ジョン・スチュワートが月曜日の「ザ・デイリー・ショー」の司会に復帰

ジョン・スチュワートは2024年の選挙戦期間中の月曜の夜に「ザ・デイリー・ショー」のセットに戻り、同局が水曜日に発表した。これにより、コメディアンは彼が常連となったテレビ番組に戻ってくることになる。

2022年にトレバー・ノアが降板して以来、『デイリー・ショー』には常設アンカーが不在となっている。 1999年以来番組の司会を務めながら2015年に降板したスチュワートの最初のエピソードは、コメディ・セントラルとパラマウント+で2月12日に放送される。 翌日。

スチュワートは「ザ・デイリー・ショー」の全エピソードをプロデュースする。 火曜日から木曜日のエピソードは、番組のニュースチームの交代ラインナップによってアンカーされます。

ショータイム/MTVエンターテインメント・スタジオの最高経営責任者クリス・マッカーシー氏は声明で、スチュワートは世代の代弁者であると述べた。

マッカーシー氏は「この国を揺るがす狂気と分断を私たち皆が理解するのに役立つよう、彼女をコメディ・セントラルの『デイリー・ショー』に戻ってもらうことができて光栄だ」と語った。 さらに、「偽善とパフォーマンス政治に満ちた世界において、ジョンは空虚なレトリックを突き破り、その素晴らしい機知で待望の明快さを提供するのに適した人物だ」と付け加えた。

スチュワートは昨年、アップルの番組「ジョン・スチュワートの問題」を20話で終了した。 彼は「ザ・デイリー・ショー」への復帰を認めた。 ソーシャルメディアの投稿で そのニュースが発表された直後。 「将来にワクワク!」 彼は大学フットボールの試合について冗談を言いながら言った。

ノアの最後の番組以来、コメディ・セントラルはその穴を埋めるためにゲスト司会者を起用してきた。 ノアの台頭を導き、多くの深夜番組スターのキャリアを後押ししたスチュワートは、番組の次の章の形成に貢献すると期待されている。

今月、「ザ・デイリー・ショー・ウィズ・トレバー・ノア」がエミー賞最優秀バラエティ・トークシリーズ賞を受賞したことを受け、元記者のロイ・ウッド氏はステージから「司会者を雇ってください」と発言した。

スチュワートは、ニュースメディアに対する信頼を失うアメリカ人が増えている中、去ったときとはまったく異なる環境でコメディ・セントラルに戻ることになる。 スタジオ幹部らは、最も視聴されているエピソードである月曜日に彼を出演させることで、週末に起こったすべての出来事を視聴者に知らせたいと考えている。

READ  ココ・ゴフ対アリーナ・サバレンカ:アメリカ人が母国で栄光を追う全米オープン女子決勝の観戦方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です