シドニーで女性を狙った殺人犯「らしい」-オーストラリア警察

画像ソース、 ローハン・アンダーソン

画像のキャプション、 ジョエル・カチは射殺される前に5人の女性と男性を殺害した

シドニーのショッピングセンターでナイフを持った男が女性を狙ったとみられる。

ジョエル・カウチさん(40)は土曜日、混雑したウェストフィールド・ボンダイ・ジャンクションのキャンパスを恐怖に陥れた。

死亡者6人のうち5人は女性だった。 子供を含む数人が負傷した。

ニューサウスウェールズ州警察長官はオーストラリアABCニュースに対し、ガウチ氏が女性を重視しているのは「明らか」だと語った。

襲撃に介入しようとした警備員ファラズ・タヒルさん(30)が死亡した。 アンソニー・アルバニーズ首相は月曜日、トリプルMラジオに対し、自分はオーストラリアに「短期間」しか滞在していない難民であると語った。

「ビデオはそれ自体を物語っていますよね?」 コミッショナーのカレン・ウェッブ氏はこう語った。

「私には明らかです、刑事も知っています…犯人は女性に焦点を当て、男性を避けていました。

「犯人の心の中に何があったのかは分かりません。だからこそ、刑事が犯人を知る人々への聞き込みにもっと時間を費やすことが今重要なのです。」

アルバニーズ氏はABCニュースに対し、「男女の内訳はもちろん関係している」と語った。

当局者らはこれまで、土曜日に一人の警察官によって射殺されたガウチ氏への襲撃は「精神科関連」の襲撃だった可能性が高いと述べていた。

同容疑者はすでに警察に知られていたが、地元クイーンズランド州では逮捕も起訴もされていなかった。 クイーンズランド州警察によると、男性は長年放浪生活を送り、17歳の時に精神疾患と診断されたという。

国内最大かつ最も人気のあるショッピングセンターの一つで起きたこの襲撃事件は、大量殺人事件が稀なオーストラリアに衝撃を与えた。

画像のキャプション、 モールの外では死者に追悼の意を表して花を手向ける人々

月曜日には全米で半旗が掲げられ、シドニー・オペラハウスの帆は犠牲者に追悼の意を表することになる。

ボンダイ・ジャンクションにも追悼者が殺到し、襲撃で亡くなった人々に花やカードを手向けた。

38歳のアシュリー・グッドさんは生後9か月の女児を守ろうとして刺され、女児も負傷して急いで手術を受けた。 州当局者らによると、数時間にわたる緊急手術の後、彼の状態は大幅に改善したという。

「時には最も暗い時代に明るい光があり、それが私たちの国を窒息させます。 [for]」とライアン・パーク保健大臣は月曜日に語った。

建築家のジェイド・ヤングさん(47)とピクリア・トルキアさん(55)も殺害され、地元メディアはダン・シングルトンさん(25)の身元を明らかにした。

アルバニーズ氏は、最後の犠牲者はオーストラリアに留学中の中国人留学生チェン・イーシュアンであると認めた。

READ  米国との緊張が高まる中、中国のハイテク起業家らは「脱中国」に熱心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です