ジル・バイデン:ホワイトハウスは、大統領夫人が新型コロナウイルス感染症と診断されたと発表した



CNN

ホワイトハウスは月曜日、ジル・バイデン大統領夫人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。

「今夜、大統領夫人は新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応を示しました。 現在は軽い症状しか出ていないという。 大統領夫人の広報担当エリザベス・アレクサンダー氏は声明で、「彼はデラウェア州レホボスビーチにある自宅に滞在することになる」と述べた。

ホワイトハウスによると、ジョー・バイデン大統領(80)は検査の結果陰性だった。

現時点でホワイトハウスの新型コロナウイルス対応手順や大統領のスケジュールに変更はない、と政権当局者が月曜CNNに語った。

72歳のファーストレディのこの診断は、その日の初めにフィラデルフィアで労働者の日の演説を行ったジョー・バイデンにとって多忙な週の最中に発表された。 大統領は木曜日にインドで開催されるG20サミットに向けて出発する前に、火曜日のホワイトハウスの式典で陸軍大尉に勲章を授与する予定だ。

CNNは、大統領と大統領夫人の定期的な新型コロナウイルス検査の頻度と、ジョー・バイデンが新型コロナウイルスの症状を示し始めたときに妻と一緒にいたかどうかについての詳細を求めた。

昨年の夏、大統領夫人は8月にサウスカロライナ州で休暇を過ごした後、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した。 ジョー・バイデン大統領は昨年7月に検査で陽性反応を示した。 二人ともパクスロビッドによる治療後すぐに再発を経験しました。

ホワイトハウス報道官のカリーヌ・ジャンピエール氏は7月、ホワイトハウスブリーフィングルームで記者団に対し、イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領の代表団メンバーが二国間会談に先立って陽性反応を示したことを受け、大統領と面会する人は依然として新型コロナウイルス検査を受けていると語った。 。

「私たちはいつでも、つまり誰かが大統領に会うときはいつでも、検査手順を定めている」とジャンピエール氏は当時語った。 「だから言えるのは、大統領と面会する人は誰でも本当に検査されるということだ。私は検査する。私たちはあらゆることを行う。」

ジル・バイデン氏の診断は、新型コロナウイルス感染症が発生して以来、世界が4回目のウイルスシーズンを迎える中、新型コロナウイルス感染症への注目が新たに高まっている中で発表された。

米国疾病管理予防センターは、過去の夏ほどではないものの、初夏の入院、救急外来受診、新型コロナウイルス検査陽性率がわずかに増加したことを示した。

CDCによると、8月19日までの週に全国で全体的には人口10万人当たり4人の新規入院があり、これは少ないと考えられるという。 しきい値。 新型コロナウイルス感染症対応病院の数が最も多かったのは7つの地区だった。 しかし、全国の 3.6% に相当する 117 の地区が中間水準にありました。 それらの郡のうち4分の1はフロリダ州にあった。

新しい亜種 BA.2.86 は、その変異が激しいため科学者の注目を集めていますが、これまでのところ、世界中で少数の人にしか検出されていません。 それでも、「ウイルスの容赦ない進化という点では、良い状況とは言えない」とスクリップス研究所トランスレーショナル研究所の心臓専門医エリック・トポル博士は言う。 ウイルスは「人間に挑戦し、新たな宿主を見つけ、また新たな宿主を見つける新たな方法を見つけ続けており、容赦がない。」

このストーリーは追加情報を追加して更新されました。

READ  フアン・ソトが7選手契約でパドレスからヤンキースへ移籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です