グリーン・デイ、大晦日のショーでトランプを攻撃するために歌詞を変更 | グリーン・デイ

ロックバンドのグリーン・デイは、テレビ放映された大晦日のパフォーマンス中に、有名な曲「アメリカン・イディオット」の歌詞を変更し、ドナルド・トランプを批判した。

ディック・クラークの大晦日ロッキング・イブのパフォーマンス中、リード・シンガーのビリー・ジョー・アームストロングは「私は田舎者の議題の一部ではない」というセリフを「私はマガの議題の一部ではない」に変更した。 この曲は元々、ジョージ・W・ブッシュ元大統領を批判する内容として2004年にリリースされた。

グリーンデイのファンは新年のイベント中に司会のライアン・シークレストとショーを共有するためにソーシャルメディアに群がった。

バンドがトランプ大統領をターゲットにしたのはこれが初めてではない。 このロックバンドは以前、2016年のアメリカン・ミュージック・アワードで元大統領を侮辱しており、8月にはトランプ大統領の非難に対し、トランプ大統領の顔写真をフィーチャーした限定商品で応じた。

バンドによるトランプへの音楽的ジャブは、2020年の選挙での敗北を覆そうとする前米大統領の努力と、彼の支持者によって煽られた1月6日の議事堂襲撃を米下院委員会が調査している中で行われた。 多くの批評家は第2期トランプ政権の可能性に旗を掲げ、第2期がさらに悪化することを示唆している。

トランプ大統領は、アドルフ・ヒトラーのレトリックに似た左翼反対派を「害虫」と呼ぶなど、扇動的な言葉を使ったことで批判にさらされている。

グリーン・デイは今月下旬に「グリーン・デイの脳への招待状」と評されるニュー・アルバムをリリースする予定だ。

READ  民主党のトーマス・スオッツィ氏がホルヘ・サントス氏の罷免に向けた活動を開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です