シクサーズのエンビード、足首の負傷で連勝30勝10敗13試合止まり

フィラデルフィア — ジョエル・エンビードは金曜日の夜、フィラデルフィア・セブンティシクサーズがトロント・ラプターズに121-111で勝利し、足首の負傷により30勝10敗の連勝記録が13試合に延期され、31得点10リバウンドで終わった。

エンビードはブロックショットでぎこちなく倒れたものの、第1クォーター残り5分25秒で31得点すべてを獲得した。

30勝10敗の連続記録は、カリーム・アブドゥル・ジャバーが1971~72年に16試合連続で記録して以来、NBA最長記録となっている。 リーグ史上、エルジン・ベイラー(1961-62年に15連続)とウィルト・チェンバレン(6回)という、少なくとも13連続得点、30得点、10リバウンドを記録した2人の選手がいる。

2018-19シーズンのジェームズ・ハーデンの32試合連続記録以来、エンビードは14試合連続で30得点以上を記録している。

今シーズンの25試合で、スタービッグマンはいくつかの印象的な数字を残した。 注記:

• 最初の25試合で850得点、250リバウンド、150アシストを記録した初の選手。

• 彼は、最初の25試合のうち20試合で30得点以上を記録した1986-87年のマイケル・ジョーダン以来初めての選手となった。

• チェンバレン、ハーデン、ヤニス・アデトクンボに続き、ショットクロック時代に少なくとも25試合で1分あたり平均1得点を記録した4人目の選手となる。

エンビードは金曜早朝に恐怖を感じた。 第1クォーターでわずか2得点を挙げた後、一時ロッカールームに下がったが、第2クォーターで復帰し、ハーフタイムまでに11得点を記録した。

「自分が攻撃的ではないことが分かった」とエンビードは語った。 「でもその後は試合を自分に任せた。無理にシュートを打たなかったし、第3Qには何本かシュートを打つことができた。」

現NBA MVPは、時折足を引きずったり顔をしかめたり、右足を優先させたりするのが目立ったが、それが後半に入っても彼の勢いを緩めることはなかった。 彼は9アシストと4ブロックを記録した。

エンビードは試合後、足首について話したくなかった。

「分かりません」と彼は言った。 「調べてみます。見てみましょう。」

フィラデルフィアのニック・ナース監督は足首の負傷であることを認めたが、それ以上のことは述べなかった。

「明らかに、彼は試合に残り、ローテーションは変わらなかった」とナースは語った。 「しかし、彼はそれを乗り越えてプレーしたので、明日には痛みがあると確信しています。飛行機に乗る前に、今後数日間様子を観察する必要があります。」 [to Miami]。」

トビアス・ハリスとタイリース・マクシーはそれぞれ33得点を記録し、3人の選手が1試合で30得点以上を記録したのはフランチャイズ史上2度目となる。 もう1つは1961年、シラキュース・ナショナルズのディック・バーネット、ハル・グリア、ドルフ・シェイズによるものである。

ハリスは前半で24得点を挙げた。 マクシーは10アシストを追加した。

「トビアスは長い間存在しています」とマクシーは語った。 「彼はプロフェッショナルであること、そして準備ができていることを知っている。今夜彼はそれをやってくれた。彼は巨大だった。我々は彼の功績を称賛する。」

このレポートでは、ESPN Stats and Information および The Associated Press からの情報が使用されました。

READ  ニュージャージー沖で商業規模の風力発電所が承認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です