カルロス・アルガラス vs. 男子決勝ではノバク・ジョコビッチ

2023年7月16日日曜日、ロンドンで開催されるウィンブルドン・テニス選手権14日目の男子シングルス決勝で、セルビアのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がカルロス・アルガラス(スペイン)と対戦する。 (AP写真/アラステア・グラント)

ノバク・ジョコビッチは、2023年に3度目となる、輝かしいキャリアの24度目となるメジャータイトルの獲得を目指している。 ウィンブルドン初優勝、そしてメジャー通算2勝目を狙うカルロス・アルガルツがオールイングランド・クラブに立ちはだかる。

ここにあるすべての手順に従います。

ジョコビッチが第1セットを6-1で圧勝した後、第2セットはこの大会ではおなじみのスリリングな一進一退の展開となった。 ジョコビッチは序盤で3-0で劣勢に立たされ、セットのタイブレークまでサービスをキープした。 アルガラスはジョコビッチのセットポイントを撃退し、最終的にタイブレークで9-7で勝利した。 これにより、ジョコビッチのグランドスラムでのタイブレーク連続記録は15試合連続でストップした。

午前10時48分と — ジョコビッチはネットを突いてセンセーショナルなセーブを決め、サービスをキープして第2セットを5オールで同点とした。

午前10時25分と — ジョコビッチは第2セットを3オールで同点にするのに貢献した。

午前10時04分(東部標準時間) ジョコビッチは第2セットの第3ゲームでアルガラズをブレークし、すぐにアドバンテージを取り戻した。

午前9時58分(東部標準時) – 第1セットを落としたにもかかわらず、アルガラズは第2セットで素早いスタートを切り、第1ゲームを勝ち取り、センターコートでの初決勝では非常に堅実な戦いを見せた。 アルガラズがジョコビッチを破り、2-0とリードした。 ジョコビッチにとっては今大会4度目のサービスゲーム負けとなった。

午前9時45分と- アルガラズはなんとか1ゲームを奪い、優勢なジョコビッチが第1セットの最終レグを奪い6-1で勝利した。 ジョコビッチはウィンブルドンで第1セットを獲得したとき、ESPNで79勝1敗だった。

午前9時38分(東部標準時) – ジョコビッチはアルガラズ戦で速いスタートを切り、第1セットで5-0とリードした。 第4ゲームでブレークポイントに直面したセルビア人選手は、最終的に若いスペイン人選手をブレークしてサービスをセーブした。

READ  ウクライナのダム決壊で死者数増加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です