ウィザーズはデニー・アヴティヤをトレイルブレイザーズにトレード、アレックス・チャーをドラフト2位指名でトレード

水曜日のNBAドラフトでワシントン・ウィザーズが全体2位指名権を獲得する時期が来たとき、彼らは予想通りの指名を採用し、多才な7フィートのビッグマンである19歳のフランス人アレックス・サールを指名した。 今年の見通しはこのクラスでは天井だ。

しかし、ウィザーズはただ座って普通の夜に満足するつもりはないことをすでに明らかにしている。 取引に詳しい関係者2人によると、ドラフト開始直前に、ポートランド・トレイルブレイザーズは水曜日のドラフト14位指名権で2029年ドラフト1巡目指名権のデニ・アヴティヤとシニアガードのマルコム・ブロックトンをトレードすることで合意したという。 。

ESPNがトレードを最初に報じたこれは、貿易資本を集め、今後のドラフトでより多くのロッタリー指名権を獲得できるように準備するという、再建2年目に入るウィザーズの大きな目標と一致している。 2024年のドラフトクラスには多くの才能があるが、来年の1位指名が予想され、今シーズンデューク大にコミットする予定のクーパー・フラッグのような選手はいない。

一方、水曜日のドラフトで獲得した2人目のフランス人、アトランタが最初にザカリー・リッサッハーを獲得した後、ビラル・クリバリに次いでウィザーズがドラフトした2人目のフランス人であるサーは、まさにぴったりだ。 オールラウンドなゲームをこなす流動的なビッグマンである彼は、ペリメーターからシュートする能力と、オーストラリアのナショナルバスケットボールリーグでプレーすることで培われた成熟さを備えた、熟練したショットブロッカーです。 パースでは1試合平均17.2分で9.7得点、4.4リバウンド、1.3ブロックを記録し、NBLで2番目に良い成績を残した。

さらに重要なことは、彼の多才さと非常に高い能力は、メンターがより低い選択肢を持っていることを意味します。 彼をスターにすれば、サー・ワシントンは長く輝けるだろう。 あるいは、ワシントンがチャンピオンシップにふさわしいスーパースターを獲得できるよう支援することもできるだろう。

サーの差し迫った復帰は、ファンがアヴティヤ退団の痛みを和らげるのに役立つことの一つだ。 もう一つの例として、ワシントンは23歳を裏返して1巡目指名権を2つ獲得した。

イスラエル出身の彼は、NBAで2番目に悪いチームでプレーしながらブレイク間近のシーズンを過ごし、2020年にNBAがドラフト全体9位で指名して以来、ウィザーズファンに愛されてきた。

彼は平均14.7得点、7.2リバウンド、フィールドゴール成功率50.6パーセントを記録し、ウィザーズは15勝67敗の成績で終了した。 まだ23歳の彼は、その情熱とユーモアのセンスでロッカールームの要となった。

ブロックトンでは、ウィザーズは31歳のガードに契約最終年に2250万ドルを支払う予定だ。 2016年のドラフト2巡目で獲得した元バージニア州の傑出した選手であるブロックトンは、トレイルブレイザーズで39試合に出場し、28.7分間で平均15.7得点、フィールドゴール成功率44%、FG成功率41%を記録した。

READ  トッド・ハワード、失敗後の他のベセスダ映画化作品について語る:「おそらくノーと言うだろう」が「それは分からない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です