クライスラー、衝突の危険を理由にグランドチェロキー33万8000台をリコールへ

クライスラーは車両制御不能の可能性を理由に30万台以上のジープをリコールした。 そこに記載されているように 国家道路交通安全局。

このリコールは、2月22日にクライスラー経営陣に提出され、2020年12月から2023年5月までに製造された2021~2023年型ジープ・グランドチェロキーLおよび2022~2023年型ジープ・グランドチェロキーを対象としている。

クライスラーによると、影響を受ける車両はステアリングナックルの分離により制御不能になる可能性があるという。 影響を受ける車両では、上部コントロール アームのボール ジョイントがステアリング ナックルから分離し、ホイールが外側に落ちてコントロールが失われる可能性があります。

リコールの対象となるジープは約33万8238台。 クライスラーは言った 2021-2023 12月 2020年12月3日から2023年5月30日までに製造されたJeep Grand Cherokee L車両および2022年~2023年型Jeep Grand Cherokee車両が影響を受けます。

ジープを修理する方法

影響を受ける車両の所有者は、クライスラーのディーラーに行き、アッパーコントロールアームのピンチボルトを無料で修理および交換してもらうことができます。 所有者通知レターは 2024 年 4 月 12 日に郵送される予定です。

所有者は、FCA US, LLC カスタマー サービス (1-800-853-1403) に連絡することもできます。 今回のリコールに対するFCAの番号は10B。

車のリコールについてはこちらでご確認ください。 ホンダ、トヨタ、フォルクスワーゲンなど230万台がリコール対象に

あなたの車がリコール対象かどうかを確認してください

消費者は USA TODAY の自動車リコール データベースを確認したり、検索したりできます。 米国道路交通安全局データベース 車の車両識別番号 (VIN) を使用して、新しいリコールを申請します。

READ  NYC への国際便の 81% に SARS-CoV-2 のドロップがあり、テスト結果はほとんどない - Ars Technica

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です