ガボン当局が軍事クーデターを発表、アリ・ボンゴ大統領が逮捕

  • ボンゴの家族は56年間統治してきた
  • 取締役会はプライス・オリギ・ヌクマ将軍を会長に任命した
  • 自宅軟禁中のボンゴは支援を求める
  • フランスはガボンに軍を駐留させ、クーデターを非難

[リーブルビル 8月30日 ロイター] – 産油国ガボンの軍当局者らは、中央アフリカ州の選挙管理機関がボンゴ氏が3選を果たしたと発表したことを受け、水曜日に政権を掌握し、アリ・ボンゴ大統領を自宅軟禁し、新指導者を指名したと発表した。

政府当局者らはテレビで、軍の代表を主張するボンゴ家の半世紀以上にわたる統治の延長を目指した緊迫した住民投票の結果、選挙結果が無効となり、国境が閉鎖され、政府機関が解散されたと発表した。

数時間以内に将軍らは誰が政権移行を主導するか話し合うために集まり、別のテレビ演説によると、元大統領警備隊長官のプライス・オリグイ・ヌクマ将軍の任命を全会一致で決議した。

一方、ボンゴは自宅軟禁中からビデオ声明を通じて外国の同盟国に訴え、自分と家族を代表して発言するよう求めた。 彼は何が起こっているのか分からないと言いました。

水曜日の早朝、選挙管理委員会が土曜日の争点となった投票で同氏が勝利したと発表して以来、ボンゴ氏の窮状は劇的に好転した。

ガボンの首都リーブルヴィルでは数百人が街頭で軍事介入を祝ったが、国連、アフリカ連合、ガボンの旧宗主国フランスはクーデターを非難した。

ガボンでの軍事占領は西・中央アフリカでは2020年以来8回目で、ニジェールに次いでここ数カ月で2回目となる。 マリ、ギニア、ブルキナファソ、チャドでも軍当局が権力を掌握し、1990年代以来の民主主義の進歩を一掃し、この地域で戦略的利益を持つ外国勢力の間で恐怖を高めている。

リーブルヴィルで群衆に加わった27歳の無職ジュール・ルビギーさんは、「今日は幸せなので行進している。約60年が経ち、ボンゴはもはや権力を握っていない」と語った。

ボンゴ氏は、1967年から統治してきた父オマル氏の死去を受け、2009年に大統領に就任した。 反対派は、一族が州の石油と鉱業の富を230万人の国民に分かち合うためにほとんど何もしていない、と主張する。

2016年の選挙でボンゴが勝利を争った後、2019年にクーデター未遂が失敗した後、激しい暴動が勃発した。

ガボン当局者らは、自らを移行・制度再編委員会と称し、同国が「深刻な制度的、政治的、経済的、社会的危機」に直面していると述べた。 また、26票は信頼できないとも述べた。

また、大統領の息子ヌレディン・ボンゴ・バレンタイン氏らを汚職と反逆罪で逮捕したとも発表した。

ガボン政府から直ちにコメントは得られていない。

2023年8月30日にロイターが入手したこのスクリーンショットでは、アリ・ボンゴ・オンディンバ大統領の再選を受けて権力を掌握したことを発表するガボン軍がテレビに映っている。 ガボン 1ere/ロイター経由の配布物 ライセンス権を取得する

ロイターグラフィックス ロイターグラフィックス

クーデター「コンテイジョン」

64歳のボンゴ氏が最後に目撃されたのは土曜日の投票のための公開集会だった。 投票前、同氏は2018年の脳卒中後にテレビに出演したときよりも健康だった。

ニジェールや他のサヘル諸国とは異なり、大西洋岸のさらに南に位置するガボンは、不安定化をもたらすイスラム主義者の反乱と戦う必要がなかった。 しかし、クーデターは、不安定な地域における民主主義の後退のさらなる兆候である。

西アフリカ連合ECOWASの現議長であるナイジェリアのボラ・ティヌブ大統領は、「独裁主義の伝染」がアフリカ全土に広がっていると述べた。 同氏は、ガボンでの対応について他のアフリカ指導者らと緊密に連携していると述べた。

アントニオ・グテーレス国連事務総長とアフリカ連合は今回の事件を非難し、ボンゴとその家族の安全を確保するよう軍に要請する一方、中国とロシアは早期の安定回復を期待していると述べた。 米国は状況は非常に憂慮すべきだと述べた。

フランス政府報道官のオリビエ・ベラン氏は「われわれは軍事クーデターを非難し、自由で透明な選挙へのわれわれの取り組みを思い出す」と述べた。

このクーデターは、この地域におけるフランスの存在に不確実性をもたらした。 フランスはガボンに約350人の軍隊を駐留させている。 過去2年間にマリとブルキナファソでクーデターが起きた後、その部隊は追い出された。

ガボンで大規模なマンガン操業を行うフランスの鉱山会社エラメット( ERMT.PA )は、操業を停止したと発表した。

ガボンは、主に枯渇しつつある油田から、日量約20万バレルの石油を生産している。 国際企業には、フランスのトータルエナジー( TTEF.PA )や英仏メーカーのベレンコなどが含まれる。

海外からの視聴者の不足、一部の海外放送の停止、投票後のインターネットサービスの遮断と夜間外出禁止令の決定により、週末の選挙の透明性に対する懸念が高まった。 ボンゴ氏のチームは詐欺容疑を否定した。

水曜日、インターネットは投票以来初めて機能したようだった。 軍事政権はインターネットアクセスとすべての国際放送が復旧したことを確認したが、追って通知があるまで外出禁止令を維持すると述べた。

クーデター発表の直前に、選挙管理委員会はボンゴ氏が得票率64.27%、主なライバルであるアルバート・オンド・オーサ氏が30.77%で選挙の勝者であると宣言した。

ガボンのドル建て債券は水曜日に14セントまで下落し、その後1ドル=9.5セント下落した。

Alessandra Prentice、Edward McAllister、Elizabeth Pineau、Felix Onuah、Sofia Christensen、Sudip Kar-Gupta、Liz Lee、Ingrid Melander による追加レポート。 ネリー・ペイトン、ソフィア・クリステンセン、アレッサンドラ・プレンティスが執筆。 編集:サイモン・キャメロン・ムーア、エドマンド・ブレア、マーク・ハインリッヒ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  トヨタは10%の利益増加を目標、チップ問題緩和でEV販売好調

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です