ウクライナ首脳会談:平和への道?

  • 著者、 サラ・レインズフォード
  • ストック、 東欧特派員
  • からの報告 ビュルゲンシュトック、スイス

2日間にわたり、ウクライナの平和の大義がスイスの山々の平和を乱した。

ヘリコプターは世界の指導者や代表団を、ロシアの隣国に対する戦争を終わらせるための道筋を描くために呼びかけられたサミットに運んだ。

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が述べたように、これはキエフにとって、本格的な外交で本格的な侵略と戦い、ウクライナが策定した和平計画に対して可能な限り幅広い支持を得るチャンスである。

最終的には、この提案は国際的な合意を背景にしてロシアに提出されなければならず、ロシアには受け入れる以外に選択肢はない。

しかし、それが可能であるとしても、その点はまだ遠いです。

首脳会談に先立ち、ウラジーミル・プーチン大統領は軍隊を撤退させるつもりがないことを明らかにした。「和平提案」はウクライナの降伏を求めるものであった。

ビュルゲンシュトックでもモスクワの影響力はしっかりと確立されていた。

代表を務めた約90か国のうち、ウクライナの領土保全と侵略されない権利を確認する最終宣言に署名したのはわずか84か国だった。

サウジアラビア、インド、南アフリカは棄権した。

ロシアの最も緊密な同盟国である中国は、初期の準備段階に参加していたにもかかわらず、サミット全体に大幅に欠席した。 ロシア自体は招待されなかった。

画像のキャプション、 週末の会議はスイスのビュルゲンシュトックで開催されました

しかし、ゼレンスキー氏と彼のチームはひるむことなく、この決定に勇気づけられた。 キエフにとって事態はもっと良くなる可能性もあったが、もっと悪くなる可能性もあった。

大統領は声明への署名者に関する質問を一蹴し、ここで声明を支持しなかった人も将来的に支持する可能性があると述べた。 一部の国は今週末、低レベルの代表しか参加していないため、首都で再度協議すべきだと同氏は示唆した。

この首脳会談は、戦場にあるウクライナにとって困難な時期に召集された。

同国の軍隊は、北東部のハリコフ周辺でのロシアの新たな勢力の圧迫にさらされている。

ウクライナはロシアに抵抗するために西側の軍事援助に依存している。

ゼレンスキー氏は首脳会談終了後、記者団に対し「勝利で十分なのか?いいえ、遅すぎるのか?はい」と語った。

しかし、彼は今も懸命に努力し、毎日それを達成していると言いました。

したがって、和平計画の主導権を握り、そのプロセスを形成しようとすることは理にかなっています。

今年後半に米大統領選挙があり、欧州ではロシアに同情的なことが多い極右政党への票が急増しているため、ウクライナへの支持は今後数カ月で弱まる可能性が高い。

国自体も2年以上にわたる戦争で疲弊しており、国中の墓地に軍人墓の列が増えており、登録所に大勢のボランティアが殺到していない。

だからといってキエフが戦いを放棄するわけではない。

「それは我々が弱いからではない。我々は平和について話しているのだ」と私が話すと、ゼレンスキー大統領はきっぱりと言いました。

「私たちは常に平和を求めてきた。戦争の真っ最中に、私たちは平和について話していた。私たちは世界がロシアにこの戦争を終わらせるよう圧力をかけたいと思っていた。私たちを殺すのはやめて…民間人を殺すのはやめて。」

サミットでは、食料輸出の保護、ウクライナの核施設の保護、占領地から強制的に連れ出された捕虜や子どもたちの帰還の促進という、議論の余地の少ない3つの分野を議論の対象として挙げた。

「捕虜の帰還は私たちにとって最優先事項です。なぜなら私たちはロシアの捕虜で私たちの人々がどのように苦しんでいるかを知っているからです」とマキシム・コレスニコフは説明する。 元兵士は、2022年初めに部隊が捕らえられた後、11か月間監禁された。

ロシアでは毎日のように攻撃されていたという。 彼の部屋にいた人のほとんどは民間人でした。

しかし、ヴォロディミル・ゼレンスキー氏と同様、和平を語ることは降伏を意味するものではないと強調した。

「初めて戦争に行ったのは37歳の時で、2度目は45歳の時だった。57歳になった時には二度と戦争には行きたくない」とこの兵士はサミットの傍らで語った。

「我々は独立と領土保全が守られる強い平和を望んでいる。」

この沈黙のシステムから離れて、ブルゲンシュトックの議論を継続するための作業グループが設立される予定です。 しかし、それがウクライナとそのホスト国であるスイスが望んでいる和平計画にどのように展開するかは実際には明らかではない。

ウクライナはサウジアラビアが主催するとしている2回目の首脳会談には原則としてロシアも参加する可能性があると両氏は述べている。 スイス人はそれを奨励すべきだ。

しかし、ウラジーミル・プーチン大統領は、平和を追求したいという実際の兆候を示していない。

週末のサミットは予想より数時間早く、やや唐突に終了した。

これはウクライナにとって無条件の勝利ではない。

しかし、これはゼレンスキー大統領にとって、ロシアは学校のいじめっ子と同様、武力にしか反応しないという重要なメッセージを自国に伝える機会となった。

戦場でも外交でも。

READ  ガザ戦争:ハマス、なかなか停戦が進まないブリンケン容疑を否定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です