ガブリエル・アッテル氏がフランス最年少かつ初の同性愛者であることを公表した首相に就任


パリ
CNN

34歳のフランス教育大臣ガブリエル・アタル氏が同国の新首相に任命されたが、これは政府の旗振りに拍車をかけているエマニュエル・マクロン大統領による歴史的な任命である。

アタル氏はフランス最年少の首相であり、同性愛者であることを公言した初の首相となるため、世界で最も著名かつ有力なLGBTQ政治家の一人となる。

アタル氏はマクロン氏率いるルネサンス党の新星で、7月から教育・国家青少年大臣を務めている。 在任中、彼女は物議を醸したフランスの公立学校におけるアバヤの着用禁止令を制定し、学校におけるいじめに対する意識の向上に努めた。

マクロン氏はツイッターのXと題した投稿で、「皆さんのエネルギーと献身を頼りにできると分かっている」と述べた。

アタル氏は別の投稿でマクロン氏の「自信」に感謝し、「我々の運命をコントロールし続ける」「フランスの可能性を解き放つ」と誓った。

アタル氏は就任後の演説で、教育、インフレ、フランス経済の自由化、青少年育成が国の優先事項であるとしながらも、教育は「戦争の母であり、我々の優先事項の中心でなければならない」と強調した。 。」

「私は首相として、その成功のためにあらゆる手段を尽くします。 それは政府首脳としての私の絶対的な優先事項の一つになるだろう」と彼は付け加えた。

アタル氏もフランス大統領と同様、マクロン氏の中道政治運動に参加する前は中道左派の社会党に所属していた。 近年、彼の政治は時々右傾化しているが、雇用主の型に合わせて形を変える政治的アイデンティティを維持している。

アタル氏はパンデミックの最中に政府報道官を務め、すぐにフランス国民の間で彼の知名度を高めた。 彼の政治家としてのキャリアは、同年齢の男性としては電光石火のスピードで進歩した。 マクロン大統領の2期目、アタル氏は教育大臣に就任する前に公共事業公会計省を率いていた。

首相として、彼は新政府を樹立し、大統領の政策を推進する法案を可決する責任を負うことになる。 しかし、権限のほとんどはフランス大統領にあります。

同氏は、不人気な年金改革と昨年夏のアルジェリア系10代少年の警察射殺事件後の都市部の暴動に見舞われた激動の20か月の任期を経て、月曜日に辞任したエリザベス・ボーン氏の後任となる。

火曜日に行われたボーン氏との引継ぎ式典で、アタル氏は前任者を「行動力と勇気のある首相」と評した。

「あなたの個人的なストーリーと政治的倫理があなたを模範にします。私たちはあなたに借りがあることを知っています」とアタル氏は語った。

一方、ボーン氏は「この約20カ月で達成したことを誇りに思う」とし、「我が国にとって正しく必要と思われるプロジェクトを実施した」と述べた。

ボーン氏は、2022年5月の再選直後にマクロン氏がボーン氏をポストに任命し、30年ぶりの女性首相となった。 同氏の党は翌月の議会選挙で過半数を獲得できず、政府の新たな法律制定能力が停止した。

ボーン氏はこれまで20回以上、政府が退職年齢の引き上げを含む法案を無投票で下院で可決できるとする憲法条項を発動してきた。 ボーンはこの器具を繰り返し使用したため、反民主的行為の非難につながり、彼女には「マダム49.3」というあだ名が付けられた。

つい最近では、ボーンの内務大臣ジェラルド・ドーマンが物議を醸している移民改革法案の先頭に立った。

同法の支持者らは、最近の調査結果を引き合いに出し、改革案はフランス国民に人気があると主張し、反対派は、出生権市民権の取得方法の制限など、極右にとっての譲歩が多すぎると主張している。 極右指導者を長年務めたマリーヌ・ルペン氏は、この法案を自身の政党の「イデオロギー的な勝利」と呼んだ。

待望の内閣改造を控えたボーン氏の辞任は驚くことではない。 マクロン氏とその政権は世論調査で劣勢にある一方、ルペン氏と極右勢力は前例のないレベルの支持を得ている。

今夏の欧州選挙とパリオリンピックを前に、フランス大統領は政治の見直しを模索している。 世論調査によると、アタル氏はマクロン政権の中で最も人気のある議員の一人だ。

ルペン10世は、フランス人は新政府に「何も期待できない」と述べ、内閣改造を「野心とエゴの幼稚なバレエ」と呼んだ。

同氏は、来たるEU国民投票に言及し、「歳入への道は6月9日に始まる」と述べた。

CNN の Chris Liakos と Maya Sanicki がこのレポートに貢献しました。

READ  ハンツビルの建物倒壊で2人死亡、被害

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です