イラクの結婚式火災:北東部ニネベ県で少なくとも100人死亡

ハーレド・アル・ムーシリ/ロイター

9月27日、イラクのニネベ州で行われた結婚式の祝賀会で火災が発生し、瓦礫の中を歩く救急隊員。



CNN

イラク国営通信社INAが地元当局者の話として報じたところによると、イラク北部の結婚式での火災で少なくとも100人が死亡、150人が負傷した。

イラク民間防衛局は、ニネベ県北東部のハムダニア地区で起きた災害は、結婚式の祝賀会で使用された爆竹やろうそく、その他の物品が原因であると報告した。

ニネベ知事のナジム・アル・ジュブリ氏はイラク国営通信社INAに対し、負傷者はニネベとクルディスタン地域の病院に搬送されたと語った。

INA通信によると、アル・ジュブリ氏は「最終的な死者数と負傷者数はまだ判明していない」と述べた。

現場のビデオには、群衆と救急車が外に集まり、アル・ハイダムの結婚式場から濃い煙が立ち上る様子が映っている。

結婚式のゲストは地元メディアに対し、新郎新婦は無事だったがショックを受けたと語った。

ハーレド・アル・ムーシリ/ロイター

火災後、人々は病院の外に集まった。

「新郎新婦は元気ですよ。 私は今彼らと一緒にいたが、ここの人々に起こったことのせいで彼らの状態は非常に悪い」とゲストはイラクの民間チャンネルAlawla TVに語った。

イラク民間防衛庁によると、火災が発生した結婚式場は可燃性の高いエコボンドパネルで覆われていた。

民間防衛報告書には、「可燃性が高く、低コストの建設資材が使用された結果、火災から数分以内にホールの一部が崩壊した」と述べられている。

ハーレド・アル・ムーシリ/ロイター

結婚式の祝賀会で火災現場を歩くイラク当局者。

首相官邸の声明によると、ムハンマド・シーア​​・アル・スダーニー首相は火災の被害を受けた人々を支援するよう閣僚に指示した。

同大統領府とINAによると、イラク大統領はこの事件についてニネベ知事に電話で連絡し、犠牲者救援のため総動員を命じた。

国連イラク支援ミッションは火曜日、この事件を「大きな悲劇」と呼び、死傷者の遺族に哀悼の意を表した。

ミッション・オンX(旧ツイッター社)は声明で、「火災による恐ろしい人命の損失と負傷にショックを受け、悲しんでいる」と述べた。

これは重要なニュースなので更新されます。

READ  テスラ、イーロン・マスク氏の新しいAIアシスタントを自社車両に統合する予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です