ジム・ハーボーの停職阻止を求めるミシガン州裁判所への申し立て

アダム・リッテンバーグとドン・マーフィー2023 年 11 月 11 日、午前 12 時 04 分(東部標準時間)5分間の読書

ウィルボンはハーボーの3試合の出場停止に唖然とした

マイケル・ウィルボンが、ビッグテンのミシガン監督ジム・ハーボーがレギュラーシーズン終了までサイドラインを禁止した理由を説明する。

ミシガン大学とフットボールコーチのジム・ハーボーの代理人弁護士は金曜夜、契約違反の訴えを起こし、州判事に対し、今週末のビッグテンからの出場禁止を阻止するよう州判事に求めた。

最初の申し立てとともに、ミシガン州とハーボー州は緊急の一時的差し止め命令を求める補足動議を提出した。 彼らはハーボーを3位の座から締め出すよう主張した 土曜日のペンシルベニア州立大学とのトップ10試合は、ウルヴァリンズのコーチ、選手、大学に取り返しのつかない損害を与えることになるだろう。

それぞれ20ページを超えるこの2つの文書は、フットボールプログラムがリーグのスポーツマンシップポリシーに違反しているとして、ビッグテンのコミッショナーであるトニー・ペティット氏がミシガン大学のレギュラーシーズン最後の3試合でハーパの出場停止処分を会議で発表した数時間後に提出された。

ミシガン州の弁護士は、ビッグテンは独自の規則に定められた適正手続きによる保護をハーボーにも学校にも提供していないと書いた。 全国優勝を目指して戦えるシーズンを中断することは「数十人の学生アスリートから一生に一度の機会を奪う危険があり、大学とハーボーの評判を取り返しのつかないほど傷つける」と彼らは述べた。

「この銃撃は先に行い、後で質問するという制裁へのアプローチは、基本的な公平性に対する目に余る違反である」と彼らは書いた。

関係者によると、ウォシュテノー郡裁判所のキャロル・クエンケ判事が差し止め命令について判決を下す予定だという。 一時的接近禁止命令を認めるためには、クンケ氏はハーボー市とミシガン州市がビッグテンが独自の規則に違反していることを証明する合理的な機会があり、裁判所からの即時返答がなければ双方が「取り返しのつかない損害」を被ることになると判断する必要がある。

土曜午後のキックオフ前に裁判官が差し止め命令を認めた場合、双方は今後14日以内のどこかの時点で差し止め審理で自分たちの主張を弁論する機会が与えられることになる。 ミシガン大学は土曜日に14日間のレギュラーシーズンを終了する。

ペティット氏は、ハーボー選手の出場停止処分というカンファレンスの決定を説明する書簡の中で、ミシガン大学職員――おそらく先週チームを辞任したコナー・スタリオンズ氏――がプレー盗みの計画を首謀したことを証明する十分な証拠をNCAAから受け取ったと述べた。 複数の人にお金を払う余裕がない人は、将来の敵を招待して偵察旅行に行くことができます。

ミシガン州の弁護士は、ペティットの行為はリーグと加盟店との間の合意に違反していると主張し、スポーツマンシップの方針に基づいてハーボーを処罰する計画はNCAAの公開調査の結果を待っていないと述べた。

ビッグ・テンの規定では、スポーツマンシップの方針は「攻撃的な活動に関与したと判明した」個人、またはその個人に責任のある団体を処罰するためにのみ使用できると規定されている。 ペティット氏は金曜日、ハーボー氏を特に罰するわけではなく、フィールドから外すことで組織のヘッドコーチを処罰すると述べた。 ミシガン州の弁護士は、ハーボー氏には法人としての資格がないため、個人として辞任することは許されるべきではないと主張した。

「被告会議の行為は詐欺的、違法、非倫理的、不公平かつ個人的虐待であり、原告ハーボーとの関係や期待を終了させたり妨害したりするという不当な目的を持った悪意のあるものであった」と彼らは書いている。

検察側は、本件は学校とコーチに対する風評被害の可能性があるため、取り返しのつかない損害の基準を満たしていると主張し、「大学に対する重大な損害の全範囲を定量化することは不可能である。大学が損害を被ったことは疑いの余地がない」と述べた。 、その学生、そしてコミュニティは大きな被害を受けるでしょう。

ハーボー氏については、「不正行為スキャンダルにより永久に『活動休止』の刻印が押されているため、これ以上彼の人格と評判に劇的な打撃を与えることはできない」と続けた。

彼らは裁判官に対し、適切な制裁を課す前にNCAAの調査が完了するのを待っていれば、ビッグ10自体には何の害も及ぼさないだろうと提案した。 「特に最近の報道を考慮すると、疑惑の行為が以前に認識されていたよりも広範囲に及んでいることが示唆される。」

ペティット氏は金曜日の書簡の中で、今シーズン初めにミシガン大学がスポーツ政策に違反していることが判明したため、今シーズンの競争力を回復するには何らかの措置が必要だと感じていると述べた。

ハーボーは金曜午後にペンシルベニア州立大学に飛び、金曜の夜にはチームに加わった。 クンケ氏は金曜日の夜から土曜日正午のキックオフまでの間であればいつでも裁定を下すことができる。

ハーボー氏の接近禁止命令が認められなかった場合、チームのランニングバックコーチのマイク・ハートがハッピーバレーのヘッドコーチの後任となる可能性があると関係者が金曜日にESPNに語った。 ハート氏は以前、9月初旬のUNLV戦勝利の後半戦でヘッドコーチ代行を務めていたが、ハーボー氏は採用違反に関するNCAAの別の調査により学校から停学処分となっていた。

READ  スペースXは日曜日の夜にKSCでファルコンヘビーX-37Bスペースプレーンを打ち上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です