インド国民会議派、カルナータカ州選挙でナレンドラ・モディ率いるインド人民党を破る | インド

インドの野党国民会議派は、カルナータカ州選挙で勝利し、権力維持を目指して懸命に戦ってきたナレンドラ・モディ氏の与党に打撃を与えた。

土曜日に開票が行われると、議会が州内で圧倒的多数を獲得し、与党インド人民党(BJP)がすぐに敗北を認めたことが明らかになった。 議会報道官のパワン・ケラ氏は「国民は分裂政治を拒否した」と述べた。

人口6500万人が住むカルナータカ州の選挙は、来年の総選挙に向けてモディ氏の3期目の政権獲得に向けた重要な先導役とみられていた。

BJPは2018年以来カルナータカ州で政権を握っており、強い反現職感情にもかかわらず、同州を掌握するために熱心に選挙運動を展開してきた。 カルナータカ州はインド南部における同党の唯一の拠点であり、これまでインド人民党のヒンドゥー民族主義政治におおむね反対してきた近隣のテランガーナ州とタミル・ナドゥ州において同党の政治的野望への重要な足がかりとみなされている。

有権者を魅了するため、同党はモディ首相を選挙戦の最前線に据え、選挙戦最終週には9回の集会やロードショーにモディ首相が参加した。

しかし、インド人民党が9,000回以上の集会を開催した精力的なキャンペーンにもかかわらず、モディ氏の人気はインド人民党州政府の汚職疑惑や、インフレ上昇と首都圏外での雇用創出の欠如に対する不満を克服するには十分ではなかった。バンガロール。 かつてインド人民党の支持基盤の有力な部分を占めていた同州の有力なリンガヤット・カーストも、数名の旧衛兵指導者に選挙戦への切符が与えられなかったため、支持を撤回する動きも見られた。

その結果、2014年にモディ氏が政権を握って以来、州選挙での勝利実績が乏しく、他に3州しか支配していない議会が地滑り的な勝利を収めた。 財政と現場の動員の面でインド人民党に追い抜かれた同党にとって、これは困難な戦いとなっている。

過去のニュースレター広告を避ける

この勝利は、総選挙を前に全国レベルでインド人民党に対抗する中、インド人民党に切望されていた後押しとなる。 BJPを倒すことができないことを認めながら、議会は野党連合の結成を推進している。アナリストらによると、カルナータカ州で勝利すれば、他の政党と協定を結ぶ強力な立場に立つことになるという。

北インドとは異なり、インド人民党が宗教的二極化を利用して多数派のヒンズー教徒を動員しようとする試みは比較的成功していないが、州の沿岸地域を除き、最近の政権下で右翼ヒンズー教国家主義分子が特に活発になっている。

議会州のシダラマイア大統領は選挙結果発表後、「世俗主義は世俗主義であり、憎しみよりも調和だ」と述べた。

READ  科学者たちは地球の中心に新しい中心を発見しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です