ガザ戦争:ハマス、なかなか停戦が進まないブリンケン容疑を否定

画像のキャプション、 調停者らは最新の停戦案を2週間以上提出した

  • 著者、 ラフィ・バーグ
  • ストック、 BBCのニュース

ハマスは、停戦案をまだ受け入れていない米国務長官アンソニー・ブリンケンの批判を受けて、停戦案は協議に「前向き」であると述べて反発した。

同団体は「最新の提案と停戦合意に向けたすべての提案に好意的に対処した」と述べた。

対照的に、「ブリンケン氏は最新プロジェクトに対する『イスラエル』の承認について話し続けているが、イスラエルの公式な声高な承認は聞いていない」。

ブリンケン氏は、バイデン大統領が5月31日に概説した停戦案をイスラエルが受け入れたと繰り返し述べてきた。 イスラエルの計画はバイデン氏の発表の根拠となったが、イスラエル政府は公式にはそう述べていない。

ブリンケン氏は水曜日、カタールで講演し、ハマスが火曜日に提示したイスラエル停戦案に対するハマスの反応に不満を表明した。

対応の詳細は公表されていないが、ブリンケン氏はハマスが変更を提案しており、その一部は法的強制力がないと述べた。

「交渉のある時点で、長いやりとりが続いているが、一方が要求を変え続けたり、すでに合意された内容の変更を要求したりするという点に到達する。彼らは善意で行動しているわけではありません。

「世界は歓迎も承認も求めていない [Israeli Prime Minister Benjamin] ネタニヤフ首相と同政権は決議案に賛成し、「彼らは恒久的停戦の拒否を主張し続け、安全保障理事会決議とバイデン大統領のイニシアチブに明らかに矛盾している」と述べた。

一方、ハマスは「ジョー・バイデン米大統領の演説に含まれた内容」と決議案の「内容」について、積極的な立場を明確に表明したと述べた。 また、停戦交渉に関与する調停者らと「協力する用意がある」ことを確認したとも述べた。

ブリンケン氏は、月曜日にエルサレムでネタニヤフ首相と会談した後、首相が停戦案へのコミットメントを再確認したと述べた。

ネタニヤフ首相はこの計画を公には支持していないが、同氏が議長を務める戦時内閣は5月27日にハマスに提示された計画を承認した。 この提案はバイデン氏が提供した要約よりも長いが公表されておらず、大統領が先月末のテレビ声明で述べた内容と異なるかどうかは不明だ。

両国間の主な対立点の 1 つは、戦争を終わらせるというビジョンにあるようです。 報道によれば、ハマスは計画に署名する前に、イスラエルが戦争を終わらせるという書面による保証をまず主張するだろう。 ネタニヤフ首相は、ハマスの「統治と軍事能力」が破壊され人質が帰還するまで戦争は終わらないだろうと述べた。

戦争は10月7日にハマスがイスラエルを攻撃し、ガザ地区で約1200人が死亡、251人が人質になったことから始まった。 ハマスが運営する保健省によると、それ以来イスラエルの攻撃で3万7000人以上が死亡した。

READ  トレバー・ローレンスがジョー・バロウと並びNFLで最も高額な選手となった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です