シーク分離主義者殺害:米国はインドがこの事件でカナダに協力することを期待

[ワシントン/オタワ 9月22日 ロイター] – 米国は金曜日、インド政府が6月のカナダ国民殺害へのニューデリー工作員の関与を調査する取り組みでカナダと協力することを期待していると明らかにした。

ジャスティン・トルドー首相は月曜日、オタワはシーク教徒分離主義者の指導者ハーディープ・シン・ニジャール殺害にインドの工作員を結びつける信頼できる情報を入手していると述べた。

アンソニー・ブリンケン米国務長官は記者団に対し、「トルドー首相の主張を深く懸念している」と語った。 「インドにとって、この調査に関してカナダと協力することが重要だ。われわれは説明責任を果たしたいと考えている。」

ホワイトハウスは疑惑に対する懸念を表明しているが、ブリンケン氏はこれまでコメントした米政府高官の中で最も高官である。

米国を含む伝統的なカナダの同盟国は今週初め、この問題に対して慎重な姿勢をとっているようだった。 政治アナリストらは、これは米国や他の主要国がインドを中国の影響力拡大に対する対抗勢力とみているためだと述べた。

ブリンケン氏は、「我々はカナダの相手国と非常に緊密に協議しており、この問題に関して協議するだけでなく調整も行っている」と述べた。

トルドー首相は記者会見でこの疑惑について質問され、インド政府に協力を繰り返し求めた。

2023年9月18日、カナダ・オンタリオ州オタワのパーラメント・ヒルにある下院で声明を発表するカナダのジャスティン・トルドー首相。 ロイター/ブレア・ゲーブル/ファイル写真 ライセンス権を取得する

トルドー首相は「われわれはインドと建設的に協力するつもりだ。この非常に深刻な問題を進めることができるよう、インドがわれわれと協力してくれることを期待している」と述べた。

金曜日、トルドー首相はまた、カナダは少し前にニューデリーと懸念を共有していたと述べた。

トルドー首相は記者団に対し、「カナダは私が月曜日に話した信頼できる主張をインドと共有した。我々はそれを数週間前に行った」と語った。

CBCニュースが木曜、情報筋の話として別途報じたところによると、カナダ政府は、シーク教徒分離主義者の指導者の殺害に関する数カ月にわたる捜査で、人的情報と信号情報の両方を収集したという。

報告書は、情報にはカナダのインド当局者からの通信が含まれており、一部の情報はファイブ・アイズ同盟の正体不明の同盟国から提供されたと述べた。

ファイブ・アイズは、米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドが参加する情報共有ネットワークです。

しかし、トルドー首相はカナダの情報機関が収集した内容については詳細を明らかにせず、同氏の事務所もCBCの報道を肯定も否定もしなかった。

カナダ政府高官らは、情報機関への信頼がなければトルドー首相は公の場で発言しなかっただろうと述べた。

ワシントンのカニシカ・シンとオタワのスティーブ・シェラーによるレポート。 オタワでの David Lungren による追加レポート。 編集:ダニエル・ウォリスとデヴィッド・グレゴリオ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

カニシカ・シン氏は、ワシントン DC のロイター通信の主要ニュース特派員であり、現在の職務では主に米国の政治と国政を担当しています。 彼の過去のニュース速報報道は、Black Lives Matter 運動と同じくらい多様なトピックに及びます。 米国の選挙。 2021年の国会議事堂暴動とその後の捜査。 EU離脱協定。 米中貿易摩擦。 NATOのアフガニスタンからの撤退。 新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミック。 そして、彼の母国インドの宗教紛争現場に対する2019年の最高裁判所の判決。

READ  モーガン・ウォレン氏は逮捕後の自分の行動を誇りに思っていないと語った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です