オーストラリア経済は第1四半期に2.3%拡大した

  • ロイターがまとめたエコノミスト予想は2022年第4・四半期が2.4%、予想は2.7%だった。
  • 四半期ベースのGDP伸び率は0.2%増で、ロイター調査の予想は0.3%増だった。

オーストラリア、メルボルンのダウンタウンを流れるヤラ川の眺め。

ループ画像 | ユニバーサル・ピクチャーズ・グループ | 良い写真

オーストラリアの第1・四半期GDPは前年同期比2.3%拡大し、アナリスト予想を若干下回った。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は2.4%、2022年第4・四半期は2.7%だった。 四半期ベースのGDP伸び率は0.2%増で、ロイター調査の予想は0.3%増だった。 。

キャサリン・キーナン、国民経済計算責任者 オーストラリア統計局同氏は「これは四半期GDPの6回連続の増加だが、2021年9月四半期の新型コロナウイルス感染症によるデルタ地帯の封鎖後は成長が鈍化している」と述べた。

キーナン氏は「民間および公共の総固定資本形成が今四半期のGDP成長の主な原動力となった」と述べた。

GDP の指標は、オーストラリア準備銀行の金融政策決定プロセスの鍵となります。 火曜日、RBAは市場を驚かせ、指標政策金利を25ベーシスポイント引き上げ、11年ぶりの高水準となる4.1%とした。

水曜早朝、オーストラリア準備銀行総裁フィリップ・ロウ氏 スピーチをしました モルガン・スタンレー・オーストラリア・サミットで中銀は、同国の金融政策について「近道」を目指すとの立場を改めて表明した。

ロウ氏が思い描くこの「短い道」では、オーストラリアのインフレ率は2%から3%の目標範囲に戻り、経済は成長を続け、労働市場の上昇は維持される。

「この道を歩む可能性はまだあり、我々の目標はそれを実現することだ。しかし、それはおそらく狭く、双方にリスクを伴うでこぼこ道になるだろう」とロウ氏は語った。

ロウ氏は、労働市場の発展を保護するという意図は「意味するものではない」と明言した。 [RBA] ハイパーインフレは長期間耐えられる。」

そのため、「インフレ率が妥当な期間内に目標に戻るという確信を高めるために、火曜日に再利上げを決定した」と述べた。

ロウ氏は、世界経済の成長、住宅コスト、単位労働コストなど、RBAが今後の動きを形作るために注目する経済データのポイントを列挙した。

キャピタル・エコノミクスのオーストラリア・ニュージーランド担当エコノミスト、アビジット・スーリヤ氏は、国内総生産(GDP)が減速し、さらに減少すると予想されているため、生産性の伸びは「低い」と考えている。

スーリヤ氏によると、時間当たりGDPは前期比0.3%減少し、その結果年間生産性は4.6%低下し、これは過去最大となった。

労働市場データは、今四半期の生産性がさらに低下することを示唆しており、それが単位労働コストの上昇を促し、サービスインフレが堅調に続くだろう。

スルヤ総裁は現在、豪準備銀行の政策金利の上限予想を4.35%としているが、GDP統計やロー総裁の講演を踏まえると、「豪準備銀行がさらに金利を引き上げる現実的なリスクがある」と指摘した。

READ  「人々が何を知らないのか、私にはわかりません」 - ビルボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です