インドでヒマラヤ氷河湖の氾濫、14人死亡、100人以上行方不明

[ニューデリー 10月5日 ロイター] – インド北東部での大雨によりヒマラヤ氷河湖の堤防が決壊し、少なくとも14人が死亡、102人が行方不明となっている。 当局者は木曜日。

シッキム州のロナク湖は水曜日に堤防が決壊し、大規模な洪水を引き起こし、2万2000人の命に影響を与えたと当局者が発表した。 これは、南アジアの高地における気候変動が原因とされる、最近の致命的な気象現象です。

治安報道官は「降り続く雨、ティースタ川の急流、多くの場所で道路や橋が流される中、捜索活動が行われている」と述べた。

木曜早朝、州災害管理局は26人が負傷、兵士22人を含む102人が行方不明だと発表した。 11の橋が流された。

通信社ANIのビデオ映像には、数軒の家屋が倒壊し、軍基地やその他の施設が損傷し、車両が水没している様子が映っていた。

衛星画像によると、湖の3分の2が干上がっている。

シッキム州の一部と近隣の州では今後2日間に大雨が予想されており、地滑りや航空便の乱れが発生する恐れがあると気象局が警告した。 西ベンガル州のシリグリから続くシッキムの幹線道路が崩壊により寸断された。

シッキム州の国会議員GTドゥンガル氏はロイターに対し、州都ガントクではガソリンとディーゼルがすでに不足しているが、食料は容易に入手できると述べた。

水曜日にロナク氷河湖で短時間の豪雨が発生し、大量の雨が降り注ぎ、中国との国境近くのガントクの北約150キロ(93マイル)にあるティースタ渓谷で鉄砲水が発生した。

インド国家災害管理庁の2020年の報告書では、気候変動により氷河湖が拡大し、ヒマラヤの氷河が後退しており、下流のインフラや生活に大きな脅威となっていると述べた。

「残念ながら、これは今モンスーンのヒンドゥークシュ・ヒマラヤ地域で相次いだ致命的な鉄砲水の最新のものであり、この地域が気候変動に対して極度に脆弱であるという現実を痛感させられた」と事務局長のベマ・キアムツォは述べた。 ネパールに拠点を置く総合山岳開発国際センター。

インドの他の山岳地帯や近隣のパキスタンやネパールの一部ではここ数カ月、大雨、洪水、土砂崩れに見舞われ、多くの人が死亡している。

10年前、インド国立リモートセンシングセンターの科学者らによる論文は、この湖が堤防を決壊する可能性は42%「非常に高い」と警告した。

水曜日の災害は、国営NHPCのティースタVダムからのダム水の放出を伴う1968年のシッキム湖決壊よりもひどいものだったと当局者は述べた。

政府関係者はロイターに対し、4つのダムゲートが流されたが、なぜゲートが間に合わなかったのかは不明だと語った。 NHPCは、水位が正常に戻ったら被害状況を調査すると述べた。

コルカタではスブラタ・ナグ・チョードリー、ニューデリーではタンヴィ・メータ、クリシュナン・カウシク、サリタ・サカンティ・シン、ブバネシュワールではジャティンドラ・ダッシュが報告。 編集:ロバート・バーゼルとマイケル・ペリー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  国際宇宙ステーションの準備に伴い、Roscosmos と SpaceX の乗組員が打ち上げに近づいています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です