ジェフリー・クラーク:トランプ司法省当局者、ジョージア州事件で2024年3月の公判期日を拒否するよう裁判官に要請



CNN

新しい裁判所への提出文書によると、元司法省職員ジェフリー・クラーク氏(ジョージア州の大規模詐欺事件でドナルド・トランプ氏とともに起訴された共同被告18人の一人)は木曜、判事に対し、フルトン郡地方検事が提案した2024年3月の公判期日を破棄するよう求めた。 。

ファニー・ウィリス地方検事が提案したこのスケジュールは、「2024年の大統領選挙前に前大統領を裁判する『賞金』を狙う弁護士の仲間入りを確保しようとする試みと解釈される可能性がある」とクラーク氏の弁護士は述べた。

クラーク氏の弁護士は、民主党に選出されたウィリス氏が公判期日と公判前手続きのいくつかの日程を事前に提案したことを非難した。

クラーク氏の弁護士ハリー・W・ブッシュ氏は、「我々が知る限り、起訴状に名指しされた19人の被告のうち、令状の交付、拘留、初出頭、罪状認否、公聴会の放棄などを行った人は一人もいない」と述べた。 マクドゥガルドは書いた。

「地方検事局は、嘆願書を提出する前に、19人の被告のいずれの相手方弁護士とも相談する努力をしなかったため、提案された日付のいずれかが被告の代理人に関与した弁護士のカレンダーに適合するかどうかは、現実的な考えではありません。 」とマクドゥガル氏は付け加えた。

ウィリス氏はこの事件の被告19人に対し、8月25日までの自首を認めた。

クラークは、ジョージア州の詐欺法に違反し、虚偽の陳述や書き込みをしようとした犯罪未遂の罪で起訴されている。 彼は不正行為を否定した。

CNNが以前報じたように、クラーク氏は投票不正の虚偽の主張を推進し、ジョー・バイデンの正当な有権者を追放することを検討するようジョージア州議会議員に促す書簡を起草したが、最終的には送付されなかった。 書簡草案は、ジョージア州の政府高官に対し、2020年の選挙における「不正行為」疑惑を評価するため、州議会を特別議会に招集するよう求めた。

クラーク氏はトランプ氏に書簡を送り、ジョージア州選挙への司法省の介入を許可できるようトランプ氏を司法長官代理にするよう働きかけたが、他の司法高官らが辞任をちらつかせたことを受け、クラーク氏を司法長官に任命しないことを決めた。

READ  「今でなければ、いつ?」: 感情的なオーストラリアの首相が先住民族の国民投票を推進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です