ケイト・ミドルトン、写真加工の恐怖で引き離されたウェールズ王女

イギリスでは母の日を祝う健全な写真だったが、キャサリン妃と子供たちの写真がウェールズ王子と王女にとって物議を醸すことになった。

AP通信、ゲッティイメージズ、ロイター通信、AFP通信の4大報道機関は、ケンジントン宮殿が写真を扱っているのではないかとの懸念から、この写真を図書館から撤去した。

AP通信は顧客に「強制終了通知」を発行し、同社サービスの利用者に「調査の結果、情報源が画像を改ざんしたようだ」と伝えた。 ロイターは、出版後の審査を経てフィルムを削除すると発表した。

英国時間日曜夕方の時点で、ケンジントン宮殿はコメントを出していない。

ウェールズ王子と王女は日曜日に写真を投稿し、フォロワーたちに幸せな母の日を祈った。 この写真はウィリアム王子が今年撮ったものだと言われています。

王室の解説者らは当初、この映画は、1月の胃の手術後に公の場から姿を消したミドルトンさんの健康状態に関する数週間にわたる憶測に対抗するものだと述べていた。

しかし、鋭い観察力を持つソーシャルメディアユーザーが写真の欠陥を発見したことで、この画像はさらなる陰謀を引き起こした。

ITVニュースの王室編集者クリス・シップ氏は、シャーロット王女の袖を含む画像の要素が改ざんされていたように見えたことを受け、ケンジントン宮殿は「深刻な疑問」を抱いていると述べた。

この問題は月曜日に英国で一面ニュースになる予定だ。

READ  レディー・ガガ、映画『ジョーカー2』のセット写真でハーレイ・クインを着用 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です