コーランはデンマークのエジプトとトルコの大使館前で焼かれた

[コペンハーゲン、7月25日 ロイター] – ここ数週間デンマークとスウェーデンでもイスラム教徒を怒らせた同様の抗議活動を受けて、火曜日、少数の反イスラム活動家グループがコペンハーゲンのエジプト大使館とトルコ大使館前でコーランに火を放った。

デンマークとスウェーデンは、イスラム教の聖典の焚刑を非難しているが、言論の自由を保護する法律の下ではそれを阻止できないと述べた。 先週、イラクの抗議活動参加者がバグダッドのスウェーデン大使館に放火した。

このグループは、火曜日にコペンハーゲンで「デンマーク愛国者」のグループによるコーランの焼き討ちを受けて、月曜日と先週、イラク大使館前でパフォーマンスを行った。 スウェーデンでは過去1カ月間に同様の事件が2件発生した。

イラク外務省は月曜日、コーラン焚き火を踏まえて「いわゆる表現とデモの自由の権利を早急に再考する」ようEU諸国当局者に呼び掛けた。

トルコは月曜日、コーランに対する「憎しみに満ちた攻撃」を強く非難し、デンマークに対し、イスラム教に対するこの「憎しみに満ちた犯罪」を阻止するために必要な措置を講じるよう求めたと発表した。

エジプト外務省は火曜日、スウェーデン当局に対し、コーランに対する冒涜を非難するよう呼び掛けた。

デンマークは放火を「挑発的で恥ずべき行為」と非難しているが、非暴力デモ参加者を止める力はないとしている。

デンマークのラース・ロッケ・ラスムセン外相は火曜日、イラクのフアド・フセイン外相と両国の二国間関係とコーランの焚刑について「建設的な電話会談」を行ったと述べた。

「DKは一部の個人によるこれらの恥ずべき行為を繰り返し非難してきた。彼はすべての抗議活動が平和的に行われるよう促した」と同氏はソーシャルネットワークX(以前はツイッターとして知られていた)に書いた。

コペンハーゲン大学の法学教授ドリン・バームバック氏はロイターに対し、デンマークの法律について説明し、「人々はデモを行うと言論の自由の恩恵を受ける」と語った。 「言葉による表現だけではありません。人は物を燃やすなど、さまざまな方法で自分を表現できます。」

(ルイス・ブルシュ・ラスムッセンによるレポート、テリエ・ソルスヴィクとニック・マクフィーによる編集)

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  作家らのストライキが続く中、WGAはAMPTPなしの契約も受け入れている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です