スナク氏、ルワンダ亡命プログラムを巡り英国議会との対決に直面

  • 議会はグリニッジ標準時19:00に投票予定
  • スナクのパーティーは緊急事態により分裂した
  • 反政府勢力はルワンダプロジェクトに対する法的控訴を阻止したいと考えている

[ロンドン12日ロイター] – 英国のリシ・スナック首相は火曜日、英国に不法入国した亡命希望者をルワンダに送るという同首相の目玉の移民政策を採決する中、首相としての最大の議会の試練に直面している。

英国最高裁判所が先月、ルワンダは英国南海岸沖に小型ボートで到着する人々を送るには危険な場所であるとの判決を下し、英国法と国際法に違反すると結論づけたことを受け、スナク氏は主力プロジェクトを復活させようとしている。

その後、ルワンダとの新たな条約に合意し、国内外の人権法違反である強制送還を終わらせるための緊急立法を導入した。

しかし、この動きは英国が人権義務に違反していると懸念する穏健派と人権が十分に進んでいないと主張する穏健派の両方を引き離し、党内を大きく分裂させた。 火曜日の投票で敗北すれば、同氏の立場が危険にさらされる可能性がある。

右派保守党議員のサイモン・クラーク氏はBBCラジオで、「ここでの最善の解決策は、今日の法案を一時停止し、新たな法案を提出することだと信じている」と語った。

13年間政権を維持し、来年の総選挙を前に野党・労働党に20ポイントの差をつけられてきたスナク氏の保守党は、多くの点で分裂し、規律を失っている。

極右の議員らは、この法案に反対票を投じるか、否決するかを表明しており、亡命希望者が国外退去を申し立てるいかなる法的手段も持たないようにすることを望んでいる。

不法移民政策を担当する次官マイケル・トムリンソン氏はBBCラジオに対し、「第二次世界大戦中であっても、我々は法廷に提出された請求を打ち切らなかった」と語った。

世界中の政府は移民レベルの上昇に取り組んでおり、一部の政府は英国の計画がうまくいくかどうか注意深く監視している。 エマニュエル・マクロン大統領に打撃を与える形で、フランスの議員らは昨夜、移民法案を否決した。

重要な投票

英国議会は火曜日夜に緊急事態法案に関する初の採決を行う予定で、わずか30人の保守系議員が野党に賛成票を投じるだけで政府を打倒できる。

敗北はスナクにとって大きな当惑となるだろう。1986年以来、この初期段階で議会プロセスを経て投票された政府はない。

たとえ可決されたとしても、スナク氏は後の段階での修正や非選挙の上院、貴族院での反対によって同法案を強化しようとする試みに直面している。

英国の気候変動大臣がドバイでのCOP28サミットからロンドンに呼び戻されたことは、国民投票に対する政府の懸念のようなものである。

中道派の議員らが法が強化されない限り法案を支持すると表明したことを受け、スナク氏は火曜日、一部の右派保守議員らを朝食会に招いた。

スナク氏の広報担当者は記者団に対し、「同業者からの建設的なコメントを聞く用意がある。(中略)これは難しい法案であり、その目的とボート愛好者の目的は達成されると我々は信じている」と語った。

欧州連合(EU)離脱の投票で政治が二極化し、度重なる優柔不断につながって以来、チョン氏は英国の保守党首相としてはこの7年間で5人目となる。

この戦いは、2017年から19年にかけて英国のEU離脱を巡る議会衝突を彷彿とさせるもので、当時のテリーザ・メイ首相は多数の保守党政治家の反乱を受けて度重なる敗北を喫し、最終的に離脱に至った。

EU離脱によりEU国民の自由移動の権利が剥奪された後も、保守党は繰り返し移民削減目標を達成できず、昨年の合法純移民は74万5000人に達した。

今年は約2万9000人の亡命希望者がボートで到着したが、小型ゴムボートが英仏海峡を渡っていることは、EU離脱運動家の重要な公約である英国国境管理に政府が失敗していることの最も目に見える兆候だ。

投票の数時間前、難民慈善団体は、申請の決定を待つ移民たちが収容されている南海岸沖のボートで亡命希望者が死亡したと報告した。

野党労働党のキア・スターマー党首は、政権に就いたら政策を転換すると約束した。

同氏は「今夜可決されることは間違いない。多くの叫びや叫び声が上がっているが、最終的には可決されるだろう」と述べたが、スナク氏が負ければ選挙を実施する必要があるとも付け加えた。

英国はこれまでにルワンダに2億4000万ポンド(3億ドル)を支払っているが、まだルワンダに派遣された人はいない。 たとえ計画が放棄されたとしても、ルワンダがイギリスから一度に受け入れることができるのは数百人の移民だけだった。

(1 ドル = 0.7971 ポンド)

執筆はケイト・ホルトン、アンドリュー・マカスキル、マイケル・ホールデン、追加レポートはカイリー・マクレラン。 編集:ロサルバ・オブライエン、クリスティーナ・フィンチャー、ピーター・グラフ、シャロン・シングルトン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

サラは英国企業に焦点を当てた英国の最新ニュースをレポートします。 彼は英国支局に 12 年間勤務し、航空会社からエネルギー、王族、政治、スポーツに至るまであらゆる分野を担当していました。 彼女は熱心なオープンウォータースイマーです。

READ  ヒート vs ナゲッツ、観戦方法、オッズ、ストリーミング配信場所など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です