ウィリアム A. アンダースさん、90歳、死亡。 人類初の月周回飛行者

クリスマスイブ、月が10周回っている間、3人の宇宙飛行士は、月の地平線上に昇り、真っ黒な空の中に青い大理石のように見える地球の映像を世界中の何百万人もの人々に放送した。 しかし、宇宙船の電子および通信システムを監督していたアンダース少佐だけがカラーフィルムを撮影しました。

彼の写真は世界を震撼させました。 「アースライズ」と呼ばれるこの写真は、「初めに神…」という言葉が刻まれた1969年の切手に再現され、1970年の最初のアースデイのインスピレーションとなり、2003年にライフ誌の本の表紙に登場した「100枚の写真」 。」 それは世界を変えました。」

アンダース少佐が漂流し始める直前に、宇宙飛行士たちは捕獲音を聞くことができた。 内部レジストラ彼らは自分たちが見たものに対して畏怖の念を表します。

アンダース: なんと! そこにあるその写真を見てください。 ここに地球がやって来ます。 うわー、それは美しいですね。

ボーマン: [chuckle] ねえ、それは計画されていないので、受け取らないでください。

アンダース: [laughter] カラー写真はありますか、ジム? そのカラーロールを早くください。 …

ラヴェル: ああ、それはすごいですね。

数十年後の2015年のインタビューで フォーブス誌, アンダース少佐はアースライズについて次のように述べています。 それは環境運動の立ち上げに貢献しました。

しかし、写真の背後にある人物に対する国民の記憶がどれほど薄れているかに驚いたと彼は語った。 「報道機関や一般の人々が私たちの歴史を作る旅を忘れ、今では飛行の象徴が映画『アースライズ』になっているのは興味深いことだと思います」と彼は語った。 「地球を見つけるために月に来ました。」

クリスマスイブのテレビ放送の終わりに、アポロ 8 号の宇宙飛行士たちは創世記の最初の章を読み上げました。

READ  ロブ・ロウ & ジョン・オーウェン・ロウ Netflix コメディ シャットダウン シーズン 2 - 締め切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です