シリアで米軍がドローンの標的に-当局者

[10月19日 ロイター] – イスラエルと米国が親イラン団体の活動について厳戒態勢を維持する中、地域の緊張が高まる中、シリア駐留米軍が無人機2機を撃墜し、軽傷を負ったと米当局者らが木曜日に発表した。 – ハマス戦争。

当局者らは匿名を条件に、水曜日の攻撃はイラクとヨルダンとのシリア国境近くにあるアル・タンフ基地の米軍に対するものだと述べた。

当局は襲撃の責任者については明らかにしていない。

レバノンのイラン系アルマヤディーンテレビは木曜、シリアにある2つの米軍基地が攻撃を受けたと報じた。

アル・マヤディーンは、アル・タンフ基地に対する無人機攻撃と、デリ・アル・ゾール地方北部の田園地帯にあるコノコ基地に対するミサイル攻撃を報告した。 それ以上の情報は開示されていない。

水曜日、イラク駐留米軍が2件の別々の無人機攻撃の標的となり、米軍が武装無人機を迎撃した後、少数の兵士に軽傷を負わせた。

米国は、2014年に両国の領土を占領したイスラム国との戦いで地元軍に助言し支援するため、イラクに2500人の軍隊を、隣国のシリアにさらに900人の軍隊を派遣している。

Idrees Ali と Tala Ramadan によるレポート。 編集:ギャレス・ジョーンズとジョナサン・オーティス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  ソニックブーム:インディアナ州の住民は流星を聞く、と当局者は言う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です