなくなりました。」

ムスメシ大臣は、地域の一部では1日半で200ミリから500ミリの雨が降り、年間平均降水量は1,000ミリであると述べた。

(1 ドル = 0.9084 ユーロ)

レポート:Alvis Armellini 編集:Christina Fincher

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  コロラド州の規則は読まないでください。 違いを読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です